【Excel・エクセル】パーセントや四捨五入で表示させたい!表示形式とは

2020/8/11

もりの

パーセント表示とか、四捨五入で表示ってできないの?

やまの

表示形式を変えてあげればいいんよ。

今回のポイント

  • 表示形式を変えるには「ホームタブ」→数値の「それぞれのアイコン」
  • 形式を編集するには「ホームタブ」→数値の「表示形式(右下向き矢印)」

【Excel・エクセル】表示形式とは

表示形式のイメージ

例えば細かい数値を「四捨五入」して小数点第2まで表示させたり、請求書の金額に3ケタごとにカンマで区切って「¥(円マーク)」付きで表示させたりしたい、なんてことありませんか?

一つ一つ手入力したり、数式や置換を使ってできなくもないですが、表示形式を変えれば、その後は自動で指定した通り表示してくれます

表示形式を変えた数字の例
四捨五入だってこの通り
もりの

簡単にできるなら、やってみたいな。

【Excel・エクセル】表示形式の変更方法

パーセンテージや金額、日付など、いろんな表示形式はありますが、それぞれは簡単に変更できるものが多いです。

リボンのアイコンから変更できるもの

表示形式は「ホームタブ」→数値のところにある各アイコンで変更していきます。

表示形式のアイコンの場所
表示形式のアイコンの場所
やまの

それぞれどうなるか、表にまとめてみたよ。

アイコン名前結果
通貨表示形式通貨表示形式通貨表示形式の例
パーセントスタイルパーセントスタイルパーセントスタイルの例
桁区切りスタイル桁区切りスタイル桁区切りスタイルの例
小数点以下の表示桁数を増やす小数点以下の
表示桁数を増やす
小数点以下の表示桁数を増やすの例
小数点以下の表示桁数を減らす小数点以下の
表示桁数を減らす
小数点以下の表示桁数を減らすの例

「通貨表示形式」では自動的に「桁区切りスタイル」も適応され、パーセントスタイルは四捨五入されます。

「小数点以下の表示桁数を増やす」「小数点以下の表示桁数を減らす」は、クリックするたびに小数点以下が増えたり減ったりします。

もりの

ここだけでもいろいろと設定できるんだね。

四捨五入で表示させるには

四捨五入で表示させるには、「小数点以下の表示桁数を増やす」「小数点以下の表示桁数を減らす」を使えばOKです。

ステップ1

表示形式を変更させたいセルをクリックして、「ホームタブ」→数値のところにある「小数点以下の表示桁数を減らす」をクリックします。

小数点以下の表示桁数を減らすの場所
小数点以下の表示桁数を減らすの場所

小数点以下が一つ減りました!
一番右の数字は6で、四捨五入されたので、となりの8は9に繰り上がりました。

四捨五入された画像
四捨五入された

ステップ2

あとは表示させたい小数点以下になるまで「小数点以下の表示桁数を減らす」をクリックしていけばOKです。

四捨五入された画像
四捨五入され、2になった
四捨五入で繰り上がった画像
四捨五入され、3になった

1.0を表示させる

エクセルで「1.0」と入力すると、エクセルさんが「1.0はつまり1のことだよね」と気を利かせて、表示を「1」に変えてしまいます。

この場合、「小数点以下の表示桁数を増やす」をクリックすれば、「1.0」と表示できます

パーセントの小数点以下を表示させる

パーセント表示と「小数点以下の表示桁数を増やす」「小数点以下の表示桁数を減らす」を組み合わせることもできます。

パーセントスタイルと小数点以下を組み合わせた画像
組み合わせたらこんな感じ

数値の書式ボックスから変更する方法

もりの

ほかの表示形式にはできないの?例えば日付とか。

そのほかの表示形式は、数値の書式ボックスから変更できます。
数値の書式のボックスは「ホームタブ」→数値のところにある「数値の書式(横長の箱)」のことです。

数値の書式ボックスの場所
数値の書式ボックスの場所

ここをクリックすると、表示形式の一覧が表示されます。

リボンのアイコンにあったものも入っていますね。

表示形式の一覧の画像
表示形式の一覧
やまの

それぞれどうなるか、表にまとめてみたよ。

アイコン名前結果
標準標準表示形式のクリア
表示形式が最初の状態に戻る
数値数値文字列ではなく数値になる
数字のセルは基本コレでOK
会計会計通貨と会計の違い
※通貨とは¥の位置が違う
短い日付形式短い
日付形式
短い日付の例
長い日付形式長い
日付形式
長い日付の例
時刻時刻時刻の例
分数分数分数の例
※通常「1/2」と入力すると
日付に変換されてしまう
指数指数指数の例
※1に0が8つという意味
文字列文字列数値ではなく文字列になる
文字のセルは基本コレでOK

数値や文字列は特に設定しなくても、数値を入力すれば数字が、文字を入力すれば文字が表示されます。
※表示形式は「標準」になります。

もりの

じゃあ特に使うことはないのでは?

やまの

数字を入力するけど、文字列として表示したい!ってときなんかに使えるね。

もりの

そんなことってあるのかなぁ?

やまの

たとえば電話番号を記入するときに、先頭の0を表示させたいときとか!

【Excel・エクセル】表示形式をセルの書式設定から編集する

編集のイメージ

通常は、たとえば時刻だと「13:30」、数値だとマイナスは「-1200」のように表示されます。

しかしこれを「1:30 AM」にしたい!マイナスは赤字で「1200」にしたい!と、表示形式を編集したくなることがあるかもしれません。

やまの

それもバッチリできるから安心して。

ためしに、時刻の表示形式を編集してみたいと思います。

ステップ1

表示形式を変更したいセルをクリックして、「ホームタブ」→数値のところにある「表示形式(右下向きの矢)」をクリックしてください。

表示形式の場所
表示形式の場所

すると、「セルの書式設定ダイアログボックス」が出てきました。

セルの書式設定ダイアログボックス
セルの書式設定ダイアログボックス

ここから、さらに詳しい表示形式の設定ができます。

ステップ2

左側のメニューから「時刻」を選んで、右のメニューから表示させたい形式をクリックして選びます。

決まったら、「OK」をクリックしてください。

時刻の表示形式の編集画面
時刻の表示形式を変えてみる

完成!

無事、時刻の表示形式が変わりました!

時刻の表示形式が変更された画像
時刻がPM表示になった!
やまの

ほかの表示形式も、こんな風にカスタマイズできるんよ。

【Excel・エクセル】表示形式が勝手に変わる問題

分からないイメージ

例えば二分の一を表現したくて「1/2」と入力すると、エクセルさんは「1/2……あぁ、1月2日のことね!OKOK♪」と勝手に解釈して「1月2日」と表示されてしまいます。

1/2と入力しようとしている画像
1/2としたいのに
1月2日になってしまった画像
1月2日になってしまう
もりの

ぜんぜんOKじゃない。

さらに、日付じゃないよ~と、あとから表示形式を変えると、謎の5桁の数字になるし……。

シリアル値が表示された画像
表示形式を分数に変えても
やまの

これはシリアル値。1900年1月1日から何日たってるか、っていう数値なんよ。

コレと同じような現象は多々あります。

「4-2」は4月2日になるし、「1.」は「1」になるし、「(1)」は「-1」なるし……。
エクセルさんはそうするように教わっているので、責めるわけにもいきませんが、これ結構煩わしいですよね。

表示形式が勝手に変わるのを防ぐには

これを防ぐには、2つの方法があります。

アポストロフィーを最初に入力する方法

やまの

1つは、入力する前に「’(アポストロフィー)」を入力すること。

ステップ1

アポストロフィーはキーボードの「7」を、Shiftキーと同時に押すと入力できます。

アポストロフィの入力方法
アポストロフィーの入力方法

例えば1/2と表示させたい場合、「’1/2」と入力してみてください。

無事「1/2」と表示できました。4/2も同じ方法で表示できます。

日付にならず表示できた画像
無事表示できた
やまの

先頭に「’(アポストロフィー)」を入れると、文字列として認識されるから、セルの中で左寄せになるよ。

ステップ2

ほかの数値と同じように右寄せにしたい場合、「ホームタブ」→配置のところにある「右揃え」をクリックしてください。

右揃えの場所
右揃えの場所

先に表示形式を変えておく方法

2つ目は、文字を入力する前に、あらかじめセルの表示形式を変えておく方法です。

分数で1/2と表示させたい場合は「分数」に、4-2と表示させたい場合は「文字列」に、あらかじめ変えておきます。

表示形式を文字列にした画像
あらかじめ表示形式を文字列にする
4-2と表示された画像
無事4-2が表示できた

勝手に日付になった表示形式を戻したい

勝手に日付にしやがって!元に戻しやがれ!
と思う気持ちは分かりますが、残念ながら元には戻りません。

日付の表示形式になると、先ほど出てきた「シリアル値」という値に自動で変換され、もともと入力した「1/2」や「4-2」といった値は、消滅してしまうからです。

もりの

お手上げなのか~

やまの

関数で出せないこともないけど……。

MONTH関数、DAY関数を使って日付を表示させる方法

下図のようなセルA1の日付を、セルA2に関数を使って「4-2」に変えるには「=MONTH(A1)&"-“&DAY(A1)」と入力します。

MONTH関数とDAY関数を使って表示を変えた画像
関数を使って表示させることも

TEXT関数を使って日付を表示させる方法

それか、TEXT関数を使って「=TEXT(A1,"m-d")」でもOKです。

TEXT関数を使って表示を変えた画像
TEXT関数を使ってもできる
もりの

4/2にするには、「-」の部分を「/」に変えればいいんだね。

やまの

ただ、余計にセルが増えるし時間もかかるから、やり直した方が早いかも。

【Excel・エクセル】表示形式が変更できない問題

できないイメージ

たとえば「=2+3」と入力したら「5」と表示されますがよね。

これを表示形式を「文字列」にした状態で「=2+3」と入力すると、そのまま「=2+3」と表示されます。

式が文字列になっている画像
文字列だと数式を書いても計算されない
もりの

あ、いけない、表示形式を「数値」に変えなきゃ!

しかし、表示形式を数値に変えても、標準に変えても「=2+3」のまま、表示形式が変更できません。

表示形式を数値に変えた画像
数値に変えても計算はされなかった

この場合、該当のセルをダブルクリックするか、「F2キー」を押してからエンターキーを押してみてください。

F2キーの場所
F2キーの場所
セルに入力できる状態
セルに入力できる状態にしてエンターキー
計算された画像
計算式が実行された

複数セルで変更できない表示形式を一度に変える方法

文字列の数字を、普通の数値の数字にしたい場合も、同じ方法でできます。

ただ、下図のように、数が多いと、一つずつダブルクリックしていくのは、考えるだけでゾッとしますね……。

数値にしても文字列のままのセル
数値にならない数字たち
やまの

そんなあなたに、とっておきの方法。

それは、「1を掛ける」こと!

ステップ1

どこでもいいのでセルに「1」と入力して、そのセルをコピーしてください。

1をコピーした画像
1をコピー

ステップ2

コピーできたら、計算させたいセルをドラッグして選んで、「Ctrlキー」+「Altキー」+「Vキー」を入力してください。

セル範囲を選択した画像
セル範囲を選択して
形式を選択して貼り付けのショートカットキー
形式を選択して貼り付けのショートカットキー

ステップ3

形式を選択して貼り付けダイアログボックスが出てきたら、「Mキー」→「Enterキー」と順番に押してください。

「乗算」にチェックを入れて「OK」をクリックしてもOKです。

形式を選択して貼り付けダイアログボックス
乗算を選んでOK

完成!

すると、選んだ範囲のセルがすべて数値になりました!

数値が表示された
数値にできた
やまの

ちなみに文字列の計算式には、コレ使えません。

これで、金額でも日付でもパーセントでも、難なく表示できますね!
では、お疲れさまでした!

今回のおさらい

  • 表示形式を変えるには「ホームタブ」→数値の「それぞれのアイコン」
  • 形式を編集するには「ホームタブ」→数値の「表示形式(右下向き矢印)」