【Word・ワード】赤い波線や青い二重線を消すには?

もりの

文字を入力してたら、赤い波線や青い二重線が出てきたよ?

そらの

それは入力ミスを、Wordさんが教えてくれているんです。

今回のポイント
  • 赤い波線は入力ミスの可能性あり
  • 青い二重線は表記ゆれや文法の誤りの可能性あり
  • 右クリックから、修正するか無視するか選べる
  • Wordのオプション→「文章校正」→「入力時にスペルチェックを行う」で赤い波線を消す
  • Wordのオプション→「文章校正」→「自動文章校正」で青い二重線を消す

スポンサーリンク

【Word・ワード】赤い波線や青い二重線の意味とは?

文章を書いていたら、たまに文字の下に赤い波線や、青い二重線が引かれることってありませんか?

「ナニコレ?消したい!」と思うかもしれませんが、これ、「入力ミスかもしれないよ!」とWordさんが教えてくれてるのです。

そらの

Word2016以前は青い二重線ではなく、青い波線が引かれます。

強制的に赤い波線や青い二重線を非表示にもできますが、正しい文字列に修正すれば消えるので、まずは何が間違っているか確認することをオススメします!

そらの

ちなみに、これらの線は印刷はされません。

赤い線の意味

赤い波線はスペルミスなど、入力ミスかもしれない、という意味です。
以下のような場合に引かれます。

意味
スペルミス
意味不明な日本語
入力ミス?

青い二重線の意味

青い二重線は、文法の誤りや表記の揺らぎをがある、という意味です。
以下のような場合に引かれます。

意味
表記の揺らぎ
文法の誤り

【Word・ワード】赤い波線や青い二重線を消すには

何か気になって仕方がない、赤い波線や青い二重線を消す方法を見ていきましょう。
入力ミスを修正して消す方法と、ミスなど関係なく線を表示させない方法があります。

入力ミスを修正して、線を消す方法

赤い波線を修正して消す

ステップ1

まず、赤い波線が引かれた箇所で右クリックします。

「入力ミス?」と疑われていますね。

入力ミスと思われているようだ

ステップ2

入力ミスだった場合、文字列を修正しましょう。

コレが正しいんじゃ!という場合は「無視する」、こういう言葉もあるんだよと単語を追加する場合は「辞書に追加」をクリックします。

ミスの場合は修正しましょう!

スペルミスの赤い波線を右クリックした場合、正しいスペルの候補が出てきます。

クリックすれば、そのスペルに修正されます。

こりゃ便利。

候補が出てくる、便利ー

修正する

正しい日本語に修正してあげると、赤い波線が消えました!

日本語って難しい

無視

「無視」をクリックすると、文字はそのままに赤い波線だけ消えました。

赤い波線が消えた画像

辞書に追加

「辞書に追加」をクリックすると、単語の登録ダイアログボックスが出てきました。

こういう単語があるんだよと教えるために、この単語を登録できます。

単語の登録画面が出てきた
はらの

単語登録はこっちで解説してるの。

青い二重線を消す

ステップ1

線が引かれた箇所で、右クリックしてください。

すると、メニューの一番上で、入力ミスに対してどうするか選べます。

とりあえず右クリック

ステップ2

入力ミスを修正するなら、「上の項目」をクリックします。
今回は「ら」抜き言葉だったので、入力ミスと判断されたようです。

「ら」抜き言葉?大いに結構!意図してそう入力した場合は、その下の「無視」をクリックします。

修正するか無視するか選べる

表記の揺らぎの場合、上から

  • もう片方に合わせる
  • このままにしておく
  • 線を無視する

を選べます。

修正する

修正する場合、上の項目「ら抜き 見られますか」をクリックします。

すると、自動で「見られますか」に変わり、青い二重線がなくなりました!

ら抜き言葉が修正された

無視

無視するをクリックすると、文字はそのままに、青い二重線だけが消えました。

文字はそのまま、線だけ消えた

一度に入力ミスを確認する

もりの

一つ一つ右クリックして見ていくの?面倒~

そらの

スペルチェックと文章校正で、一気に確認できますよ。

ステップ1

「校閲タブ」→文章校正のところにある「スペルチェックと文章校正」をクリックしてください。

スペルチェックと文章校正の場所

完了!

すると、画面の右側に文章校正なるものが現れました。

右クリックしたときと同じように、修正すると、次の線が引かれた箇所に移ります。
ここから次々と修正していけます。

次々と文章校正していけるぜ

表記ゆれの場合

青い二重線が引かれた表記ゆれの場合、「校閲タブ」→言語のところにある「表記ゆれチェック」をクリックしてみてください。

表記ゆれチェックの場所

表記ゆれチェックダイアログボックスから、文書内の表記ゆれを一括でどちらかに合わせられます。

表記ゆれを一気に解決!

入力ミスを修正して、線を消す方法

もりの

あえてそういう書き方をしてるのに、いちいち一つ一つ消すのは面倒!

そらの

そんな時は、赤い波線などを非表示に設定しましょう。

さっそく消し方を見てみましょう。

ステップ1

まず、「ファイルタブ」をクリックしてください。

ファイルタブの場所

ステップ2

画面が変わるので、左側の青い帯の一番下にある「オプション」をクリックします。

※「その他」の中にある場合もあります。

オプションの場所

Wordのオプションダイアログボックスが出てきます。

ステップ3

左側のメニューから「文章校正」をクリックし、Wordのスペルチェックと文章校正のところを見てください。

「入力時にスペルチェックを行う」のチェックを外すと、赤い波線が非表示になります。

「自動文章校正」のチェックを外すと、青い二重線が非表示になります。

赤い波線、青い二重線、それぞれを消す方法

完了!

最後に「OK」をクリックすれば、赤い波線や青い二重線は消えます。

最後にOKをクリック
そらの

ただ、ここでの設定は、今後作成するすべてのワード文書に適用されます。

もりの

えー、この文書だけでいいんだけどな……

そんな時は、もう少し下にスクロールしたら出てくる「例外」を見てみてください。

「この文書のみ、結果を表す波線を表示しない」にチェックを入れると、この文書だけ赤い波線が非表示になります。

「この文書のみ、文章校正の結果を表示しない」にチェックを入れると、この文書だけ青い二重線が非表示になります。

この文書だけ、赤い波線や青い二重線を消す設定

「ら」抜き言葉の場合

表記ゆれはチェックしたいけど、見れる、食べれるなどの「ら」抜き言葉は青い二重線を非表示にしたい……

そういう時は、Wordのオプションの「文書のスタイル」を「くだけた文」に変えてみてください。
これで、「ら」抜き言葉の青い二重線は非表示になります。

くだけた文だから、「ら」抜き言葉は許してね

線は無視しても問題はないですが、せっかくのワードの機能なので、上手に使って、正しい文章を書く手助けにしてくださいね!
それでは、お疲れさまでした!

今回のおさらい
  • 赤い波線は入力ミスの可能性あり
  • 青い二重線は表記ゆれや文法の誤りの可能性あり
  • 右クリックから、修正するか無視するか選べる
  • Wordのオプション→「文章校正」→「入力時にスペルチェックを行う」で赤い波線を消す
  • Wordのオプション→「文章校正」→「自動文章校正」で青い二重線を消す