【Excel・エクセル】エラーを空白にしたい!IFERROR関数の使い方

もりの

計算式がエラーになった場合、空白にしたいんだ。

やまの

IFERROR関数の出番だね!

今回のポイント
  • エラーの時に表示を変えたいなら、IFERROR関数
  • =IFERROR(値,エラーの場合の値)
  • VLOOKUP関数と組み合わせて使うことが多い

スポンサーリンク

 IFERROR関数の練習ファイルダウンロード

もりの
 
 

一緒にやってみませんか?

【Excel・エクセル】エラーを判定できる、ISERROR関数とは?

エラーだった場合に、エラーではなく空白にしたい

例えば成約件数の前年比を計算していて、前年いなかった社員の場合、割り算できずにエラーになってしまいます。

もりの

でもエラー表示は嫌だから、エラーを空白にできないかなぁ?

IF関数ISERROR関数を組み合わせてもできますが、同じ計算式2回も入れるとよく分かんなくなるし……。
なんかもっとサクッとできないものか?

やまの

そこで、エラーの時の表示を指定できる、IFERROR関数の出番ってわけなんよ。

IFERROR関数は、指定する計算式がエラーだった場合、こう表示してね、という指定ができる関数です。
ちなみに、読み方は「イフエラー」です。いかにも「もしエラーだったら」って感じですね!

まずは、このIFERROR関数の使い方について、詳しく見ていきましょう!

【Excel・エクセル】IFERROR関数の使い方

関数の書き方

=IFERROR(値,エラーの場合の値)

IFERRORこの計算式(セル)がエラーだったら、こう表示してね
この計算式(セル)
エラーの場合の値エラーだったらこうしてね

エラーの場合の値は「""」で空白に、「0」で0表示にできます。
また、別のエラーにならない計算式にしてもOKです。

もりの

なんか、便利そうな予感!

やまの

ちなみに、IFERROR関数がエラーと判断するのは、以下のエラー値の場合だよ。

#DIV/0!0で割り算している
#NULL!指定したセル範囲が間違っている
#VALUE!関数の引数が間違っている
#N/A対象のデータが見つからない
#NUM!関数の数値が間違っている
#NAME?関数名が間違っている
#REF!参照していたセルが消された

IFERROR関数の使用例

前年比を計算している表があります。
セルD3に前年比を計算式して、エラーの場合はIFERROR関数を使って、空白にしたいと思います。

IFERROR関数を使って、エラーを空白にする
もりの

前年比はC列÷B列だよね。

やまの

つまり、=IFERROR(C3/B3,"")で、求められるよ。説明するね。

ステップ1

セルD3に、「=(」と入力してください。

もりの

半角英数入力モードにしてから、入力するんだよね。

ステップ2

IFERROR関数では、まずエラーかどうかを判断する計算式を指定します。今回は、前年比の計算でエラーになるかを調べたいんですよね。

もりの

僕の前年比の計算だから、セルC3÷B3ってことだよね。

「=(」の続きに、「C3/B3,」と入力してください。

図のようになっていれば、OKです!

IFERROR関数の値まで入力

ステップ3

次に、「もしエラーだった場合、何を表示したいのか」を決めます。

今回は、エラーだったら空白にしたいので、空白を表す「""」を入力します。

空白にしたいなら「""」

ステップ4

これでIFERROR関数は終わりなので、最後にカッコを閉じましょう

エンターキーを押すと、もりのの前年比が計算されました。

IFERROR関数の完成じゃ
やまの

C3÷B3はエラーにはならないから、そのまま計算されたんよ。

完成!

では、オートフィルで下まで引っ張ってみましょう。

セルD6は今までエラー表示されていましたが、無事空白になりましたね!

IFERROR関数で、エラーを空白にできた!

【Excel・エクセル】IFERROR関数とVLOOKUP関数を組み合わせる

VLOOKUP関数を使った表

IFERROR関数は、VLOOKUP関数と組み合わせて使うことが多いです。
たとえばこの表では、従業員の名前を入力すれば、その人の本年度売り上げがVLOOKUP関数で検索され、表示されます。

もりの

従業員にいない人の名前を入力したら、「#N/A」ってエラーが表示されるのが嫌なんだ。

やまの

IFERROR関数を使って、エラーの場合別の文字列を表示させてみよう。

※練習ファイルをダウンロードされた場合、Sheet2へ移動してください。

ステップ1

ではまず、IFERROR関数から書いていきます。

セルB9に「=IFERROR(」と入力してください。

まずはIFERROR関数を書いていく

ステップ2

次に、エラーになるかもしれない値です。

これは普通にVLOOKUP関数を書いていきます。

VLOOKUP(VLOOKUP(A9,$A$2:$C$6,3,0),」となります。

VLOOKUP関数を訳すと、「セルA9(名前を入力するセル)の値をセルA3~A6の中から探して、該当行の右から3番目の値を抽出する」ってことになります。

VLOOKUP関数については、下記ページをご参照ください。

もりの

最後のカンマ(,)を忘れないでね。

やまの

関数の中に関数を入れることを、ネストとか入れ子とか言うよ。

ステップ3

次に、VLOOKUP関数でエラーになったらなんて表示させたいか、を決めます。

今回は「そんな人いないよ」という文字列を表示させてみましょう。
続きに「"そんな人いないよ"」と入力してください。

エラーだった場合の表示を決める
やまの

文字を表示させたいなら、「""」で囲むのを忘れないでね。

完成!

これで式は完成です!最後に「」でIFERROR関数を締めて、エンターキーを押してください。

IFERROR関数とVLOOKUP関数の組み合わせ完了

セルA9に従業員名を入力すると、該当の売上がVLOOKUP関数によって抽出されました。

VLOOKUP関数で検索できた

そして一覧にない名前を入力したら、「そんな人いないよ」になりました。

本来エラーになるはずなので、IFERROR関数大成功ですね!

エラーの場合、指定した文字が表示された
うみの

…………。

何はともあれ、これでエラーが出てきても対処できますね!
それでは、お疲れさまでした!

今回のおさらい
  • エラーの時に表示を変えたいなら、IFERROR関数
  • =IFERROR(値,エラーの場合の値)
  • VLOOKUP関数と組み合わせて使うことが多い