【Excel・エクセル】切り捨てする関数!ROUNDDOWN関数

2021/7/18

もりの

金額の計算をしたいんだけど、小数点以下を切り捨てにする数式ってない?

やまの

切り捨てには、ROUNDDOWN関数を使うんよ。

今回のポイント
  • 切り捨てるにはROUNDDOWN関数
  • =ROUNDDOWN(数値,桁数)
  • 桁数が0なら、小数点以下を切り捨てて整数にできる

スポンサーリンク

 ROUNDDOWN関数の練習ファイルダウンロード

もりの
 
 

一緒にやってみませんか?

【Excel・エクセル】好きな位で切り捨てできる、ROUNDDOWN関数とは

前年比や消費税など割り算したとき、小数点以下を切り捨てたいこともありますよね。

もりの

切り捨てって、何だっけ?

やまのの困った顔
やまの

前の位を0にしちゃう、端数の丸め方だよ。

例えば1.8を整数にする場合、四捨五入なら2ですが、切り捨てなら1になります。

エクセルでこの切り上げをするなら、ROUNDDOWN関数を使えばOKです!
読み方は、「ラウンドダウン関数」です。

やまの

ROUNDDOWN関数には兄弟がいて、それぞれ数値を丸める関数なんよ。

指定した桁数で四捨五入ROUND関数
指定した桁数で切り上げROUNDUP関数
指定した桁数で切り捨てROUNDDOWN関数

今回は、そんな三兄弟の三男坊(?)ROUNDDOWN関数のやり方を、ご紹介します!

【Excel・エクセル】ROUNDDOWN関数の使い方

関数の書き方

=PROUNDDOWN(数値,桁数)

ROUNDDOWNこの数値を切り捨てして!
数値この数値(セルでもOK)
桁数何ケタまでを切り捨てるか

桁数では、どこから切り捨てて0にするか決められます。「0」で小数点以下を切り下げになります。
つまり、整数になるってことですね。

1なら小数点第二位、2なら小数点第三位と細かくなっていき、-1では1の位、-2では10の位と、大まかになっていきます。

桁数と切り捨ての位置
桁数と切り捨て位置
やまの

まぁ、やってみるのが一番だね!

ROUNDDOWN関数の使用例

では実際に、セルA2の数値をROUNDDOWN関数を使って切り捨ててみましょう。

まずセルB4に、小数点以下を切り捨てた整数を出してみます。

ROUNDDOWN関数の練習問題
ROUNDDOWN関数で切り捨てしよう!
やまの

=ROUNDDOWN(A2,0)で、求められるよ。説明するね。

ステップ1

何はともあれ関数を使うので、関数名を入力します。

セルB4に、「=ROUNDDOWN(」と入力してください。

ROUNDDOWN関数の書き始め
俺は、ROUNDDOWN関数を召喚!
もりの

半角英数入力モードにしてから、入力するんだよね。

ステップ2

最初の引数は、どの数値を切り捨てて丸くしたいか、でした。

今回は、セルA2の数値を切り捨てしたいので、セルA2をクリックして、「,(カンマ)」を入れてください。

切り捨てたい数値を指定した画像
切り捨てたい数値を指定
もりの

引数は続くから、「,(カンマ)」が必要なんだね。

ステップ3

次は桁数ですね。

今回は小数点以下を切り捨てるので、「0」と入力しましょう。

これでROUNDDOWN関数は完成です!
最後にカッコを閉じてください。

ROUNDDOWN関数で整数にする指定
整数にするなら「0」

完成!

エンターキーを押せば……

無事、小数点以下を切り捨てて整数にできました!

ROUNDDOWN関数で切り捨てできた画像
ROUNDDOWN関数で切り捨てできた
やまの

兄弟のROUND関数、ROUNDUP関数も、使い方は同じなんよ。

【Excel・エクセル】ROUNDDOWN関数を使った切り捨ての数式の例

もりの

消費税込みの金額の小数点以下を切り捨てたいときは、どんな式になるかな?

やまの

数式とROUNDDOWN関数を、組み合わせてみよう。

2021年の消費税は10%。
小計に1.1を掛けたところ、小数点以下まで出てしまいました。

これをROUNDDOWN関数を使って、小数点以下で切り捨て、整数にしていきましょう。

小数点以下が表示された消費税込みの金額
消費税の小数点以下を切り捨てたい
もりの

しかし店内飲食なら軽減税率と言うものがだね……

やまのののんびりした顔
やまの

じゃあ持ち帰りということで。

ステップ1

消費税の計算式は、小計のセルB4に消費税を加えるために、1.1で掛け算しています。

この結果を、ROUNDDOWN関数で切り捨てれば良さそうです。

小計×1.1という計算式
小計×1.1という計算式だね

この消費税込みの計算式を、ROUNDDOWN関数で囲みます!
これで消費税込みの計算式が、ROUNDDOWN関数の数値ということになりました。

次の引数に続くので、カンマもつけましょう。

消費税込みの計算式をROUNDDOWN関数で囲んだ画像
ROUNDDOWN関数で囲む
もりの

ROUNDDOWN関数の数値には、計算式も使えるのかー。

ステップ2

次に桁数ですが、小数点以下を切り捨てて整数にしたいので「0」にしておきましょう。

ROUNDDOWN関数の桁数を0にした画像
小数点以下を切り捨てたいので「0」

完成!

無事、消費税の小数点以下を切り捨てて整数にできました!

ROUND関数、ROUNDUP関数とセットで覚えておけば、細かい数値も怖くないですね。

消費税を切り捨てできた画像
消費税を切り捨てできた

数式とROUNDDOWN関数を組み合わせれば、切り捨ての計算はばっちりですね!
それでは、お疲れさまでした!

今回のおさらい
  • 切り捨てるにはROUNDDOWN関数
  • =ROUNDDOWN(数値,桁数)
  • 桁数が0なら、小数点以下を切り捨てて整数にできる