【Excel・エクセル】四捨五入する!ROUND関数の使い方

2021/6/16

もりの

端数は処理しちゃいたいな。四捨五入のやり方って、どうやるの?

やまの

ROUND関数を使うか、表示形式を変えるかだね。

今回のポイント
  • 見た目だけの四捨五入なら「ホームタブ」→「小数点以下の生じ桁数を減らす/増やす」
  • 四捨五入ならROUND関数
  • =ROUND(四捨五入したい数値,桁数)
  • 小数点以下を四捨五入するなら、桁数「0」

スポンサーリンク

 四捨五入(ROUND関数)の練習ファイルダウンロード

もりの
 
 

一緒にやってみませんか?

【Excel・エクセル】四捨五入のやり方

エクセルで数字を丸めたい、四捨五入をしたいときって、ありますよね。

見た目だけ四捨五入にしたいなら、表示形式の「小数点以下の生じ桁数を減らす/増やす」が便利です。

「小数点以下の生じ桁数を減らす/増やす」の場所

ただ、この表示形式には弱点もあります。

一つは小数点以下じゃないと四捨五入できない点。
そしてもう一つは、見た目だけの四捨五入なので、実際は小数点以下も実は含まれている点です。

四捨五入したセルを参照して計算すると、しっかり小数点以下も計算されてしまいます。

実は小数点以下もある
やまの

そこで使ってほしいのが、ROUND関数なんよ。

四捨五入できる、ROUND関数

ROUND関数は指定した数値を、指定した桁数から四捨五入する関数です。
ラウンド関数と読みます。

やまの

彼は実は3兄弟なんよ。

指定した桁数で四捨五入ROUND関数
指定した桁数で切り上げROUNDUP関数
指定した桁数で切り捨てROUNDDOWN関数
もりの

ROUND3兄弟は、端数処理が得意なんだね!

今回は四捨五入がメインなので、長男(?)のROUND関数の使い方を見ていきましょう!

【Excel・エクセル】ROUND関数の使い方

関数の書き方

=ROUND(数値,桁数)

ROUNDこの数値を四捨五入して!
数値この数値(セルでもOK)
桁数何ケタまでを四捨五入するか

桁数は少し分かりにくいかもしれませんが、「0」で小数点以下を四捨五入します。
つまり、整数になるってことですね。

1,2と数字を増やすにつれて小数点第二位、第三位と細かくなっていき、-1、-2と減らすにつれて1の位、10の位と大まかになっていきます。

桁数210-1-2
四捨五入される桁小数点第三位小数点第二位小数点第一位1の位10の位
もりの

どこから四捨五入するかも、選べるんだね。

やまの

って言われてもイメージしにくいと思うから、実際に使ってみよう!

ROUND関数の使用例

では実際にどうなるか、セルA2の数値をROUND関数を使って四捨五入してみましょう。

まずセルB4に、小数点以下を四捨五入した数を出したいと思います。

ROUND関数で四捨五入しよう!
やまの

=ROUND(A2,0)で、求められるよ。説明するね。

ステップ1

まずは、これからROUND関数を書きますよ~と知らせます。

セルB4に、「=ROUND(」と入力してください。

ROUND関数書きますよ~
もりの

半角英数入力モードにしてから、入力するんだよね。

ステップ2

最初の引数は、どの数値を四捨五入したいか、でしたね。

今回は、セルA2の数値を四捨五入したいので、セルA2をクリックして、「,(カンマ)」を入れてください。

数値を指定する
もりの

引数は続くから、「,(カンマ)」を忘れないでね。

ステップ3

次に桁数ですが、今回は小数点以下を四捨五入したいので、「0」と入力してください。

これでROUND関数は完成です!
最後にカッコを閉じましょう。

桁数を決めれば、ホラ出来上がり!

完成!

エンターキーを押せば……

無事、小数点以下を四捨五入できました!

ROUND関数で四捨五入できた
やまの

ちなみに兄弟のROUNDUP関数、ROUNDDOWN関数も、使い方は同じなんよ。

ROUND関数の桁数を変えたらどうなる?

先ほどは小数点以下を四捨五入するため、桁数には「0」と入力しましたが、これを「2」や「-2」にすると、どういう答えになるんでしょうか?

やまの

実際にやってみよう!

桁数「2」

桁数を2にすると、小数点第三位の桁が四捨五入されます。

先ほどの数値2461.524で、ROUND関数の桁数を「2」にしてみましょう。

桁数を2にしてみると……

すると、小数点第三位の4が四捨五入され(4なので切り捨て)、2461.52となりました!

小数点第三位が四捨五入された

小数点以下の数値を増やしたいなら、桁数の数を増やせばいいんですね!

桁数「-2」

では反対に、桁数をマイナスにしちゃうと、どうなるでしょうか?

先ほどの2461.524で、ROUND関数の桁数を「-2」にしてみましょう。

桁数を-2にしてみると……

すると、10の位の6が四捨五入されて(6なので切り上げ)、2500になりました!

10の位が四捨五入された!

小数点より上を四捨五入したいなら、マイナスを付けて数えればいいんですね。

【Excel・エクセル】よくある四捨五入したい場面

もりの

使い方は分かったけど、今直面している問題はどう対処すればいいんだろう?

ということもありますよね。
場合によってはROUND関数と計算式を組み合わせないといけないですしね。

そこで、よくある四捨五入したいシーンをまとめてみました!

※練習ファイルをダウンロードされた方は、sheet2に移動してください。

小数点以下を四捨五入して整数にする

小数点以下を四捨五入して整数にするには、桁数を0にすればOKでしたね!

セルA2を小数点以下を四捨五入して整数にする場合。

「=ROUND(A2,0)」

で求められます。

桁数を決めれば、ホラ出来上がり!

エンターキーを押せば……

無事、小数点以下を四捨五入できました!

ROUND関数で四捨五入できた

平均を四捨五入する

計算して出た平均を四捨五入するなら、AVERAGE関数と組み合わせるといいですよ。

ただ、書き方に注意です!

次の図のセルB5に、平均を四捨五入して、整数で入れたいと思います。

B5に平均を整数で出したい
やまの

=ROUND(AVERAGR(B1:B4),0)で出せるよ、詳しく見てみよう。

ステップ1

まずはROUND関数を書いていきます。

セルB5に「=ROUND(」を入力してください。

まずはROUND関数を書いていく

ステップ2

さて、次はどの数値を四捨五入するかです。

今回はセルB1~B4の平均を四捨五入したいので、ここにAVERAGE関数を入れちゃいます!

AVERAGE(」と入力してください。

AVERAGE関数登場!

ステップ3

AVERAGE関数は、平均したいセル範囲を選択すればOKでした。
今回はセルB1~B4なので、セルB1~B4をドラッグして、カッコを閉じます

これでAVERAGE関数は完成ですが、ROUND関数はまだ続くので、「,(カンマ)」を忘れずに!

先にAVERAGE関数を完成させる

ステップ4

最後に桁数ですが、整数(小数点以下を四捨五入)にしたいので、今回は「0」にします。

これで完成!

完成!

エンターキーを押せば、無事、平均を四捨五入できました!

四捨五入せず平均を出すと34.5になるので、ちゃんと四捨五入できているのが分かりますね。

無事平均を四捨五入できた!

千円単位で四捨五入する

千円単位での四捨五入、つまり100の位までを四捨五入したいときも、多いですよね。

そんな時は、ROUND関数の桁数を「-3」にすればOKです!

桁数を-3にすれば千円単位に!

消費税を四捨五入する

次は、消費税込みの金額を四捨五入するケースです。

もりの

さっきやった、平均を四捨五入する方法が使えそうだ。

次の図のセルF5に、小計に対する消費税を四捨五入して出したいと思います。

やまの

=ROUND(F4*10%,0)でOK!

消費税を四捨五入して出したい

ステップ1

何はともあれ、まずはROUND関数ですね。

「=ROUND(」と入力します。

まずはROUND関数を書く

ステップ2

2021年4月現在の消費税は10%です。見た感じ店内飲食みたいですし。

消費税を出したい場合は、小計(F4)に10%を掛ければOKです。つまり数値は「F4*10%,」となりますね。

消費税は「*10%」でOK!

ステップ3

最後に桁数ですが、ここも整数にしたいので「0」ですね。

カッコを閉じて、エンターキーを押せば……

消費税を四捨五入する計算式

完成!

無事、消費税を四捨五入して出せました!

926の10%なので92.6のはずですが、四捨五入されて93になっていますね。

消費税を四捨五入して出せた

割り算を四捨五入する

10÷3のように、割り算すると永遠と数字が続く計算ってありますよね。
これも四捨五入して、いい感じのところで端数を処理したいところ。

もりの

さっきやった、消費税の計算の割り算バージョンだね。

そう、ROUND関数の数値部分に計算したい割り算を入れればOKですね!

たとえば10÷3で小数点第二位まで表示させたいときは「=ROUND(10/3,2)」となるわけです。

数値部分に計算式を入れるだけ♪

これで、小数点以下を四捨五入して整数にしたり、端数を処理したりできますね!
それでは、お疲れさまでした!

今回のおさらい
  • 見た目だけの四捨五入なら「ホームタブ」→「小数点以下の生じ桁数を減らす/増やす」
  • 四捨五入ならROUND関数
  • =ROUND(四捨五入したい数値,桁数)
  • 小数点以下を四捨五入するなら、桁数「0」