【Excel・エクセル】数を数える関数!COUNT・COUNTAの使い方

もりの

セルの数をカウントして、アンケートを集計したいんだ。

やまの

数を数える、カウント関数の出番だね!

今回のポイント
  • 数を数えるには「COUNT」「COUNTA」「COUNTIF」関数
  • COUNT→数値の数、COUNTA→空白以外の数、COUNTIF→条件に合う数

スポンサーリンク

 COUNT、COUNTA関数の練習ファイルダウンロード

もりの
 
 

一緒にやってみませんか?

【Excel・エクセル】COUNT、COUNTA、COUNTIFの違い

セルの数を数えるには、COUNT(カウント)」「COUNTA(カウンタ)」「COUNTIF(カウントイフ)といったカウント系の関数を使います。

もりの

ドラクエの呪文みたいだね。

やまの

イオ、イオラ、イオナズン的な……?

セルの個数をカウントしたり、該当の値を探したりするときに便利な関数です。

やまの

それぞれの違いをまとめてみたよ!

COUNT数値や日付が入力されたセルの数を数える
COUNTAセルに何か入力されたセルの数を数える
COUNTIF条件に合うセルの数を数える

今回は、COUNT関数とCOUNTA関数を詳しく見ていきましょう。

COUNTとCOUNTAの違い
COUNTとCOUNTAの違い

COUNTIF関数については、こちらのページをご覧ください!

【Excel・エクセル】COUNTA関数の使い方~空白以外を数える

COUNTA関数は、空白以外のセルの数をカウントします。

COUNTA関数の例
COUNTA関数の例
COUNTA関数の書き方

=COUNTA(値1,値2,……)

COUNTAこの中に空白以外のセルは何個ですか?
値1「この中に」の部分(範囲で指定する)
値2別のセル範囲も指定できる(省略可)

COUNTA関数の使用例

ではさっそく使っていきましょう!

セルE10に、何人にアンケートをお願いしたのかを出したいと思います。

COUTA関数の練習問題
何人に回答を依頼したかカウントしたい
やまの

=COUNTA(A2:A15)で、求められるよ。説明するね。

ステップ1

セルE10に、「=COUNTA(」と入力してください。

「=COUNTA(」まで入力した画像
まずは関数名

ステップ2

次に「この中」、の部分。
カウントしたい範囲をドラッグします。

ここは回答者名が書かれたセルA2からA15までで良さそうですね。

あ、でも今回は空白以外がカウントされると分かるように、あえてA16までドラッグしてみますね。

セルA2からA16までをドラッグした画像
セルA2からA16までをドラッグ

完成!

これで、完成です!

エンターキーを押すと、無事、件数がカウントできました!

COUNTA関数で実施数をカウントした画像
COUNTA関数で実施数をカウントできた!
もりの

14だから、ちゃんと空白セルは省いてカウントしてるね!

CAUNTA関数はこのように、何かしら書かれたセルの個数を数えるときに使います。

たとえばB列の無回答が空白だったら、COUNTA関数でアンケート回答数も分かっちゃいますね。

COUNTA関数で空白以外のセルの数をカウントした画像
空白以外のセルの数が数えられた
やまの

COUNTA関数の逆で、空白セルだけカウントする関数もあるんよ。

【Excel・エクセル】COUNT関数の使い方

COUNT関数は、数値や日付が書いてあるセルの個数を数えてくれます。

空白セルや文字列のセルは数えません

COUNTA関数の例
COUNT関数の例
COUNT関数の書き方

=COUNT(値1,値2,……)

COUNTこの中に数値か日付が書かれたセルは何個ですか?
値1「この中に」の部分(範囲で指定する)
値2別のセル範囲も指定できる(省略可)
もりのの笑った顔
もりの

使い方はCOUNTA関数と全く同じだね!

COUNT関数の使用例

セルE11にCOUNT関数を使って、アンケートの回答者数をカウントしたいと思います。

COUNT関数の練習問題
COUNT関数でアンケートに答えてくれた人の数を数えたい
やまの

=COUNT(B2:B15)で、求められるよ。説明するね。

ステップ1

セルE11に、「=COUNT(」と入力してください。

「=COUNT(」まで入力した画像
まずは関数名

ステップ2

次に「この中」、の部分。

回答したらB列の満足度に数値が入力されるので、ここを使いましょう。

セルB2からB15までをドラッグしてください。

範囲を選択した画像
COUNT関数は数字か日付の数だけ数える

完成!

これで、完成です!

エンターキーを押すと、無事、件数がカウントできました!

COUNT関数で件数が数えられた画像
COUNT関数で件数が数えられた

無回答は文字列なのでカウントされないので、結果は11となりました。

やまの

ちなみにCOUNT関数は、オートSUMでもできるんよ。

これで、件数が知りたいときはバッチリですね!
それでは、お疲れさまでした!

今回のおさらい
  • 数を数えるには「COUNT」「COUNTA」「COUNTIF」関数
  • COUNT→数値の数、COUNTA→空欄以外の数、COUNTIF→条件に合う数