【Excel・エクセル】空白をカウントする!COUNTBLANK関数の使い方

もりの

空白のセルが何個あるか、カウントできないかな?

やまの

空白をカウントする、COUNTBLANK関数の出番だね。

今回のポイント

  • 空白のセルをカウントするなら「COUNTBLANK関数」
  • =COUNTBLANK(範囲)

スポンサーリンク

 COUNTBLANK関数の練習ファイルダウンロード

もりの
 
 

一緒にやってみませんか?

【Excel・エクセル】空白をカウントする、COUNTBLANK関数

やまの

BLANKは空白のこと。つまり、空白を数える関数だね。

関数の書き方

=COUNTBLANK(範囲)

範囲この中に
COUNTBLANK空白のセルはいくつありますか?
もりの

めちゃ簡単そうな予感……!

やまの

「COUNT」ってある通り、COUNT関数一族の一人だよ。

COUNT関数一族にはいろんな種類がいます。
どのタイミングでどのCOUNT関数を使えばいいのか、間違えないようにしたいですね。

COUNTBLANK空白のセルの数を数える
COUNT数値や日付が入力されたセルの数を数える
COUNTA空白以外のセルの数を数える
COUNTIF条件に合うセルの数を数える
COUNTIFS複数の条件に合うセルの数を数える
もりの

COUNTBLANK関数は、COUNTA関数の逆なんだね!

COUNTBLANK関数の使用例

テスト結果をまとめた表があります。
テストを受けなかった科目は、空白になっています。

各科目で、テストを受けなかった人が何人いるか、7行目にカウントしたいと思います。

空白セルをカウントしたい
空白セルをカウントしたい
そらの

英語の時は、日にちを間違えたかと思いましたよ。

やまの

=COUNTBLANK(B2:B6)で、求められるよ。説明するね。

ステップ1

国語のテストを受けなかった人を数えましょう。

セルB7に、「=COUNTBLANK(」と入力してください。

COUNTBLANK関数の書き方
COUNTBLANK関数の書き方
もりの

半角英数入力モードにしてから、入力するんだよね。

ステップ2

COUNTBLANK関数の引数は、「この中に」という、を指定するものでした。
今回は国語のテスト結果が書かれた、セルB2からB6まで、ですね。

セルB2からB6までをドラッグしてください。

範囲をドラッグ
範囲をドラッグ
もりの

引数は関数の括弧の中に入れる式だよね。

ステップ3

エンターキーを押せば、無事、空白セルの数がカウントできました!

空白セルの数がカウントできた
空白セルの数がカウントできた

オートフィルで引っ張れば、完成ですね!

英語ヤバ
英語ヤバ

空白以外のセルをカウントするには

COUNTBLANK関数の逆、空白以外のセルをカウントするには、COUNTA関数を使います。

やまの

COUNTIF関数でもできるけど、COUNTA関数の方が簡単だね。

COUNTA関数、COUNTIF関数、その他のCOUNT一族については、下記ページで詳しくご紹介しています!

これを使えば、例えばチェックリストに漏れがないかなど、確認もできますね!
それでは、お疲れさまでした!

今回のおさらい

  • 空白のセルをカウントするなら「COUNTBLANK関数」
  • =COUNTBLANK(範囲)