【Excel・エクセル】データは少ないのに重い、サイズが大きいときの原因と改善方法

2020/11/6

気付かずに重いものを引きずる人
もりの

データいっぱい消したのに、なんか重いなぁ?

やまの

見えないデータが残ってるからかもしれんよ。

今回のポイント

  • Deleteキーではなく削除する
  • 計算が済んだ数式は値にする
  • 不要な条件付き書式を消す
  • 画像がある場合、圧縮してみる

【Excel・エクセル】コピーしたり削除するときに重い原因

ゴミが溜まっているイメージ

データ量がいっぱいになったExcelファイル。いらない箇所を消して、また追加して、コピペして……。

そうしてずっと使っていると、いつの間にかデータを消しても軽くならず、立ち上がりやコピーなどちょっとした処理でクルクル……って重すぎる!

いらないデータは消したし、見た目には問題なさそうなのに何で?と思いますが、その原因は、目には見えないゴミデータが溜まっているからなんです!

もりの

完全には消せないの?

やまの

Deleteキーじゃダメなんよ。

残念ながら、Deleteキーで消すだけでは不十分な場合があるのです。
データを消すときは、削除してあげた方がいいかもしれませんね。

もりの

デリートキーで消すのと削除は違うもの?

【Excel・エクセル】重いときの改善策1、見えないデータの消し方

見えないデータのイメージ

見えないデータは、いろんなところに潜んでいます。
Excelが重たいときはその隠れ場所を探って、原因をすっきり解消しましょう!

消したはずのデータが残っている

まずは、目に見えないデータが潜んでないか、5ステップで探ってみましょう。

ステップ1

データを消したのに重い場合、「Ctrlキー+Endキー」を押してみてください。

CtrlキーとEndキーの場所
CtrlキーとEndキーの場所

これは、そのシートでデータが入っている、一番最後のセルにジャンプするショートカットキーです。

Ctrlキー+Endキーを押して、思っていた最後のセルを通り越し、見た目には何も入っていない空白のセルまでジャンプした場合、目に見える最後のセルからジャンプしてきたセルまでの、全部のセルにゴミデータが溜まっている可能性が高いです。

思わぬセルに飛んだ場合
思わぬセルに飛んだ場合

ステップ2

そんな時はカーソルが飛んだ行を行選択して、

10行目を行選択した画像
10行目に飛んだら、10行目を行選択

「Ctrlキー+Shiftキー+↑キー」を押してください。

Ctrlキー、Shiftキー、↑キーの場所
Ctrlキー、Shiftキー、↑キーの場所

目に見える、一番最後の行に移動しました。

一番最後の行に移動
一番最後の行に移動

ステップ3

このままだと一番最後の数値が入った行も消してしまうので、「Shiftキー+↓キー」を押してください。

Shiftキー、↓キーの場所
Shiftキー、↓キーの場所

目に見える最後の行より下が選択されました。

最後の行より下が選択
最後の行より下が選択

ステップ4

この状態で、右クリック→行の削除を選ぶか、「Ctrlキー+-(マイナス)キー」を押してください。

削除のショートカットキー
削除のショートカットキー

これで、ゴミデータが削除されました!

もりの

でも、まだ動きが重たいなぁ?

ステップ5

削除した後、「上書き保存」をしてみてください。これで完全にゴミデータが消え、動きが軽くなりますよ。

もりの

上書き保存は「Ctrlキー」+「Sキー」だったよね。

やまの

列にもゴミデータが溜まっていたら、列削除してあげてね。

列にゴミが溜まっていた場合

同じく「Ctrlキー+Endキー」で最後のセルまで行ったとき、列にも見えないゴミデータが溜まっていたら、行と同じように以下の方法で削除してください。

Ctrlキー、Endキーの場所
Ctrlキー、Endキーの場所
  1. 最後のセルの列を選択
  2. 「Ctrlキー+Shiftキー+←キー」を同時に押す
  3. 「Shiftキー+→キー」 を押す
  4. 右クリックして列の削除を選択するか、Ctrlキー+-(マイナス)キーを押す
  5. 上書き保存をする

これで、ゴミデータの削除ができました!
Excelの重さが改善されたか、確認してみてください。

数式を値で貼り付ける、簡単な式にして軽くする

数式や関数はExcelが式を計算して、その結果が表示されています。

一度計算をしないといけないので、もちろんただの数値より容量が必要です。
同じ「5」でも、「5」と入力するのと「=3+2」と入力するのでは、数式を使った方が重くなるんです。

そこで、数式を残す必要のないセルは数式を値に変えて、Excelの重さを改善しましょう。

数式が入ったセル

ステップ1

数式が書かれたセルを選択して、「コピー」してください。コピーしたら場所は変えず、そのまま「貼り付け」ます。

もりの

え、そのまま貼り付けていいの?

ステップ2

貼り付けたら、貼り付けた範囲の右下に出てくる「貼り付けのオプション」をクリックします。

貼り付けのオプション

ステップ3

出てきたメニューから、値の貼り付けの「値」を選んでください。

値を選択
値を選択

これで、数式が値になりました。

数式が値になった
数式が値になり、軽くなった

また、数式が必要で値にできない場合、簡単な数式に書き換えるのも有効です。
例えば、「=B5+B6+B7+B8+B9+B10」と書くより、「=SUM(B5:B10)」と書いた方がずっと簡単ですよね。

このくらいではさほど変わりはないですが、関数などを多用した複雑な数式になってくると、計算はどんどん難しくなり、重くなることに。

今使っている関数とは別の関数で、もっと簡単にできる方法はないか、確認してみてください。
たとえばExcel2019なら、IF関数に複数の条件を付ける際、入れ子(ネスト)にしなくても、IFS関数で簡単にできます

条件付き書式が重い原因のことも

もりの

僕は実際これで悩まされたよ~

条件付き書式を設定したセルをコピペすると、条件付き書式も一緒にコピペされます

条件付き書式
条件付き書式

また、条件付き書式もDeleteキーでは消えません
そうやって、条件付き書式付きセルをコピペしているうちに、知らず知らず条件付き書式が溜まっていってしまうのです。

今までの方法を試しても重さが改善されないときは、条件付き書式も覗いてみてくださ。

やまの

条件付き書式はコピペしたくない場合、値で貼り付けするといいよ!

ステップ1

条件付き書式がついているかは、「ホームタブ」→スタイルのところにある「条件付き書式」をクリックして、

条件付き書式の場所
条件付き書式の場所

出てきたメニューの「ルールの管理」で確認できます。

ルールの管理の場所
ルールの管理の場所

ステップ2

「条件付き書式ルールの管理ダイアログボックス」が出てきました。
この中から不要な条件付き書式があった場合は、「ルールの削除」をしちゃいましょう。

不要な書式は削除する
不要な書式は削除する

確認する際は、選択範囲に気をつけてくださいね。
セル単位ではついてなくても、シート全体にしてみると、意外に潜んでいるかもしれません。

どこに潜んでいるか分からない
どこに潜んでいるか分からない

隠れた行や列がないか確認する

行や列が一部非表示になっていて、そこにゴミが溜まっている可能性もあります。
行や列が非表示になっていないか、確認してみましょう。

非表示になっているかどうかは、行番号や列番号を見れば分かります。

下図には行、列それぞれ一か所、非表示の部分がありますが、分かりますでしょうか?

一部非表示になった表
一部非表示になった表

行は6行目~12行目です。5の下が13になっていますね。
列はF列とG列です。Eの右がHになっています。

非表示になっている部分
非表示になっている行
非表示になっている列
非表示になっている列

どちらも隠れている部分が二重棒線になっていますね。

重いファイルの中に、続き番号になっていないところ、線が二重になっているところがあれば、何らかのデータが非表示になっています

やまの

どんなデータがあるか見てみよう。

ステップ1

非表示の部分を表示するにはまず、非表示になっている行や列を囲むように行、または列選択します。

行の場合
行の場合
列の場合
列の場合

ステップ2

選択できたら「右クリック」→「再表示」をクリックしてください。

右クリックから再表示を選ぶ
右クリックから再表示を選ぶ

すると、隠れていた行や列が表示されました!

隠れてたデータが現れた
隠れてたデータが現れた!

このデータがいらないゴミデータだった場合は、バッサリ削除して軽くしちゃいましょう!

非表示の行や列を探しやすくする方法

もりの

でも、非表示の目印って分かりにくくない?

やまの

ちょっと見やすくなる方法もあるから、やってみよう。

ステップ1

「Ctrlキー」+「Gキー」を押してみてください。

ジャンプのショートカットキー
ジャンプのショートカットキー

ステップ2

すると「ジャンプダイアログボックス」が出てくるので、左下の「セル選択」をクリックします。

ジャンプダイアログボックス
ジャンプダイアログボックス

ステップ3

すると今度は「選択オプションダイアログボックス」が出てくるので、「可視セル」をクリックしてチェックを入れて、OKをクリックしてください。

選択オプションダイアログボックス
選択オプションダイアログボックス

すると、非表示の行や列に、うっすら線が入りました。

これを目印にすると、分かりやすいかもしれません。

うっすら線が入った
うっすら線が入った

隠れたシートにゴミデータがないか確認する

目に見えないのは行や列だけではありません。
非表示にされたシートがゴミの掃きだめみたいになっていることも考えられます。

シートを非表示にすると、画面下のシート一覧にも表示されず、見ただけではほかにシートがあるなんて考えもしません
自分で作成して使っているなら分かるかもしれませんが、先任から引き継いでいたり、数人で共有して使っていたりする場合、確認してみる価値はあります。

シートの画像
まさかほかにもシートがあるなんて

確認方法はとても簡単、たったの2ステップです!

ステップ1

シート名の上で右クリックし、出てきたメニューから「再表示」を確認します。

ここが選べるようであれば、隠れたシートが存在します!

右クリックして再表示
右クリックして再表示

やまの

非表示のシートがない場合、薄い字になっていて選べないんよ。

ステップ2

クリックすると、非表示になったシートの一覧が出てきました。シート名をクリックしてOKをクリックすれば、シートが表示されます。

隠れたシートの一覧
隠れたシートの一覧

やや、くせ者!忍びが現れました!いや、隠れていたシートが表示されました。

ここに大量のデータが隠れていた、ということも考えられるので、試しに右クリックで確認してみてください。

古くていらないデータが潜んでいることも

【Excel・エクセル】重いときの改善策2、 ゴミデータがない場合

今までの方法で重い原因が見当たらない場合、ゴミデータ以外の原因を突き止めないと、データは軽くなりません。

セル参照の計算式が多い場合、自動計算を止める

計算するイメージ

VLOOKUP関数のように、ほかのセルを参照する関数や数式は、実は一度計算したら終わりではありません。
事あるごとに再計算を行っているのです。

別のセルを参照した数式や関数では、エクセルさんはファイルを開いたり、どこかのセルを修正したりするたびに、毎回「どこのセルだろー?」と探しに行くわけです。

数十個程度ならエクセルさんも優秀なのですぐに答えを出してくれますが、何千、何万と探しに行くとなると、話は別です。
一つ処理をするたびに反応が遅くなったり固まったりするのは、それが原因の可能性も。

もりの

なんかかわいそう……、そんなに頑張らなくても大丈夫だよって言ってあげたい!

やまの

言ってあげよう!

事あるごとに再計算をする設定から、やってほしいときにだけ再設定をする設定に切り替えられます。

ステップ1

「数式タブ」→計算方法のところにある「計算方法の設定」をクリックしてください。

計算方法の設定の場所
計算方法の設定の場所

ステップ2

出てきたメニューから、「手動」をクリックしてください。

計算方法の設定のメニュー
手動をクリック

これで、手動計算になりました。
本当に手動計算になっているか、単純な足し算を書いて確かめてみます。

簡単な足し算の図
簡単な足し算

ここから、セルD2の数値を変えてみても……答えの9が変わりません!

再計算んをしゅでうにしたときの計算式の画像
答えが自動で更新されない

手動で数式の計算をさせるには

再計算してほしいときは、「数式タブ」→計算方法のところにある「再計算実行」をクリックします。

再計算実行の場所
再計算実行の場所

すると再計算され、正しい答えに更新されました!

再計算された画像
再計算された
やまの

ちなみに「再計算実行」はブック全体、「シート再計算」はシート内の再計算を行うよ。

コピーのたびに重くなる、遅くなるなど、一つ一つの動作ごとに固まってしまうときは、一度試してみてください。
再計算を実行するとき以外は快適になるはずです!

そもそものデータ量が多い可能性

基本的にエクセルファイルのデータ容量は、だいたい1MB以下です。
これが1MBを超えてくると、だんだんと遅くなっていきます。

目に見えるだけでも万単位のデータがあるのなら、少しでも軽くするために、別のシートやエクセルファイルに分けて保存するなどの対策が必要かもしれません。

4MBを超えるExcelデータの画像
エクセルもヒーヒー言う容量

【Excel・エクセル】重いときの改善策3、画像を圧縮して軽くする

圧縮のイメージ

きれいな画像があったりたくさんの画像がある場合、画像がエクセルの重さの原因になっているかも

トリミングしている時も要注意!見た目には切り取られていますが、データとしてはしっかり残っているのです。トリミングした画像は、元に戻せますもんね^^;
戻せるってことは、データが残っているということ!

トリミングした画像
トリミングした画像も
もう一度トリミングで元に戻せる
もう一度トリミングで元に戻せる

そんな画像たちを圧縮して軽くするのも、試してみる価値はあります。

ステップ1

軽くしたい画像をクリックすると、タブの一番右に「図ツール 書式」が現れます!
「図ツール 書式タブ」→調整のところにある「図の圧縮」をクリックしてください。

図の圧縮の場所
図の圧縮の場所

ステップ2

すると「画像の圧縮ダイアログボックス」が出てきました。

画像の圧縮ダイアログボックス
画像の圧縮ダイアログボックス

上にある「圧縮オプション」を見てください。

この画像だけに適応するクリックした画像だけ軽くするか、すべての画像を軽くするかを選べます。
チェックを入れると、すべての画像が軽くなります。
図のトリミング部分を削除するチェックを入れると、トリミングした画像の消した部分が完全に消え去ります。
軽くなりますが、元には戻せなくなるのでご注意を

ステップ3

どちらか、または両方、必要な箇所をクリックしてチェックを入れて、「OK」をクリックしてください。

チェックを入れてOKをクリック
チェックを入れてOKをクリック

今回は両方にチェックを入れたので、画像が圧縮されて軽くなり、トリミングで消した部分は完全に削除されました!

トリミングした部分が完全に削除された
もう、戻らない……
やまの

圧縮すると画像が荒くなっちゃうから、気を付けてね!

もりの

確かにシロクマさんのサングラスとかちょっとギザギザしちゃったね。

いらないデータはどんどん消した方がいいですが、間違って大事なデータまで消さないように気を付けてくださいね!
それでは、お疲れさまでした!

今回のおさらい

  • Deleteキーではなく削除する
  • 計算が済んだ数式は値にする
  • 不要な条件付き書式を消す
  • 画像がある場合、圧縮してみる