【Word・ワード】ページの削除方法と、最後の空白ページの消し方!

2020/9/28

もりの

この文書の、2ページ目だけを消したいんだ。

そらの

ページをごっそり削除して差し上げましょう。

今回のポイント
  • ページを指定して削除はできないので、範囲選択して削除する
  • 最後にできた空白ページは、行間を狭めて消す
  • 改ページで空白ページができた可能性も

スポンサーリンク

【Word・ワード】ページの削除方法

ワードで文書を書いていると、このページは削除したいな……と思うことがありますよね。
しかしワードさんはページという概念を、認識しているようでしていません。

削除したいページの画像
〇ページを消す、なんて操作はできない
もりの

どゆことー?

そらの

エクセルのシートのように、右クリックから削除♪なんてことはできないのです。

そのため、手動で消す範囲を選んで、デリートキーで消す!という方法を使います。

ページの削除方法1.Shiftキーで選択

「Shiftキー」を押しながら文書内をクリックすると、カーソルがあった位置からクリックした位置までが範囲選択されます。

この方法を使って、いらない2ページ目を消したいと思います。

ステップ1

まず、消したいページの先頭をクリックして、カーソルを移動させてください。

消したいページの先頭をクリック
消したいページの先頭をクリック

ステップ2

今度は消したいページの末尾を、「Shiftキー」を押しながらクリックしてください。

消したいページの末尾
消したいページの末尾をShift+クリック

ステップ3

すると、最初にクリックしたところから「Shiftキー」を押しながらクリックしたところまでが、すべて選択されました。

この状態で「デリートキー」を押してみてください。

消したいページをすべて選択
消したいページをすべて選択して、デリートキー

完了!

無事、2ページ目を削除できました!

ページの削除方法2.ジャンプ機能を使う方法

もう一つ、「ジャンプ機能」を使った方法をご紹介します。

ステップ1

消したいページを、どこでもいいのでクリックします。

消したいページをクリックした画像
消したいページをクリック

ステップ2

クリックしたら「Ctrlキー」+「Gキー」を押してみてください。

検索と置換ダイアログボックスが出てきました。

検索と置換ダイアログボックス
検索と置換ダイアログボックス

ステップ3

「移動先」を「ページ」にして、「ページ番号」に「\page」と入力してください。
コピペでもOKです。

¥pageと入力した画像
秘密の暗号「\page」を入力すると……?

ステップ4

最後に「ジャンプ」→「閉じる」の順にクリックします。

ジャンプ→閉じるをクリック
ジャンプ→閉じるをクリック

ステップ5

すると、2ページ目がすべて選択されました。

この状態で「デリートキー」を押してみてください。

消したいページをすべて選択
消したいページをすべて選択して、デリートキー

完了!

無事、2ページ目を削除できました!

【Word・ワード】複数ページを一括で削除

例えば5ページ~9ページまで、複数ページを一括で削除するには、どうすればいいでしょう?

もりの

Shiftキー+クリックで複数ページ選択して、デリートキーで削除できるよね。

そらの

それでもできますが、スクロールが大変です。一括でサクッとページを削除してみましょう。

複数ページの一括削除方法1.複数ページを表示して選択

ステップ1

まず、消したいページの先頭をクリックして、カーソルを移動させてください。

消したいページの先頭をクリック
消したいページの先頭をクリック

ステップ2

「Ctrlキー」を押しながら、マウスのホイールを後ろに回してください。

自分の方向に回すんですね。

ホイールの画像
これがホイール

回せば回すほど1ページが小さくなり、たくさんページが表示されました。

ちなみにホイールを前(外側)に回せば、表示が大きくなります。

複数ページが表示
複数ページが表示されるようになる

または、画面右下の「ズームスライダー」を左にドラッグしても、表示を縮小できます。

ズームスライダーの場所
ズームスライダーの場所
複数ページが表示されない場合

縮小しても複数ページが表示されない場合。

画像のように、縦にページが並ぶ場合。

縮小しても複数ページ表示されない画像
なぜか縦に並ぶ

そんな時は「表示タブ」→ズームのところにある「複数ページ」をクリックしてみてください。

複数ページの場所
複数ページの場所

ステップ3

消したいページの末尾を「Shiftキー」を押しながらクリックすれば、範囲選択できます。

あとは、デリートキーを押せば、複数ページを一括で削除できます。

Shiftキーを押しながらクリック
Shiftキーを押しながらクリック

ステップ4

もりの

待って待って、小さすぎて見にくいよ?

そらの

表示サイズを元に戻しましょう。

「表示タブ」→ズームのところにある「100%」で元のサイズに戻ります。

100%で元に戻る

複数ページの一括削除方法2.拡張選択モードで選択

そらの

ページ番号から指定するやり方もありますよ。

拡張選択モードを使って、複数ページを選択できます。

もりの

拡張選択モード……とんでもなく難しそうな予感!

そらの

ボタン一つでできるので、ご安心ください。

ステップ1

まず、消したいページの先頭をクリックして、カーソルを移動させてください。

消したいページの先頭をクリック
消したいページの先頭をクリック

ステップ2

「F8キー」を押してください。これで「拡張選択モード」に切り替わりました!

F8の場所
F8の場所
そらの

拡張選択モードになると、クリックしただけでその範囲が選択されます。

ステップ3

拡張選択モードにしたら、「Ctrlキー」+「Gキー」を押してみてください。
「F5キー」でも構いません。

検索と置換ダイアログボックスが出てきました。

検索と置換ダイアログボックス
検索と置換ダイアログボックス

ステップ3

「移動先」を「ページ」にして、「ページ番号」に「消したいページ数+1」を入力してください。

もりの

4ページまでを消したい場合、4+1で5って入力するんだね。

消したいページの一つ次のページを入力
消したいページの一つ次のページを入力

ステップ4

最後に「ジャンプ」→「閉じる」の順にクリックします。

ジャンプ→閉じるをクリック
ジャンプ→閉じるをクリック

ステップ5

すると、最初にクリックしたところから消したいページまでがすべて選択されました。

この状態で「デリートキー」を押してみてください。

消したいページをすべて選択
消したいページをすべて選択して、デリートキー

ステップ6

無事、複数ページを一括で削除できました!

最後に「Escキー」を押して、拡張選択モードを解除してください。

Escキー(エスケープキー)の場所
Escキー(エスケープキー)の場所

スポンサーリンク

【Word・ワード】最後の空白ページを削除する方法

もりの

文書の最後に、謎の白紙ページがあるんだけど。

そらの

空白ページを削除してみましょう。

文書の最終ページに謎の空白ページが入って困ったこと、ありませんか?

いくらデリートやバックスペースを押しても消えず、印刷すると不要なページが印刷されて紙の無駄にもなるし。

どうやっても消えないし、イライラしちゃいますよね……

空白ページがある画像
何も書いてないのに空白のページが出てくる

空白ページの削除方法1.ページ区切りの確認

まず確認したいのが、改行やページ区切り(改ページ)、セクション区切りなどがないか、です。

特にページ区切りをすると、強制的に新しい空白のページが生まれるので、要チェックです。

ページ区切りがないか確認して、もしあったら削除しましょう。

ステップ1

「ホームタブ」→段落のところにある「編集記号の表示/非表示」をクリックしてください。

矢印が向かい合っているようなアイコンです。

編集記号の表示/非表示の場所
編集記号の表示/非表示の場所

ステップ2

図のように「……改ページ……」と書いてあれば、ページ区切りされています。

改ページされた画像
改ページのやつ、こんなところに!

また、セクション区切りと書かれている場合もありますが、これも同様の対処ができます。

セクション区切りされた文書
セクション区切りも改ページと同じ

りなみにセクション区切りは、ただの点線で表示されることも。

セクション区切りが入った文書
ただの点線の場合も
そらの

これがあると、強制的に空白のページができるので、この改ページを削除しましょう。

ステップ3

改ページを消すのは簡単です。

普通の文字と同じように、デリートキーBackspaceキーで消えます。

改ページを選択した画像
改ページをクリックして、消去!

完成!

無事、最後の空白ページが削除されました!

余白の調整で空白ページが削除できた画像
空白ページが削除できた!
もりの

改行もページ区切りも、セクション区切りもなかったよ?

そらの

となると、最後に表がありませんか?

空白のページの原因は、最後のページに挿入された表のことが多いのです!

ページ最後の表
ページ最後の表が原因

いろいろと調整して、最後の空白ページを削除してやりましょう!

空白ページの削除方法2.隠し文字にする

ぶっちゃけ方法3と方法4は、ちょっとした設定が必要です。
とりあえずサクッと隠せればいい!という場合は、隠し文字で余計な部分を隠しちゃいましょう!

ステップ1

まず、空白ページの1行目を行選択してください。

空白ページの1行目を行選択した画像
クリックではなく、行選択
行選択するって?

マウスを左の余白に持っていくと、矢印の形に変りますよね。

マウスポインタが矢印マークになった画像
矢印になった

この状態でクリックやドラッグをすれば、選んだ行がすべて選択できますよ。

行選択できた画像
行選択できた

ステップ2

「ホームタブ」→フォントのところの右下にある「フォント(右下を向いた矢印)」をクリックします。

右下を向いた矢印の場所
右下を向いた矢印

または、「右クリック」→「フォント」でも構いません。

右クリックメニュー
右クリックからでもOK

ステップ3

フォントダイアログボックスが出てきました。

「隠し文字」をクリックしてチェックを入れて、「OK」をクリックしてください。

隠し文字にチェックを入れた画像
隠し文字にチェックを入れる

ステップ4

編集記号を表示させている場合は、非表示にしておいてください。

「ホームタブ」→段落のところにある「編集記号の表示/非表示」です。

編集記号の表示/非表示の場所
編集記号の表示/非表示の場所

完成!

無事、最後の空白ページが削除されました!

印刷もされないので、ご安心ください。

余白の調整で空白ページが削除できた画像
空白ページが削除できた!

空白ページの削除方法3.行間を詰める

ステップ1

まず、空白ページをクリックしてカーソルを移動させます。

削除したい空白ページの画像
削除したい空白ページをクリック

ステップ2

「ホームタブ」→段落のところにある「段落の設定(右下を向いた矢印」をクリックしてください。

段落の設定の場所
段落の設定の場所

ステップ3

「段落ダイアログボックス」が出てきました。

真ん中あたりにある「行間」の下のボックスから「固定値」を選び、その右の間隔を「1pt」にしてください。

設定できたら「OK」をクリックします。

段落ダイアログボックス
行間を小さくして空白ページを削除する

完成!

無事、最後の空白ページが削除されました!

余白の調整で空白ページが削除できた画像
空白ページが削除できた!

空白ページの削除方法4.余白を狭くする

ちょっと力業な気もしますが、上下の余白を狭くするという方法もあります。

ステップ1

「ホームタブ」→段落のところにある「段落の設定(右下を向いた矢印」をクリックしてください。

段落の設定の場所
段落の設定の場所

ステップ2

ページ設定ダイアログボックスが出てきました。

上のタブから「余白」を選んでください。

余白の下にある「上」か「下」の数値を少し下げて、「OK」をクリックしてください。

余白の上下を少し広げた画像
余白の上下を少し広げる

完成!

今回は上の余白を「32mm」まで下げてみました。

すると無事、空白ページが削除できました!

余白の調整で空白ページが削除できた画像
空白ページが削除できた!

これでページの削除を自在にできて、イライラからもおさらばですね!
それでは、お疲れさまでした!

今回のおさらい
  • ページを指定して削除はできないので、範囲選択して削除する
  • 最後にできた空白ページは、行間を狭めて消す
  • 改ページで空白ページができた可能性も