【Excel・エクセル】小文字を大文字に変換する、UPPER関数

2020/11/4

もりの

アルファベットが小文字だ……大文字に書き直さないと。

やまの

小文字を大文字にする、UPPER関数を使うんよ!

今回のポイント

  • 小文字を大文字に変換するにはUPPER関数
  • =UPPER(セル)

 UPPER関数の練習ファイルダウンロード

もりの
 
 

一緒にやってみませんか?

【Excel・エクセル】小文字を大文字に変換できるUPPER関数

やっと入力が終わったデータ。
さて、次は……と思っていた矢先、「アルファベットは全部大文字で書かないといけなかった!」と判明したときの絶望感たるや……。

そんな時の強い味方がUPPER関数です!

セル内の小文字をすべて一括で大文字に変換してくれる、便利な関数ですね。

UPPER関数の使用例
小文字部分をすべて大文字に変換してくれる
やまの

大文字と小文字が混在してたり、日本語が入っていても大丈夫だよ。

もりの

いちいち書き直す必要がないんだね!

ちなみに読み方は「アッパー関数」です。

ではさっそく、やり方を見てみましょう。

【Excel・エクセル】小文字を大文字に変換する、UPPER関数の使い方

関数の書き方

=UPPER(文字列)

UPPERこのセルの小文字を大文字に変換して
文字列このセル
もりの

これは簡単そうな予感!

小文字を大文字に変換する、UPPER関数の使用例

下図の小文字が含まれたセルA2を、すべて大文字に変えてみたいと思います。

やまの

=UPPER(A2)で、求められるよ。説明するね。

ステップ1

セルB2に、「=UPPER(」と入力してください。

「=UPPER(」と入力
「=UPPER(」と入力
もりの

半角英数入力モードにしてから、入力するんだよね。

ステップ2

UPPER関数の引数は、「このセル」という、小文字が含まれたセルを指定するもの、一つだけです。
今回大文字に変えたいのは、セルA2ですね。

もりの

引数は関数の括弧の中に入れる式だよね。

「=(」の続きに、「A2)」と入力するか、セルA2をクリックしてください。

UPPER関数の書き方
セルをクリックした方が、簡単かも

ステップ3

やまの

最後にエンターキーを押せば、完成だよ。

もりの

やはり簡単!

小文字のセルが大文字に変換された
小文字のセルが大文字に変換された

ステップ4

後はオートフィルで下まで引っ張れば、複数の小文字のセルを一括で大文字に変換できますね!

オートフィルで
オートフィルで
複数セルの小文字を大文字に一括変換
複数セルの小文字を大文字に一括変換
もりの

オートフィル?

やまの

セルの右下にあるフィルハンドルを下に引っ張るんだよ。

詳しくは、下記ページでご紹介しています!

これで、小文字で書いたセルも安心できますね!
それでは、お疲れさまでした!

今回のポイント

  • 小文字を大文字に変換するにはUPPER関数
  • =UPPER(セル)