【Word・ワード】背景に色や画像を入れたい!透かし文字や罫線のやり方も

もりの

文書の背景の色を変えたいんだ。

そらの

ページの色から変更ができますよ。

今回のポイント
  • 背景色はデザインタブ→「ページの背景」のページの色
  • 透かし文字はデザインタブ→「ページの背景」の透かし
  • 枠で囲むのはデザインタブ→「ページの背景」のページ罫線

スポンサーリンク

【Word・ワード】ページの背景をデザインできる

ページの背景を設定した画像

ワードではページ(文書)の背景を、背景色、透かし文字、ページ罫線の3種類から、自由にデザインできます。

すべてデザインタブの一番右にある、ページの背景から設定できます。

それぞれのやり方を見ていきましょう。

【Word・ワード】背景色を設定する

背景の色(塗りつぶし)を自由に変更できます。

デザイン性を求めるのもよし、グレーにして目への負担を減らすもよしです。

ステップ1

「デザインタブ」→ページの背景のところにある「ページの色」をクリックします。

ページの色の場所
ページの色の場所

ステップ2

色のメニューから、背景色にしたい色を選びます。

マウスをホバー(上に移動させる)と、色のプレビューが見られます。

ホバーしたら見本が表示される
ホバーしたら見本が表示される

ステップ3

色が決まったら、クリックして選択してください。

背景が選んだ色で塗りつぶされましたね!

背景色が変わった
背景色が変わった

背景色をグラデーションにする

先ほどはページの背景色を一色で塗りましたが、グラデーションも設定できます。

ステップ1

「デザインタブ」→ページの背景のところにある「ページの色」をクリックします。

ページの色の場所
ページの色の場所

ステップ2

出てきたメニューから「塗りつぶし効果」を選びます。

塗りつぶし効果の場所
塗りつぶし効果の場所

ステップ3

塗りつぶし効果ダイアログボックスが出てきました。

上のタブから「グラデーション」をクリックして、グラデーションの効果を選びます。

  1. 色を決めます。2色選べば、赤から青へのグラデーションなどの効果もできる
  2. だんだん透明になっていく、といった効果を付けられる
  3. どの方向からグラデーションが始まるか決められる

効果を決めたら「OK」をクリックします。

塗りつぶし効果ダイアログボックス
塗りつぶし効果ダイアログボックス

完成!

無事、ページの背景色がグラデーションになりました!

ページ背景色がグラデーションになった画像
背景色がグラデーションになった

上の画像の場合、こんな設定をしてみました。

オレンジのグラデーションの設定
上記の背景色は、こんな設定

ちなみに「テクスチャ」ではデニムは石といった素材の模様、パターンではデザインされたシンプルな模様が選べます。

テクスチャとパターンの画像
テクスチャとパターン

【Word・ワード】背景に画像や透かし文字を設定する

背景に画像や写真を入れる

背景として、画像や写真を設定することもできちゃいます。

ステップ1

「デザインタブ」→ページの背景のところにある「ページの色」をクリックしてください。

ページの色の場所
ページの色の場所

ステップ2

出てきたメニューから「塗りつぶし効果」をクリックします。

塗りつぶし効果の場所
塗りつぶし効果の場所

ステップ3

塗りつぶし効果ダイアログボックスが出てきました。

上のタブから「図」を選んで、真ん中あたりにある「図の選択」をクリックしてください。

塗りつぶし効果ダイアログボックス
塗りつぶし効果から「図」を選ぶ

ステップ4

画像の挿入と書かれた画面に切り替わりました。

画像の挿入ダイアログボックス
どこの画像をつかいたいんです?

ここから、背景にする画像をどこから持ってくるかを選べます。

もりの

どこから持ってくるか?

そらの

パソコンに保存した画像だけでなく、インターネットから検索もできるんです。

ファイルからパソコンに保存された画像から選ぶ
Bingイメージ検索インターネットから画像を選ぶ
OneDriveOneDriveに保存された画像から選ぶ
そらの

OneDriveはMicrosoftのオンラインストレージです。

OneDriveに保存した記憶がなければ、ファイルからかBingイメージ検索のどちらかを選んでください。

今回は、ファイルからを選んでみます。

ステップ5

ファイルからを選んだ場合は、背景にしたい画像(写真)を選んで「挿入」をクリックします。

背景にする画像を選ぶ画像
いつもの画面から画像を選ぶ

完成!

無事、背景に画像を設定できました!

背景画像は、ページを埋め尽くすように並べて表示されます。

背景画像を一枚絵にしたいなら、ページサイズに合わせた大きさの画像を用意するといいですよ。

背景に画像を設定した画像
背景に画像を設定できた

背景に透過した画像を入れる

ただこの背景に画像を入れる方法だと、画像の主張が強すぎて文字が見えなくなることもありますよね……

しかし透かしから画像を選べば、うっすら透明になった画像をページ背景にすることもできます!

ステップ1

「デザインタブ」→ページの背景のところにある「透かし」をクリックします。

透かしの場所
透かしの場所

ステップ2

出てきたメニューから「ユーザー設定の透かし」をクリックしてください。

画像の③ですね。

透かしのメニュー
透かしのメニュー

ステップ

透かしダイアログボックスが出てきました。

「図」をクリックしてチェックを入れて、その下の「図の選択」をクリックしてください。

図の選択をクリック
図の選択をクリック

すると、画像の挿入というボックスが出てきました。

画像の挿入
画像の挿入
そらの

背景にする画像を探す場所を指定します。

ファイルからパソコン上に保存された画像を背景画像に指定
Bingイメージ検索インターネットにある画像を背景画像に指定
OneDriveOneDrive上に保存された画像を背景画像に指定

ステップ4

ファイルからをクリックすると、いつものファイルを探す画面になります。

背景にしたい画像を選んで、「挿入」をクリックしてください。

画像を選択
画像を選択

完成!

無事、背景に透過した画像を指定できました!

背景に透明の画像を指定できた画像
背景に透明の画像を指定できた
そらの

いいクマでした……。

もりの

いるいる。

背景に透かし文字を入れる

透かし文字とは、文書の背景にうっすら透過で書かれた文字のことです。

社外秘とか、回覧とか書いたりしますね。

ステップ1

「デザインタブ」→ページの背景のところにある「透かし」をクリックします。

透かしの場所
透かしの場所

すると、透かしのメニューが表示されました。

透かしのメニュー
透かしのメニュー

あらかじめ用意されたものの中から文字を選ぶ

ステップ2-1

上図の①では、あらかじめ用意された言葉から、透かし文字にしたいものを選んで使えます。

試しに、緊急の中にある緊急1を選んでみます。

緊急1を選ぶと
緊急1を選ぶと

完成!

すると、ページの背景に緊急という文字がうっすら表示されました!

これが透かし文字
これが透かし文字

自分で透かし文字を入力する

ステップ2-2

透かしメニューの③「ユーザー設定の透かし」で、好きな文字を透かし文字にできます。

ユーザー設定の透かしをクリックしてみてください。

透かしのメニュー
透かしのメニュー

ステップ3-2

透かしダイアログボックスが出てきました。

今回はテキストを入力したいので、「テキスト(X)」をクリックしてチェックを入れてください。

透かしダイアログボックス
透かしダイアログボックス

ステップ4-2

「テキスト(T)」の右のボックスに、透かし文字にしたい文字を入力します。

お好みに合わせて、フォントやサイズ、文字の色を変更してください。

レイアウトは、文字の向きを選べます。

対角線上対角線上のサンプル
水平水平のサンプル

ステップ5-2

設定し終わったら、「OK」をクリックしてください。

透かし文字が表示されました!

透かし文字が入力できた
透かし文字が入力できた

【Word・ワード】背景に罫線を設定する

表の線として罫線を引けますが、1ページを1つのセルのように見立て、ページに罫線が引けます。

ステップ1

「デザインタブ」をクリックしてください。

一番右端にあるページの背景から、「ページ罫線」をクリックします。

ページ罫線の場所
ページ罫線の場所

ステップ2

線種とページ罫線と網掛けの設定ダイアログボックスが出てきました。

ここで好みの罫線を設定し、完成したら右下の「OK」をクリックしてください。

ページ罫線を設定しOKをクリック
ページ罫線を設定しOKをクリック
そらの

絵柄を選ぶと、ユニークな罫線も引けますよ。

絵柄にはユニークなものが多い
絵柄にはユニークなものが多い

完成!

ページの罫線が引けました!

罫線が引けた
罫線が引けた

ページ背景、透かし文字を動画で見る

これで、少し凝った文書が作れるようになりました!
それでは、お疲れさまでした!

今回のおさらい
  • 背景色はデザインタブ→「ページの背景」のページの色
  • 透かし文字はデザインタブ→「ページの背景」の透かし
  • 枠で囲むのはデザインタブ→「ページの背景」のページ罫線