【Excel・エクセル】拡大・縮小して印刷!用紙に合わせて設定するには

もりの

表を印刷したいけど、小さいなぁ。

やまの

印刷するとき、拡大縮小の設定をすればいいんよ。

今回のポイント
  • 拡大印刷は「ページレイアウトタブ」→「拡大/縮小」
  • 用紙に合わせて縮小印刷は「ページレイアウトタブ」→「横・縦」→「1ページ」

スポンサーリンク

【Excel・エクセル】拡大印刷の設定

小さい表などを印刷するとき、用紙サイズに対して小さくこじんまりと印刷されてしまいますよね。

これじゃ見づらいし、カッコ悪い……

表が小さくて見づらい印刷プレビュー
表が小さくて見づらい

これを印刷するときに拡大すれば、見やすいし、それっぽい感じに!

さっそく、やり方を見てみましょう。

用紙いっぱいに拡大した画像
用紙いっぱいに拡大してみた

ステップ1

拡大印刷の設定は「ページレイアウトタブ」→拡大縮小印刷のところにある「拡大/縮小」の数値を上げればOKです。

拡大縮小の場所
拡大縮小の場所

今回は330%に設定してみました。

やまの

数値を上げれば拡大、下げれば縮小になるね。

ステップ2

では印刷プレビューで、どれくらい拡大されたか確認してみましょう。

印刷プレビューはショートカットキー「Ctrl + P」が便利ですよ。

やまの

「ファイルタブ」→「印刷」からでも行けるよ。

拡大印刷設定ができた画像
いい感じの大きさに拡大された!

うん、用紙サイズに合わせていい感じに拡大印刷できましたね!

もりの

拡大の数値の調整が難しいなぁ。いちいち調整して印刷プレビューに行ってって、繰り返さないといけないの?

やまの

印刷プレビュー画面からも、拡大印刷設定できるよ。

ステップ3

印刷プレビュー画面から拡大縮小設定する場合は、設定の下の方にある「拡大縮小の設定」をクリックします。

拡大縮小の設定の場所
拡大縮小の設定の場所

ステップ4

出てきたメニューから「拡大縮小オプション」をクリックしてください。

拡大縮小オプションの場所
拡大縮小オプションの場所

ステップ5

ページ設定ダイアログボックスが出てきました。

真ん中あたりの「拡大/縮小」からも、拡大縮小の倍率を変更できます。

設定できたら「OK」をクリック、印刷プレビュー画面に戻って確認できますよ。

ページ設定ダイアログボックスの拡大印刷設定
ここからでも拡大印刷設定できる
やまの

用紙の中央に表を配置したいときは、下のページを参考にしてね。

【Excel・エクセル】用紙に合わせて縮小して印刷する

大きい表を印刷しようとすると、どうしても複数ページにまたがってしまいますよね。

複数ページにまたがって印刷された表
複数ページにまたがって、分かりずらい
やまの

コレを、1ページの大きさに自動で縮小できるんよ。

ステップ1

「ページレイアウトタブ」→拡大縮小印刷のところにある横方向を1ページに収めたいなら「横」、縦方向を1ページに収めたいなら「縦」の右のボックスをクリックします。

表を1ページに収めたいなら、どちらも次の設定をしてください。

横、縦の場所
横、縦の場所

ステップ2

出てきたメニューから「1ページ」を選びます。

横、または縦を1ページに収めますってことですね。

1ページを選択した画像
1ページを選択

完了!

「Ctrl + P」で印刷プレビューを見てみると、無事1ページに収まるように、自動で縮小されていますね!

用紙に合わせて縮小された画像
1ページに収まった!
もりの

改ページプレビューでも、1ページに収められそうだね!

これで、用紙を無駄にせず、見やすい資料が印刷できますね!
それでは、お疲れさまでした!

今回のおさらい
  • 拡大印刷は「ページレイアウトタブ」→「拡大/縮小」
  • 用紙に合わせて縮小印刷は「ページレイアウトタブ」→「横・縦」→「1ページ」