【Excel・エクセル】便利すぎるCHOOSE関数の使い方!数値によって結果を変える

もりの

このセルが1なら"○"、2なら"△"、3なら"□"……って10個くらいあるんだけど、IF関数で一つ一つ書いていかないとダメかな?

やまの

数値でよければ、CHOOSE関数が使えるよ。

今回のポイント
  • 条件が数値なら、IF関数よりCHOOSE関数が使えるかも
  • =CHOOSE(この数値が,1ならコレ,2ならコレ……)
  • セルや計算式を引数に使えば、応用ができる

スポンサーリンク

 CHOOSE関数の練習ファイルダウンロード

もりの
 
 

一緒にやってみませんか?

【Excel・エクセル】CHOOSE関数とは

CHOOSE関数のイメージ

たとえば、このセルの値が"1″だったら"月曜日"、"2″だったら火曜日……としたい場合、IF関数でできそうですが、日曜日まで入れ子にして書くのは、大変ですよね。

IFS関数を使っても、いちいち理論値を書くのは面倒!

そんな時に使えるのが、CHOOSE関数です!

CHOOSE関数を使えば、1ならコレ、2ならコレ、という指定が、簡単にできます。

CHOOSE関数はこんなことができるゾ
やまの

ただ、数値じゃないと使えないんよ。

ちなみに、読み方は「チューズ関数」です。

【Excel・エクセル】CHOOSE関数の使い方

関数の書き方

=CHOOSE(インデックス,値1,値2……)

CHOOSEこの数値が1だったら"値1″、2だったら"値2″を表示してね
インデックスこの数値
値1表示したい値
値2表示したい値(最大254個まで)
もりの

引数は1つでも大丈夫!

CHOOSE関数の使用例

では実際に、CHOOSE関数を使ってみましょう。

CHOOSE関数を使って、セルA1に1と入力したらセルB2に「りんご」、2と入力したら「みかん」、3と入力したら「グァバ」と表示されるようにしたいと思います。

番号から果物を呼び出したい
もりの

なぜグァバ?

やまの

=CHOOSE(A2,"りんご","みかん","グァバ")で、求められるよ。説明するね。

ステップ1

セルB2に、「=CHOOSE(」と入力してください。

「=CHOOSE(」と入力
もりの

半角英数入力モードにしてから、入力するんだよね。

ステップ2

最初の引数は「この数値が」という、元になる数値があるセルを指定するものでした。

今回数値はセルA2に入力するので、セルA2をクリックするか、「A2,」と入力してください。

インデックスを決める
やまの

引数はまだ続くから、最後のカンマ(,)を忘れないでね。

ステップ3

2番目以降の引数は、値を指定するものでした。
今回は、1だったら「りんご」と表示させたいので、「"りんご",」と入力します。

もりの

文字列は「""」で囲むんだよね。

その後、2なら「みかん」、3なら「グァバ」と表示させるので「"みかん","グァバ")」と続けます。

CHOOSE関数完成!

完成!

これでCHOOSE関数は完成です、最後にエンターキーを押してください。

ためしにセルA2に、1.2.3のどれかを入力してみてください。

対応する果物がセルB2に表示されれば、成功です!

CHOOSE関数はちゃんと動いている
やまの

ちなみに値にはセルも指定できるから、「=CHOOSE(A2,D3,D4,D5)」でもOKなんよ。

CHOOSE関数の応用

CHOOSE関数の値には、計算式も指定できます。

これを使って、こんな表を作ってみました。

CHOOSE関数を応用した売上計算表

2021年4月現在、軽減税率というものがあり、店内飲食は消費税10%、持ち帰りだと消費税8%になります。
これって計算結構ややこしいかも……

もりの

そのうち、持ち帰りは税金やすかったの?知らない!なんて時代が来るんだよ……

そこで、店内飲食なら1、持ち帰りなら2と入力することで、それぞれの合計税込み金額をだせるようにしてみたいと思います。

ステップ1

セルE3にCHOOSE関数を書いていきます。今回のインデックス(判断する数値が書かれるセル)は、セルD3ですね。

インデックスは消費税のところ

ステップ2

まずセルD3が1だった場合、店内飲食の消費税は10%なので、税込みの金額はセルB3(単価)×D3(個数)×1.1(+10%)となります。
つまり、「B3*C3*1.1」ですね!

消費税10%を加えるには、×1.1すればよいのじゃ

これで値1は終了です。

ステップ3

次にセルD3が2だった場合、持ち帰りの消費税は8%なので、税込みの金額はセルB3(単価)×D3(個数)×1.08(+8%)となります。
つまり、「B3*C3*1.1」ですね!

消費税8%を加えるなら、1.08を掛けるといいのじゃ

これでCHOOSE関数は終了です。最後に「)」、そしてエンターキーを押します。
オートフィルで下まで引っ張るのも忘れずに!

確認

では、さっそく作ったCHOOSE関数を試してみましょう!

個数をテキトーに入れて、セルD3に1か2を入力してみてください。

1なら10%の消費税、2なら8%の消費税込みの金額が、瞬時に出てきますね。

CHOOSE関数の応用で、税込み価格がすぐ分かる!
もりの

お-、そこはかとなく便利そう!

今回の応用は一例ですが、うまく使えばいろんなときに使えそうですよね!

やまの

アイデア一つで大きな可能性を秘めた関数だね。

知らなければ使えませんが、知っていれば使えるときが来るかもしれません!
ぜひ、CHOOSE関数をコンゴトモヨロシク……

もりの

なぜカタコト……?


それでは、お疲れさまでした!

今回のおさらい
  • 条件が数値なら、IF関数よりCHOOSE関数が使えるかも
  • =CHOOSE(この数値が,1ならコレ,2ならコレ……)
  • セルや計算式を引数に使えば、応用ができる