【Excel・エクセル】曜日に自動で色を!カレンダーの土日祝に色付けするには

2020/9/30

もりの

この表の日付を、土曜日は青、日曜日は赤くしたいんだ。

やまの

それなら、条件付き書式を使えばいいよ。

今回のポイント

  • 曜日を色付けするには「ホームタブ」→「条件付き書式」
  • 土曜日は「WEEKDAY=7」、日曜日は「WEEKDAY=7」
  • 祝日は書き出して「COUNTIF」で指定する

 曜日の色付けの練習ファイルダウンロード

もりの
 
 

一緒にやってみませんか?

【Excel・エクセル】曜日をカレンダーのように色付けしたい

カレンダーの画像

カレンダーなどでよく見る土日祝日は、青や赤で区別されていますよね。
エクセルでこのように曜日で色を変えるには、どうすればいいでしょうか。

もりの

土日のセルのフォントの色を変えたり、塗りつぶしたりすればいいんじゃない?

やまの

それでもいいけど、月が替わるごとにいちいちセルに設定するのは面倒だよね。

そこで使えるのが条件付き書式です。

もりの

条件付き書式?

やまの

条件に合うセルだけ、色を塗ったり太字にしたりできる機能なんよ。

この条件付き書式を使って、フォントの色を土曜日の時は青く、日曜祝日の時は赤くなるように設定すれば、できそうですね!

【Excel・エクセル】休日の曜日に色付けするには

ではさっそく、休日の曜日に色を塗っていきましょう。

今回はこの表の日にちを、土曜日は文字の色を青く、日曜は文字の色を赤くしてみます。

ステップ数がちょっと多いですが、難しくはないのでご安心ください!

例題
この日にちに色を付けていく

曜日が土日のセルに色を付ける、土曜日を青くする編

ステップ1

まず、色を付けたいセル範囲を選択します。
今回は「日にち」列の土日の色を変えたいので、「日にち」の列を選択してください。

色をつけたい範囲を選択
色付けしたい範囲を選択(今回はA列)

ステップ2

選択したら、「ホームタブ」→スタイルのところにある「条件付き書式」をクリックしてください。

条件付き書式の場所
条件付き書式の場所

ステップ3

出てきたメニューから「新しいルール」を選んでください。

条件付き書式のメニュー
新しいルールを選ぶ

すると、「新しい書式ルールダイアログボックス」が出てきました。

新しい書式ルールダイアログボックス
新しい書式ルールダイアログボックス

ステップ4

「ルールの種類を選択してください」から一番下にある「数式を使用して、書式設定するセルを決定」をクリックすると、ダイアログボックスの内容がガラッと変わります。

数式を使用して、書式設定するセルを決定を選ぶ
数式、関数を使って条件を指定できる

ステップ5

「次の数式を満たす場合に値を書式設定」と書かれた下にある枠に、下記を入力してください。
コピペでも構いませんよ。

=WEEKDAY(A1)=7

ちなみに「=7」では土曜日を指定します。
また日曜日は「=1」で指定できます。

次の数式を満たす場合に値を書式設定に関数を入力
ここに関数を入力していく

ちなみにそのほかの曜日は、=の数値を以下のように変えれば、指定できます。

1234567
日曜月曜火曜水曜木曜金曜土曜
もりの

WEEKDAY?

やまの

曜日を返す関数なんよ。
詳しくは別のページでお話しするね!

もりの

実際に日にちが書いてあるセルは「セルA3」からなのに、「A1」で指定しちゃっていいの?

やまの

今回は最初にA列を全部選んだからね。選んだ範囲の一番上のセルを指定しないと、ずれちゃうんだ。

さて、これで条件の設定が終わりました!
あとは書式を決めてあげれば、完成です。

ステップ6

書式を指定するには、右下にある「書式」をクリックします。

書式をクリック
「書式」から書式を設定する

すると、「セルの書式設定ダイアログボックス」が出てきました。

ステップ7

土曜日の文字の色を青くしたいので、「色」の下の枠をクリックして、任意の色を選んでください

今回は「青 アクセント5」を選んでみます。

選んだら「OK」をクリックしてください。

文字の色を指定する

ステップ8

「新しい書式ルールダイアログボックス」に戻ります。

プレビューが思い通りの書式になっているのを確認して、問題なければ「OK」をクリックしてください。

OKをクリック
プレビューを確認してね!

完成!

無事、土曜日のフォントの色が青く色付けできました!

条件付き書式で色を設定したので、例えばこれを9月に更新しても、土曜日の色は自動で変わります

土曜日に色が付いた画像
土曜日に色付けできた!
チャレンジ!

同じように、日曜日の文字の色を赤くしてみましょう。

指定する数式は「=WEEKDAY(A1)=1」、色は「赤」を選んでください。

日曜日を指定する数式
日曜日を指定する数式
指定する色
指定する色

曜日が土日のセルに色を付ける、日曜日を赤くする編

ステップ1

まず、色を付けたいセル範囲を選択します。
今回は「日にち」列の土日の色を変えたいので、「日にち」のA列を選択してください。

色をつけたい範囲を選択
色付けしたい範囲を選択(今回はA列)

ステップ2

セル範囲を選んだら、「ホームタブ」→スタイルのところにある「条件付き書式」をクリックしてください。

条件付き書式の場所
条件付き書式の場所

ステップ3

出てきたメニューから「新しいルール」を選びます。

条件付き書式のメニュー
新しいルールを選ぶ

すると、「新しい書式ルールダイアログボックス」が現れました。

新しい書式ルールダイアログボックス
新しい書式ルールダイアログボックス

ステップ4

「ルールの種類を選択してください」から一番下にある「数式を使用して、書式設定するセルを決定」をクリックしてください。

すると、ダイアログボックスの内容がガラッと変わりましたね。

数式を使用して、書式設定するセルを決定を選ぶ
数式、関数を使って条件を指定できる

ステップ5

「次の数式を満たす場合に値を書式設定」と書かれた下にある枠に、数式を入力していきます。

下記を記入するか、コピペしてください。

=WEEKDAY(A1)=1

日曜日を指定する関数
ここに関数を入力していく

ちなみにそのほかの曜日を指定するには、=のあとの数値を以下のように変えればOKです。

1234567
日曜月曜火曜水曜木曜金曜土曜
もりの

WEEKDAY?

やまの

曜日を調べるための関数なんよ。
詳しくは、別のページでお話しするね!

もりの

実際に日にちが書いてあるセルは「セルA3」からなのに、「A1」にするの?

やまの

今回は最初にA列を選んだからね。選んだ範囲の一番上のセルを指定するんよ。

さて、これで条件の設定が終わりました!
あとは書式を決めてあげれば、完成です。

ステップ6

書式の指定は、右下にある「書式」をクリックします。

書式をクリック
「書式」から書式を設定する

すると、「セルの書式設定ダイアログボックス」が現れました。

ステップ7

日曜日の文字の色を赤くしたいので、「色」の下の枠をクリックして、任意の色を選んでください

今回は「赤」を選んでみます。

選んだら「OK」をクリックしてください。

色を指定する
文字の色を指定する

ステップ8

「新しい書式ルールダイアログボックス」に戻ります。

プレビューを確認して、問題なければ「OK」をクリックしてください。

OKをクリック
プレビューを確認してね!

完成!

無事、日曜日のフォントの色が赤く色付けできました!

条件付き書式で色を設定したので、例えばこれを9月に更新しても、日曜日の色は自動で赤になります

日曜日に色付けできた
日曜日に色付けできた!

【Excel・エクセル】祝日を色付けするには(塗りつぶしするには)

祝日のイメージ

土日の色を変えたら、祝日も赤く色づけしたくなりますよね。
しかし、祝日は関数などでは指定できません。

もりの

くぅ、ここまでなのか……?

やまの

ちょっと面倒だけど、祝日を書き出す方法があるよ。

ステップ1

まず、その年の祝日をすべて」書き出します。
インターネットで「○○年 祝日」と検索すれば、サクッと出てきますよ!

ちなみに、練習ファイルをダウンロードされた場合、「祝日」シートに2020年の祝日をまとめているので、そちらをご活用ください^^

祝日の一覧
祝日の一覧を書き出す
もりの

書いたら、また条件付き書式?

やまの

そう!今度はWEEKDAY関数じゃなくて、COUNTIF関数を使うよ!

ステップ2

では、色を付けたいセル範囲を選択します。
今回も「日にち」のA列を選択します。

A列を選択
色を付けたいセル範囲を選択

ステップ3

セル範囲を選んだら、「ホームタブ」→スタイルのところにある「条件付き書式」をクリックしてください。

条件付き書式の場所
条件付き書式の場所

ステップ4

出てきたメニューから「新しいルール」を選びます。

条件付き書式のメニュー
新しいルールを選ぶ

すると、「新しい書式ルールダイアログボックス」が現れました。

新しい書式ルールダイアログボックス
新しい書式ルールダイアログボックス

ステップ5

「ルールの種類を選択してください」から一番下にある「数式を使用して、書式設定するセルを決定」をクリックしてください。

すると、ダイアログボックスの内容がガラッと変わりましたね。

数式を使用して、書式設定するセルを決定を選ぶ
数式、関数を使って条件を指定できる

ステップ6

「次の数式を満たす場合に値を書式設定」と書かれた下にある枠に、数式を入力していきます。

今回は、COUNTIF関数を使って、秀句実を指定します。
下記の通りに入力していってください。

=COUNTIF(祝日を書いたセル範囲,最初に決めたセル範囲の一番上)=1

練習ファイルでは、祝日の一覧は別シートにあるので

=COUNTIF(祝日!A:A,A1)=1

と入力、またはコピペいただければOKです。

祝日を指定する場合
ここに関数を入力していく

図で表してみると、こんな感じに指定すればOKです。

条件付き書式でCOUNTIFを使う方法
祝日に色を付けるための、COUNTIF関数での指定の仕方

ステップ7

今度は書式を指定していきます。
右下の「書式」をクリックしてください。

書式をクリック
書式から色を付けていく

ステップ8

「セルの書式設定ダイアログボックス」が出てきました。

今度はセルに塗りつぶしを設定したいと思います。
文字の色ではなくて、セルの色を変えるんですね。

上のメニューから「塗りつぶし」をクリックしてください。

塗りつぶしをクリック
塗りつぶしをクリック

ステップ9

左上の色から、好きな色を選びます

今回は「オレンジ アクセント2、白 + 基本色80%」を選んでみました。

選んだら、「OK」をクリックしてください。

好きな色を選ぶ
塗りつぶしたい色を選んで「OK」をクリック

ステップ10

自動で「書式ルールダイアログボックス」に戻ります。

プレビューに問題なければ「OK」をクリックしてください。

プレビューが良ければOKをクリック
プレビューが良ければOKをクリック

完成!

長い道のりでしたが、おめでとうございます!

これで祝日に色が濡れました!

祝日は、2020年の祝日の列を2021年の祝日に上書きすれば、自動で反映されます。

祝日に色が濡られた
祝日に色が濡れた!

色を付けるとそれだけで、表などが見やすくなりますね!
それでは、お疲れさまでした!

今回のおさらい

  • 曜日を色付けするには「ホームタブ」→「条件付き書式」
  • 土曜日は「WEEKDAY=7」、日曜日は「WEEKDAY=7」
  • 祝日は書き出して「COUNTIF」で指定する

曜日に色を付ける、を動画で見る