【パワーポイント】スライドのサイズを変更する!縦横、A4など

2021/9/8

もりの

スライドの縦横の比率って、変えられないの?

うみの

変更できるし、A4サイズなんて指定もできるんだぜ。

今回のポイント
  • スライドのサイズはパソコンなら16:9、iPadなら4:3
  • サイズ変更は「デザインタブ」→「スライドのサイズ」
  • 用紙サイズに変更なら「デザインタブ」→「スライドのサイズ」→「ユーザー設定のスライドのサイズ」
  • 最大化はスライドからはみ出ることがある、サイズに合わせて調整はスライドに収まる

スポンサーリンク

【パワーポイント】スライドのサイズを変更する

PowerPointのスライドのサイズは、もちろん変更できます。
今回は、サイズの比率を変える方法と、A3やA4といったサイズを指定する方法をご紹介します!

うみの

ちなみに途中でサイズを変えると、今までのデザインが崩れることがあるから、サイズ変更は一番最初にやるといいぜ。

今回は既定のサイズ16:9のスライドを、サイズ変更してみます。

スライドのサイズの比率を変更する

4:3の画面と16:9の画面
4:3の画面と16:9の画面

パソコンの画面には、16:9のアスペクト比と4:3のアスペクト比がありますよね。

もりの

アスペクト比?

うみの

分かりやすくに言うと、16:9は地上デジタル、4:3はアナログ放送の大きさだぜ。

もりの

あ、アナログ放送……?

うみの

時代だぜ。

最近では4:3のモニターは少なくなりましたが、iPadなどではこのサイズが採用されています。
パワポのスライドのサイズも、この4:3(標準)と16:9(ワイド画面)から選べます。

パソコンのディスプレイに映すなら16:9、iPadなら4:3と、使い分けると良さそうです!

ちなみにデフォルトでは、16:9のサイズになっています(バージョン2010以前は4:3がデフォルト)。

ステップ1

「デザインタブ」→ユーザー設定のところにある「スライドのサイズ」をクリックしてください。

スライドのサイズの場所
スライドのサイズの場所

ステップ2

スライドのサイズのメニューが出てくるので、変更したい画面比をクリックすれば、完了です!

ためしに標準(4:3)を選んでみます。

画面サイズを選ぶ
画面サイズを選ぶ
うみの

すでに編集したスライドのサイズを変えるときは、「最大化」か「サイズに合わせて調整」を選ぶぜ。

コンテンツサイズの拡大縮小
コンテンツサイズの拡大縮小

2つの違いはこちらから。

完成!

無事、4:3の大きさのスライドに変更できました!

4:3のスライド
4:3のスライドに変更してみた

スライドのサイズを用紙サイズに変更する

用紙サイズのしめーじ

A3やA4といった用紙サイズにも変更できます。
印刷用に作るときなどは、この方法でサイズを指定してあげましょう。

ステップ1

「デザインタブ」→ユーザー設定のところにある「スライドのサイズ」をクリックしてください。

スライドのサイズの場所
スライドのサイズの場所

ステップ2

出てきたメニューから、「ユーザー設定のスライドのサイズ」をクリックします。

ユーザー設定のスライドのサイズの場所
ユーザー設定のスライドのサイズの場所

ステップ3

「スライドのサイズダイアログボックス」が出てきました。

ここからでも、幅や高さをcm単位で調節できるみたいですね。

スライドのサイズダイアログボックス
スライドのサイズダイアログボックス

スライドのサイズをA4などの用紙サイズに合わせるには「スライドのサイズ指定」の下のボックスをクリックします。

スライドのサイズ指定の場所
スライドのサイズ指定の場所

ステップ4

するとスライドサイズの一覧が出てくるので、変更したいサイズをクリックしてください。

今回はA4サイズを選んでみます。

スライドサイズの一覧
スライドサイズの一覧

ステップ5

サイズを指定したら、「OK」をクリックしてください。

用紙サイズを選んだら、OKをクリック
用紙サイズを選んだら、OKをクリック

すると今度は、コンテンツサイズの拡大縮小に関するダイアログボックスが出てきました。

コンテンツサイズの拡大縮小
コンテンツサイズの拡大縮小
最大化とサイズに合わせて調整

最大化とサイズに合わせて調整、どちらかを選ばないといけないようですね。

もりの

つまり、どういうことなの?

うみの

スライドのサイズに合わせて、今まで書いてきたスライドの大きさも変えるって言われてんだよ。

最大化コンテンツを大きく表示することだけを考えた設定
大きくするのが目的なので、はみ出てもお構いなし
サイズに合わせて調整変更したサイズに合わせて、コンテンツが収まるように調整する設定
基本はこっちがいいかも

たとえばこのスライドをそれぞれの拡大縮小で試してみると……

このスライドをA4サイズに変更してみる
このスライドをA4サイズに変更してみる

最大化

最大化にすると、縦が幅ギリギリまで最大化されました。

コンテンツの大きさは保たれていますが、収まり切れずタイトルが途中で切れたり、もりのがスライドからはみ出てしまいました。

収まり切れずはみ出す文字とくま
収まり切れずはみ出す文字とくま

サイズに合わせて調整

サイズに合わせて調整を選ぶと、コンテンツは小さくなりましたが、きれいにスライド内に収まってくれました。

おとなしくスライドに収まるくまとかに
おとなしくスライドに収まる、くまとかに

作りこんだ後に「やっぱり4:3で作って!」なんて言われたときは、サイズに合わせて調整をしてみると、修正の手間が少なく済むかもしれません。

うみの

ケースバイケースだけどな。

ステップ6

サイズはお好きな方をクリックすればOKです。

今回は「サイズに合わせて調整」を選んでみます。

最大化かサイズに合わせて調整
好きな方をクリック

完成!

無事、スライドのサイズをA4に変更できました!

A4サイズに変更できた
A4サイズに変更できた

4:3のサイズを大きくする場合

今回は16:9のスライドを小さいサイズへ変更しましたが、4:3のスライドを大きいサイズにすると、どうなるでしょうか?

4:3のスライドを16:9に変更する画像
4:3から16:9にしてみる

すると、そのまま横に伸びただけでした。

大きいサイズへ変更する場合は、「最大化」か「サイズに合わせて調整」を選ぶ必要もないみたいです。

4:3を16:9にサイズ変更した画像
4:3を16:9にサイズ変更した

これで、どんな大きさのスライドでもばっちりですね!
それでは、お疲れさまでした!

今回のおさらい
  • スライドのサイズはパソコンなら16:9、iPadなら4:3
  • サイズ変更は「デザインタブ」→「スライドのサイズ」
  • 用紙サイズに変更なら「デザインタブ」→「スライドのサイズ」→「ユーザー設定のスライドのサイズ」
  • 最大化はスライドからはみ出ることがある、サイズに合わせて調整はスライドに収まる