【Excel・エクセル】ピボットテーブルの削除方法!フィールドだけの削除も

もりの

ピボットテーブルの削除ってどうやるの?

やまの

ピボットテーブル全部の削除か、ピボットテーブルのフィールドの削除かで、やり方が違うんよ。

今回のポイント
  • ピボットテーブルの削除はピボットテーブル全体を選択→Delete
  • フィールドの削除はフィールドをクリック→「フィールドの削除」
  • フィールドの更新は「ピボットテーブル分析」→「更新」

スポンサーリンク

【Excel・エクセル】ピボットテーブルを削除したい

作成したピボットテーブルは、もちろん削除できます。

ピボットテーブル自体を削除するには、ピボットテーブルを全部選択して、Deleteキーを押します。

やまの

ちなみに、ピボットテーブルの作成方法はこちらをどうぞ。

ステップ1

どこでもいいので、削除したいピボットテーブル内をクリックします。

ピボットテーブル内をクリックした画像
ピボットテーブル内をクリック

ステップ2

「ピボットテーブル ツール 分析」→アクションのところにある「選択」をクリックしてください。

選択の場所
選択の場所
やまの

ただ単に「分析」って書いてあることも。

ステップ3

出てきたメニューから「ピボットテーブル全体」をクリックします。

ピボットテーブル全体の場所
ピボットテーブル全体を選ぶ

ピボットテーブル全体が選択できました!

ピボットテーブル全体が選択された画像
ピボットテーブル全体が選択できた

ステップ4

デリートキーを押します。

デリートキーの場所
デリートキーの場所

完了!

無事きれいさっぱり、ピボットテーブルが削除できました!

完全に削除されたので、右側にあったピボットテーブルのフィールドもなくなりました。

ピボットテーブル削除できた画像
ピボットテーブル削除完了

【Excel・エクセル】ピボットテーブルのフィールドを削除したい

もりの

あ、いや、ピボットテーブルのデータ部分を削除したかったんだけど……

やまの

ピボットテーブルのフィールドの削除ってことかな。


<p class=ステップ1

ピボットテーブル内をどこでもいいのでクリックし、ピボットテーブルのフィールドを表示させます。

ピボットテーブルのフィールドを呼び出す

もし表示されない場合、「ピボットテーブル分析」→表示のところにある「フィールドリスト」をクリックしてみてください。

フィールドリストの場所
フィールドリストの場所

ステップ2

削除したいフィールドをクリックします。

今回は性別の行を削除したいので、行のところにある性別をクリックします。

削除したいフィールドをクリック
削除したいフィールドをクリック

ステップ3

でてきたメニューから「フィールドの削除」をクリックしてください。

フィールドの削除の場所
フィールドの削除

完了!

無事ピボットテーブルの行を削除できました!

ピボットテーブルの行を削除した画像
フィールド行が削除できた!
やまの

別の方法もあるよ。

削除したいフィールドをドラッグアンドドロップで外に出しても、フィールドは削除できます。

こっちの方が直感的で分かりやすいかもしれませんね。

もう一つのフィールドの削除方法
フィールドを外へ追い出す感じ

【Excel・エクセル】ピボットテーブルの元データを削除した場合

どうやらハイコースは人気がないようなので、コースを廃止。

元データからもハイコースをすべて削除しました。

ハイコースを削除した画像
さよなら、ハイコース

しかしピボットテーブルを見てみると、削除したはずのハイコースの行がまだ残っています。

ピボットテーブルでは削除されていないハイコース
私はここにいる……
もりの

こ、こ、、怖い話!?

やまのののんびりした顔
やまの

そう、このピボットテーブルは呪われている。

そんなことはなく、ピボットテーブルを更新してあげれば解決します!

ステップ1

ピボットテーブルをクリックし、「ピボットテーブル分析」→データのところにある「更新」をクリックしてください。

更新の場所
更新の場所

完了!

無事ピボットテーブルが更新されました!

元データで削除したハイコースは、ピボットテーブルからも削除されましたね。

元データで削除した項目が更新された画像
ハイコースの呪いは解けた

これで、ピボットテーブルを自由に挿入、削除ができますね!
それでは、お疲れさまでした!

今回のおさらい
  • ピボットテーブルの削除はピボットテーブル全体を選択→Delete
  • フィールドの削除はフィールドをクリック→「フィールドの削除」
  • フィールドの更新は「ピボットテーブル分析」→「更新」
<!-- wp:image {"align":"center","id":12295,"width":378,"height":314,"sizeSlug":"full","linkDestination":"none","className":"wimg"} -->
<div class="wp-block-image wimg"><figure class="aligncenter size-full is-resized"><img loading=
ピボットテーブルの行を削除したい

ステップ1

ピボットテーブル内をどこでもいいのでクリックし、ピボットテーブルのフィールドを表示させます。

ピボットテーブルのフィールドを呼び出す

もし表示されない場合、「ピボットテーブル分析」→表示のところにある「フィールドリスト」をクリックしてみてください。

フィールドリストの場所
フィールドリストの場所

ステップ2

削除したいフィールドをクリックします。

今回は性別の行を削除したいので、行のところにある性別をクリックします。

削除したいフィールドをクリック
削除したいフィールドをクリック

ステップ3

でてきたメニューから「フィールドの削除」をクリックしてください。

フィールドの削除の場所
フィールドの削除

完了!

無事ピボットテーブルの行を削除できました!

ピボットテーブルの行を削除した画像
フィールド行が削除できた!
やまの

別の方法もあるよ。

削除したいフィールドをドラッグアンドドロップで外に出しても、フィールドは削除できます。

こっちの方が直感的で分かりやすいかもしれませんね。

もう一つのフィールドの削除方法
フィールドを外へ追い出す感じ

【Excel・エクセル】ピボットテーブルの元データを削除した場合

どうやらハイコースは人気がないようなので、コースを廃止。

元データからもハイコースをすべて削除しました。

ハイコースを削除した画像
さよなら、ハイコース

しかしピボットテーブルを見てみると、削除したはずのハイコースの行がまだ残っています。

ピボットテーブルでは削除されていないハイコース
私はここにいる……
もりの

こ、こ、、怖い話!?

やまのののんびりした顔
やまの

そう、このピボットテーブルは呪われている。

そんなことはなく、ピボットテーブルを更新してあげれば解決します!

ステップ1

ピボットテーブルをクリックし、「ピボットテーブル分析」→データのところにある「更新」をクリックしてください。

更新の場所
更新の場所

完了!

無事ピボットテーブルが更新されました!

元データで削除したハイコースは、ピボットテーブルからも削除されましたね。

元データで削除した項目が更新された画像
ハイコースの呪いは解けた

これで、ピボットテーブルを自由に挿入、削除ができますね!
それでは、お疲れさまでした!

今回のおさらい
  • ピボットテーブルの削除はピボットテーブル全体を選択→Delete
  • フィールドの削除はフィールドをクリック→「フィールドの削除」
  • フィールドの更新は「ピボットテーブル分析」→「更新」

もりのが言いたいのは、この表の性別の行を削除したいなど、ピボットテーブルの項目を削除したい場合ですね。

<!-- wp:image {"align":"center","id":12295,"width":378,"height":314,"sizeSlug":"full","linkDestination":"none","className":"wimg"} -->
<div class="wp-block-image wimg"><figure class="aligncenter size-full is-resized"><img loading=
ピボットテーブルの行を削除したい

ステップ1

ピボットテーブル内をどこでもいいのでクリックし、ピボットテーブルのフィールドを表示させます。

ピボットテーブルのフィールドを呼び出す

もし表示されない場合、「ピボットテーブル分析」→表示のところにある「フィールドリスト」をクリックしてみてください。

フィールドリストの場所
フィールドリストの場所

ステップ2

削除したいフィールドをクリックします。

今回は性別の行を削除したいので、行のところにある性別をクリックします。

削除したいフィールドをクリック
削除したいフィールドをクリック

ステップ3

でてきたメニューから「フィールドの削除」をクリックしてください。

フィールドの削除の場所
フィールドの削除

完了!

無事ピボットテーブルの行を削除できました!

ピボットテーブルの行を削除した画像
フィールド行が削除できた!
やまの

別の方法もあるよ。

削除したいフィールドをドラッグアンドドロップで外に出しても、フィールドは削除できます。

こっちの方が直感的で分かりやすいかもしれませんね。

もう一つのフィールドの削除方法
フィールドを外へ追い出す感じ

【Excel・エクセル】ピボットテーブルの元データを削除した場合

どうやらハイコースは人気がないようなので、コースを廃止。

元データからもハイコースをすべて削除しました。

ハイコースを削除した画像
さよなら、ハイコース

しかしピボットテーブルを見てみると、削除したはずのハイコースの行がまだ残っています。

ピボットテーブルでは削除されていないハイコース
私はここにいる……
もりの

こ、こ、、怖い話!?

やまのののんびりした顔
やまの

そう、このピボットテーブルは呪われている。

そんなことはなく、ピボットテーブルを更新してあげれば解決します!

ステップ1

ピボットテーブルをクリックし、「ピボットテーブル分析」→データのところにある「更新」をクリックしてください。

更新の場所
更新の場所

完了!

無事ピボットテーブルが更新されました!

元データで削除したハイコースは、ピボットテーブルからも削除されましたね。

元データで削除した項目が更新された画像
ハイコースの呪いは解けた

これで、ピボットテーブルを自由に挿入、削除ができますね!
それでは、お疲れさまでした!

今回のおさらい
  • ピボットテーブルの削除はピボットテーブル全体を選択→Delete
  • フィールドの削除はフィールドをクリック→「フィールドの削除」
  • フィールドの更新は「ピボットテーブル分析」→「更新」