【Excel・エクセル】CSVファイルをエクセルに変換する方法!

もりの

CSVをエクセルで保存したいんだけど、どうすればいいの?

やまの

CSVは簡単にエクセルに変換できるんよ。

今回のポイント
  • CSVはエクセルで開ける
  • 「名前を付けて保存」→ファイルの種類を「Excelブック」

スポンサーリンク

【Excel・エクセル】CSVをエクセル変換する方法

CSVからエクセルへの変換は、思ったより簡単にできますよ!

ステップ1

エクセルがインストールされていると、拡張子がCSVでもエクセルのようなアイコンになっていませんか?

ダブルクリックで開くと、エクセルが立ち上がります。

エクセルのアイコンになったCSVファイル
もはやエクセルのようなもの

ちなみにエクセルのアイコンじゃない場合は、「右クリック」→「プログラムから開く」→「Excel」と選んでいってください。

プログラムからExcelを選ぶ画像
プログラムからExcelを選ぶのだ

ステップ2

CSVファイルをエクセルで開いたら、「ファイルタブ」→

ファイルタブの場所
ファイルタブの場所

ステップ2

「名前を付けて保存」と進みます。

名前を付けて保存の場所
名前を付けて保存の場所

ステップ3

保存場所を選んだら、ファイルの種類の右側にある「V」をクリックして「Excelブック(*.xlsx)」を選んでください。

Excelブックを選ぶ
Excelブックを選ぶ

完成!

無事、CSVファイルをエクセルファイルに変換できました!

CSVがエクセルファイルになった
CSVがエクセルファイルになった

これで、CSVデータをエクセルで保存したり送ったりするときも、迷わずに済みますね!
それでは、お疲れさまでした!

今回のおさらい
  • CSVはエクセルで開ける
  • 「名前を付けて保存」→ファイルの種類を「Excelブック」

Excel変換

Posted by morino