【パワーポイント】ワードからスライドを作る!変換・貼り付けはできる?

もりの

ワードで作った文書を、スライドにできないかな?

うみの

パワポならワードのアウトラインをスライドにできるぜ。

今回のポイント

  • ワードの見出しからスライドを作るには「ホームタブ」→「新しいスライド(文字)」→「アウトラインからスライド」
  • ワードをオブジェクトとして貼り付けるには「挿入タブ」→「オブジェクト」→「ファイルから」

スポンサーリンク

 ワードからスライドを作成の練習ファイルダウンロード

もりの

一緒にやってみませんか?

【パワーポイント】ワード文書をスライドに変換する

パワーポイントでは、ワードで設定された見出し1をタイトル、見出し2を箇条書きとして、スライドを作成できます。

もりの

先にWordで見出しを設定しておくといいんだね。

そらの

見出しについては、下記ページをご参照ください。

うみの

今回はすでに見出しを設定したってことで、話を進めるぜ。

そのほか、ワード文書をオブジェクトとして貼り付けることもできます。
さっそく、やり方を見てみましょう。

ワードのアウトラインからスライドを作る

今回は、見出しを設定したこのワード文書から、スライドを作ってみたいと思います。

アウトラインを設定したワード文書
見出しを設定したワード文書

ステップ1

挿入したいスライドを選択して、「ホームタブ」→スライドのところにある「新しいスライド(アイコンではなく文字の方)」をクリックしてください。

新しいスライドの場所
新しいスライドの場所

ステップ2

出てきたメニューから、下の方にある「アウトラインからスライド」をクリックしてください。

アウトラインからスライドの場所
アウトラインからスライドの場所

ステップ3

貼り付けたいワード文書を探して、「挿入」をクリックしてください。

インポートしたい文書を挿入
インポートしたい文書を挿入する

完成!

無事、ワード文書の見出しからスライドが作成できました!
見出し1がタイトル、見出し2が箇条書きになっていますね。

アウトライン(見出し)をスライドにできた!
アウトライン(見出し)をスライドにできた!

ちなみにこの方法では、画像や図形、表なんかは貼り付けできません。

ワード文書をオブジェクトとして貼り付ける

もう一つ、ワード文書をオブジェクトとして貼り付ける方法もご紹介します。

もりの

オブジェクトとして貼り付けるって、よく分かんないなぁ。

簡単に言うと下図のように、ワードを画像のように扱えるのです。

オブジェクトとして貼り付けたWord文書
オブジェクトとして貼り付けたWord文書
ワードのファイルを貼り付けた画像
ワード文書そのものを貼り付けることもできるぞ!
うみの

まぁ、とりあえずやってみようぜ。

オブジェクトとして貼り付ける

ステップ1

挿入したいスライドをクリックして「挿入タブ」→テキストのところにある「オブジェクト」をクリックしてください。

オブジェクトの場所
オブジェクトの場所

ステップ2

オブジェク挿入ダイアログボックスが出てきました。

左側から「ファイルから」を選んで、「参照」をクリックしてください。

オブジェクトの挿入ダイアログボックス
ファイルからを選んで、参照をクリック

ステップ3

どのワード文書を挿入したいか聞かれるので、ファイルの場所を探して「OK」をクリックします。

参照ダイアログボックス
ワードの場所を探すんだ!

ステップ4

オブジェク挿入ダイアログボックスに戻るので、「OK」をクリックします。

オブジェク挿入ダイアログボックス
ファイルが合ってるか確認して、OKをクリック

完成!

無事、ワード文書をスライドに貼り付けられました!

Wordオブジェクトを挿入したスライド
ワードの文書がスライドに貼り付けられた!

このワードはドラッグで移動させたり、バウンディングボックスから拡大縮小なんかも自在にできます。

ファイルとして貼り付ける

ワードのファイルを貼り付けた画像
ワード文書そのものを貼り付けることもできるぞ!

Wordファイルとして貼り付けて、ダブルクリックでそのWord文書を開くような貼り付けの仕方もできます。

ステップ1

挿入したいスライドをクリックして「挿入タブ」→テキストのところにある「オブジェクト」をクリックしてください。

オブジェクトの場所
オブジェクトの場所

ステップ2

オブジェク挿入ダイアログボックスが出てきました。

左側から「ファイルから」を選んで、「参照」をクリックしてください。

オブジェクトの挿入ダイアログボックス
ファイルからを選んで、参照をクリック

ステップ3

どのワード文書を挿入したいか聞かれるので、ファイルの場所を探して「OK」をクリックします。

参照ダイアログボックス
ワードの場所を探すんだ!

ステップ4

オブジェク挿入ダイアログボックスに戻るので、「アイコンで表示」をクリックしてチェックを入れてから、「OK」をクリックします。

オブジェク挿入ダイアログボックス
アイコンで表示にチェックを入れる

完成!

無事、文書ファイルのアイコンが挿入されました!
アイコンをダブルクリックすれば、挿入したワードがそのまま開きます。

ワード文書ファイルを挿入したスライド
ダブルクリックしたらワードが開くぞ!

ワードをスライドに変換したり、ワードをそのまま貼り付けできると、時間の節約にもなりますね!
それでは、お疲れさまでした!

今回のおさらい

  • ワードの見出しからスライドを作るには「ホームタブ」→「新しいスライド(文字)」→「アウトラインからスライド」
  • ワードをオブジェクトとして貼り付けるには「挿入タブ」→「オブジェクト」→「ファイルから」