【Excel・エクセル】文字列を結合!文字をつなげる方法

もりの

2つのセルの文字列をつなげて、別のセルに書き出したいんだ。

やまの

文字列を結合する方法だね、まかせて!

今回のポイント
  • 文字列の結合は、セルや文字列を「&」つでつなげる
  • 文字列の結合の関数「=CONCAT(セル範囲)」
  • Excel2016以前なら「=CONCATENATE(セル,セル)」
  • 間に文字を入れるなら「=セル&"文字"&セル」

スポンサーリンク

 文字列の結合の練習ファイルダウンロード

もりの
 
 

一緒にやってみませんか?

【Excel・エクセル】文字列を結合する方法

住所や氏名など、別々のセルの文字列を結合したいときってありますよね。

複数のセルや文字列を連結する方法は、いくつかあります。

今回は「&」を使った方法や、CONCAT関数CONCATENATE関数という文字列を結合する関数の使い方をご紹介します!

文字列を結合した画像
こんな風に文字列を結合したい
もりの

間に文字を入れたり、日付を結合したりもできるんだね。

数式だから、オートフィルでコピーもラクラクです。

この表のC列に、A列とB列の文字を結合して表示させたいと思います。

A列とB列の文字を結合させたい
A列とB列の文字を結合させたい

文字列を「&」で結合する方法

一番簡単な方法が、セルとセルを「&(アンド)」つでつなげる方法です。
やり方はとっても簡単。

やまの

「=A2&B2」みたいに、セルや文字列を「&」でつなげるといいんよ。

ステップ1

数式を書いていきますので、半角英数に切り替えて、「=(イコール)」を入力してください。

「=」を入力
「=」を入力

ステップ2

次に、結合したいセルをクリック、または文字列を入力します。

今回は、セルA2をクリックしてみます。

文字列を入力する場合、「"」で囲んでくださいね。

結合したい文字列を選択した画像
結合したい文字列を選ぶ

ステップ3

ここで「&」の出番です!

「&」を入力して、結合したい2つ目のセルをクリック、または文字列を入力してください。

セルを&でつなげた画像
&でセルをつなげる

完成!

これで式は完成です、「エンターキー」で確定してください。

無事、セルA2とB2の文字列を結合できました!

&でつなげて文字列を結合した画像
セルの文字が結合できた!
やまの

さらに「&」でつなげれば、3つ以上のセルでも結合できるよ。

3つのセルの文字列を「&」で結合させた画像
3つのセルの文字列を「&」で結合する数式

文字列を「CONCAT関数」で結合する方法

CONCAT関数を使っても、セルの文字の結合ができます。
あ、読み方は「コンキャット」ですにゃ。

もりの

キツネ?ネコ?

やまの

コブタ、タヌキ♪

3つ以上のセルの文字列を結合するなら、この関数が一番楽です!

なぜなら、「&」や「CONCATENATE関数」はセルを一つずつ選ぶのに対して、この「CONCAT関数」はセル範囲をドラッグして一括で選べるから!

CONCAT関数で文字列を結合した画像
ドラッグで結合するセルを選べる!

「Excel2019」や「エクセル365」で新しく使えるようになった関数なので、対象バージョンをお使いの方は、ぜひ使ってみてください。

CONCAT関数の書き方

=CONCAT(テキスト1,テキスト2,……)

CONCATENATEこの中のセル範囲を結合してね
テキスト1結合したいセル範囲1
テキスト2結合したいセル範囲2(なくてもOK)

この表のセルC3に、A3とB3の文字列を結合して表示してみましょう。

A列とB列の文字を結合させたい
A列とB列の文字を結合させたい
やまの

「=CONCAT(A3:B3)」で結合できるよ!詳しく見てみよう。

ステップ1

まずはセルC3に「=CONCAT(」と入力してください。

「=CON」まで入力すると一覧にCONCATが出てくるので、それを「ダブルクリック」or「tabキー」でも構いません。

CONCAT関数を一覧から選ぶ画像
「=CONCAT(」と入力するか、一覧から「CONCAT」を選ぶ

ステップ2

次に、結合したいセルをドラッグして選択します。

今回は、セルA3からB3までをドラッグします。

結合したい文字列が書かれたセルをドラッグした画像
結合したいセルをドラッグするだけ

完成!

「エンターキー」を押すと、無事、セルの文字列が一括で結合できました!

CONCAT関数で文字列を結合した画像
セルの文字列が結合できた!

ちなみに、3つ以上のセルの文字列を結合したい場合は、その範囲までドラッグすればOKです。

3つのセルの文字列を「CONCAT」で結合させる数式
3つのセルも、ドラッグでOK

離れたセルの文字を結合したい場合は、「,(カンマ)」で区切ればOK!

離れたセルの文字列をCONCAT関数で結合する式
離れたセルの文字列を結合する式の書き方

文字列を「CONCATENATE関数」で結合する方法

CONCATENATE関数を使っても、セルの文字の結合はできます。

「Excel2016」以前ではCONCAT関数が使えないので、「&」でつなげるか、この「CONCATENATE関数」をお使いください。

セルの文字が結合できた
セルの文字が見事合体!
もりの

コンキャット、エネート……?

あ、読み方は「コンカティネート」です。

CONCATENATE関数の書き方

=CONCATENATE(文字列1,文字列2,……)

CONCATENATEこの中のセルを結合してね
文字列1結合したいセルか文字列1
文字列2結合したいセルか文字列2
やまの

「,」でつなげれば、3つ以上のセルや文字列も結合できるよ。

この表のセルC4に、A4とB4の文字列を結合して表示したいと思います。

A列とB列の文字を結合させたい
A列とB列の文字を結合させたい
やまの

「=CONCATENATE(A4,B4)」で結合できるよ!詳しく見てみよう。

ステップ1

まずはセルC4に「=CONCATTNATE(」と入力してください。

もりの

さすがに長くて覚えきれない……

「=CONC」まで入力すると、一覧に「CONCAT」と「CONCATTNATE」が出てくるので、CONCATTNATEを「ダブルクリック」or「↓キー」→「tabキー」でも構いません。

「=CONCATENATE」と入力した画像
「=CONCATENATE」と入力するか、一覧から「CONCATENATE」を選ぶ

ステップ2

1つ目の結合したいセルをクリック、または文字列を入力します。

今回はセルA4をクリックします。

1つ目の結合したい文字が書かれたセルをクリックした画像
結合したい文字列が書かれたセルをクリック

ステップ3

続いて「,(カンマ)」で区切って、2つ目の結合したいセルをクリック、または文字列を入力してください。

今回はセルB4をクリックします。

2つ目の結合したい文字列が書かれたセルをクリックした画像
2つ目のセルをクリック

完成!

「エンターキー」を押せば、無事、セルの文字列を結合できました!

CONCATENATE関数でセルの文字列を結合した画像
セルの文字が見事連結!
もりの

太郎ときましたか。

さらに別のセルを連結したい場合は「,(カンマ)」で区切ってから、つなげたいセルをクリックすればOKです。

3つのセルの文字を「CONCATENATE」で結合させる数式

セルの文字列の結合ではなく、セルを結合させるには

もりの

セルの文字列を結合させるんじゃなくて、セルそのものを結合させたいな。

そんな時は、「ホームタブ」→配置のところにある「セルを結合して中央揃え」を押しましょう。

セルの結合の例
セルの結合の例
やまの

詳しくは、下記のページで説明するね!

【Excel・エクセル】文字列を、間に文字を入れてつなげるには

セルの文字列を、間に空白スペースを入れてつなげる

もりの

表の5行目は、単純につなげるんじゃなくて、空白スペースを入れたいな。

確かに、文字をただ連結させると「MicrosoftOffice」になって、見にくいですね。

「Microsoft Office」と、空白スペースが間に入ると読みやすそうです。

文字列と文字列の間にスペースを入れて結合したい図
文字列と文字列の間にスペースを入れたい

&でスペースをつなげる方法

通常だと「=A5&B5」となりますが、空白スペースを間にはさむ場合は「=A5&" “&B5」としてみてください。

「"」の間は半角のスペースです。

間に空白スペースを挿入して、セルの文字を結合する数式
間に空白スペースを挿入して、セルの文字を結合する数式

「" “」は空白スペースという意味で、セルA5と半角スペースとB5を、&でつなげたというわけです。

CONCAT関数・CONCATENATE関数でスペースをつなげる方法

CONCAT関数、CONCATENATE関数でも間にスペースを入れられます。

どちらもやり方は同じで、CONCAT関数なら「=CONCAT(A5," “,B5)」

CONCATENATE関数なら「=CONCATENATE(A5," “,B5)」です。

CONCAT関数でスペース入れて文字列を結合した画像
CONCAT関数でもスペース入れて結合できる

セルの文字列を「の」でつなげる

もりの

6行目は単純につなげるんじゃなくて、間に「の」を入れたいな。

結合する文字列の間に、特定の文字列を挟むこともできます。

A6とB6の間に「の」を入れて、「銀河鉄道の夜」にしたいと思います。

間に文字列を入れて結合したい図
間に文字列を入れて結合したい

&で文字列を間に入れてつなげる方法

やり方は、さっきの「" “」が「"の"」に変えるだけ!

「=A6&"の"&B6」でOKです。

文字列の間に「の」を入れて結合する式
&で文字列を繋げればOK

CONCAT関数・CONCATENATE関数で間に文字列を入れてつなげる方法

こちらも「" “」を「"の"」に変えるだけです。

CONCAT関数なら「=CONCAT(A6,"の",B6)」

CONCATENATE関数なら「=CONCATENATE(A6,"の",B6)」です。

CONCAT関数で文字列入れて結合した画像
CONCAT関数でも文字列入れて結合できる

【Excel・エクセル】文字列と日付を結合するには

文字列と日付を結合すると、日付がなんか変な数字になってしまいました。

日付が数字になった画像
日付が5桁の数字に変ってしまった
もりの

何この数字?

やまの

シリアル値っていう、日付を数字で表したものなんよ。

シリアル値は、1900/1/1から何日後かを数字で表したものです。
実は日付は、このシリアル値の表示形式を変えて、〇月×日と表示されているわけです。

もりの

結合したセルの表示形式を日付にしても、変わらないよ?

そんな時は、表示形式を指定できるTEXT関数を使います。

ステップ1

セルC7に「=A7&TEXT(B7,"m月d日")」と入力してみてください。

これで、文字列と日付を結合できます。

文字列と日付をつなげた画像
文字列と日付をつなげられた!

ちなみに「m月d日」の部分を変えれば、日付の表示形式を変えられます

式に書く文字実際の表示
mm/dd06/26
yyyy/mm/dd2020/06/26
yy/m/d20/6/26
yyyy年mm月dd日2020年06月26日
やまの

TEXT関数については、こっちのページで紹介するね。

これで、複数のセルの文字列を簡単に結合できますね!
それでは、お疲れさまでした!

今回のおさらい
  • 文字列の結合は、セルや文字列を「&」つでつなげる
  • 文字列の結合の関数「=CONCAT(セル範囲)」
  • Excel2016以前なら「=CONCATENATE(セル,セル)」
  • 間に文字を入れるなら「=セル&"文字"&セル」