【Excel・エクセル】IF(イフ)関数の使い方!理論値の条件で結果を分岐

もりの

もし点数が70点以上だったら合格にしたいけど、関数でできるの?

やまの

そんな時は、IF関数を使うんよ。

今回のポイント
  • もし70以上だったら〇、違ったら×など、条件で結果を変えたいなら、IF関数
  • =IF(もしこの式が,合っていればこれ,違ったらこれを表示してね)
  • 他の関数と組み合わせて、さまざまな条件を指定できる

スポンサーリンク

IF関数の使い方の練習ファイルダウンロード

もりの

一緒にやってみませんか?

【Excel・エクセル】条件を指定できる、IF関数の使い方

IF関数の使用例
IF関数の使用例

もし値が70以上だったら「合格」にするなど、条件をクリアしているかどうかで結果を変える関数が、IF関数です。

条件は数値だけでなく、空白や文字列も使えます。

ちなみに読み方は「イフ関数」。
とてもよく使う関数なので、しっかりマスターしておきましょう!

もりの

使うの?

やまの

めちゃんこ使うよ。

IF関数の書き方

=IF(理論式,値が真の場合,値が偽の場合)

やまの

簡単に言うと、こういうこと。

IFもし
理論値この数式が
値が真の場合当てはまったらこうしてね
値が偽の場合当てはまらなかったらこうしてね

IF関数の使用例

次の表で、もし点数が70点以上だったら合格、70点未満なら不合格と表示させたいと思います。

セルC2にもりのの合否を、IF関数を使って出してみましょう。

IF関数の練習問題
C列に合格か不合格を表示させたい
やまの

=IF(B2>=70,"合格","不合格")で、求められるよ。説明するね。

ステップ1

まずは使いたい関数を呼び出します。

セルC2に、「=IF(」と入力してください。

「=IF(」まで入力した画像
「=IF(」まで入力

ステップ2

次に条件、「もしこの数式が」の部分です。
今回の条件は、もし点数が70点以上だったら。

点数はセルB2に書いてるので、セルB2をクリックしましょう。

セルB2をクリックした画像
条件になるセルをクリック

ステップ3

次に、70点以上だったら、を書いてきます。

以上、以下の書き方
もりの

以上とか以下って、どうやって書くの?

大きい、小さいは不等号(>,<)を使います。

以上、以下は算数では「≧」「≦」と書いていましたが、エクセルでは不等号とイコールは分けて書きます。

以上の時は「>=」、以下の時は「<=」となるんです。

やまの

そのほか数値を比較するときは、次の記号を使ってね。

AはBより大きいA>B
AはB以上A>=B
AはBと同じA=B
AはB以下A<=B
AはBより小さいA<B
AはBと違うA<>B

というわけで、70点以上は「>=70」ですね。

IF関数は続くので、「,(カンマ)」を忘れずに!

70以上の書き方
70以上はこう書く

ステップ3

次は、「当てはまったらこうしてね」の部分。

点数が70以上が当てはまっていたら合格と表示したいので、「"合格",」と入力してください。

真の値に"合格"と入力した画像
真の値に"合格"と入力
やまの

文字列は、「"(ダブルクォーテーション)」で囲んでね。

ステップ4

最後に、「当てはまらなかったらこうしてね」の部分。

点数が70以上に当てはまらない……つまり、70未満ってことですね。

点数が70点未満だったら不合格と表示したいので、「"不合格"」と入力します。

値が偽の場合を入力
値が偽の場合を入力

完成!

これで式は完成です!

カッコを閉じてエンターキーを押せば……もりの70点未満なので、不合格となりました。

IF関数で合格か不合格か求めている
IF関数で合格か不合格か求められる
もりの

頑張ったのになぁ。

やまの

オートフィルで、下のセルにコピーしてみよう。

右下の四角をググっと下にドラッグすれば……

オート利府でコピーする画像
オートフィル!

無事、全員の合否が分かりました!

ぴったり70点も70以上なので、ちゃんと合格になっていますね。

IF関数の完成図
70ちょうどは合格
もりの

うみのさんって誰だっけ?

やまのののんびりした顔
やまの

……さぁ。

うみののすました顔
うみの

……

IF関数の使い方を動画で見る

【Excel・エクセル】IF関数で複数条件を指定するには

IF関数では、条件は一つしか指定できませんでした。

でも、80点以上だったら優、60点以上だったら可、60点未満だったら不可など、3つ以上の条件で結果を分岐させたいときもありますよね。

そんな時にはIFS関数か、入れ子にすれば解決です!

IFS関数の書き方

=IFS(理論式1,値が真の場合1,理論式2,値が偽の場合2……)

IFSもし
理論値この数式が合っていたら
値が真の場合こうしてね
やまの

理論値と値が真の場合は、100個以上続けられるんよ。

例えば次の表で、点数が80点以上でA、70点台でB、60点台はC、60点未満はDとしたい場合。

IFS関数を使えば「IFS(B2>=80,"A",B2>=70,"B",B2>=60,"C",B2<60,"D")」で答えが出せます。

IFS関数の練習問題
複数の条件で結果を分岐したい
やまの

IFS関数の使い方は、次のページで詳しく解説するね。

【Excel・エクセル】IF関数と他の関数を組み合わせて使う

IF関数は、他の関数と組み合わせて使うことも多いです。

最初はちょっと難しいかもしれませんが、慣れればより高度な条件の指定ができますよ。

もりの

例えばどんな関数と組み合わせるの?

IF関数とAND関数を組み合わせる「かつ」条件

AかつBという条件にしたいなら、AND関数を使います。

IF関数とAND関数の組み合わせ例
IF関数とAND関数の組み合わせ例

上の例では「=IF(AND(E2>=70,F2>=70),"合格","不合格")」とありますね。

これは、「もしセルE2が70以上で、かつF2も70以上だったら合格、どちらか1つでも70未満だったら不合格」という式になります。

詳しくは、下記ページでご紹介しています!

IF関数とOR関数を組み合わせる「または」条件

AまたはBという条件にしたいなら、OR関数を使います。

IF関数とOR関数の組み合わせ例
IF関数とOR関数の組み合わせ例

上の例では「=IF(OR(E2>=70,F2>=70),"合格","不合格")」とありますね。

これは、「もしセルE2が70以上、またはF2が70以上だったら合格、どちらも70未満だったら不合格」という式になります。

詳しくは、下記ページでご紹介しています!

IF関数とVLOOKUP関数で条件に合うセルの抽出をする

名前を入力したら、その人が合格かどうかが分かる。

IF関数とVLOOKUP関数を組み合わせると、そんなこともできちゃいます。

IF関数とVLOOKUP関数の組み合わせ例
IF関数とVLOOKUP関数の組み合わせ例

セルG2にもりのと入力してみると、瞬時に不合格と分かりました。

IF関数とVLOOKUP関数の組み合わせ例
VLOOKUP関数で抽出した値をIF関数の条件にする

IF関数とVLOOKUP関数の組み合わせについては、以下のページで詳しく解説しています!

IF関数とXOR関数で片方だけという条件にする

2つのうちどちらか片方だけ、という条件にはXOR関数が使えます。

IF関数とXOR関数を組み合わせた画像
XOR関数大成功

上の図のように、どちらか片方だけ80点未満なら不要とするなら、「=IF(XOR(A2>=80,B2>=80),"不要","必要")」とします。

詳しくは、下記ページでご紹介しています。

IF関数とNOT関数で○○以外という条件にする

IF関数で指定した条件以外、を条件にしたいなら、NOT関数を使います。

お菓子以外が○になった画像
お菓子以外が○になった

上の図は「=IF(NOT(A2="お菓子"),"○","")」と入力して、お菓子以外に〇をつけていますね。

詳しくは、下記ページでご紹介しています。

IF関数とISERROR関数でエラーを空白にする

数式の答えがエラーになるセルは、空白にしたい。

そんな時は、IF関数とISERROR関数を組み合わせます。

数式に文字列があり、エラーになった表
エラーだった場合に、エラー表示されるのは避けたい

上の表では、「=IF(ISERROR(C3/B3) ,"",3/B3)」とすればOKです。

やまの

ただエラーを空白にするなら、IFERROR関数の方が簡単かも。

詳しくは、下記ページでご紹介しています。

条件に合うセルの個数をカウントする、COUNTIF/COUNTIFS関数

IF関数と組み合わさった関数もあります。

例えば満足度が5の数など、特定の条件に合う件数をカウントするとき。

条件が1つならCOUNTIF関数、複数条件あるならCOUNTIFS関数を使うといいですよ。

COUNTIF関数の使用例
COUNTIF関数の使用例
やまの

COUNTIF、COUNTIFS関数は、下記ページでご紹介してるよ!

条件に合うセルを合計する、SUMIF/SUMIFS関数

SUMIF関数の使用例
SUMIF関数の使用例

県別の売上金額の合計など、特定の条件に合う値を合計したいとき。

条件が1つならSUMIF関数、複数条件あるならSUMIFS関数を使うといいですよ。

やまの

SUMIF関数、SUMIFS関数は、下記ページでご紹介してるよ!

【Excel・エクセル】IF関数の便利な使い方

IF関数で「文字が入っていたら」という条件にする

例えばこの表で、B列に何か文字が入っていたらC列に提出済みと出したい場合。

IF関数で何か文字が入っていたらの練習問題
文字列があるときに提出済みにしたい
やまの

文字列か、数字でもいいのかで、書き方が違うよ。

文字列が入っていたら、という条件

数字じゃなくて文字列が入っていたら、としたいなら、「ISTEXT関数」を使います。
ISTEXT()で、カッコの中が文字列かどうかが分かります。

「=IF(ISTEXT(B2),"提出済み","")」とすれば、答えが出てきました。

B2は数字のみで文字列ではないので、偽の場合が適用されていますね。

文字列が入っていたら提出済みになった画像
文字列が入っていたら提出済みになった

文字列でも数字でも何か入っていたら、という条件

数字でも文字列でも何かしら入っていたら、としたいなら、不等号「<>」を使います。
<>で等しくない、という意味になり、「<>""」で空白と等しくない=空白じゃないってことですね。

式は「=IF(B2<>"","提出済み","")」でOKです。

B2は数字ですが、何かしら入ってるということで、提出済みになりましたね。

何かしら入っていたらという条件
何かしら入っていたら、はこう書く

詳しくは、下記ページでご紹介しています!

IF関数で、空白だったら計算しないようにする

この表のように、セルが空白だったら答えも空白にしたい場合。

IF関数の条件を空白だったらにすれば、なんだかいけそうな気がしますね。

IF関数で空白の練習問題
合計も空白にしたい

この表だと「=IF(C2="","",B2*C2)」とすれば、個数が空白の行は、答えも空白にできますよ。

空白セルは空白になった画像
個数が空白だと空白になった

詳しくは下記ページをご参照ください!

IF関数でワイルドカードは使える?

結論から言うと、IF関数にワイルドカードは使えません

ただ、COUNTIF関数などワイルドカードが使える関数と併用すれば、いけますよ!

やまの

詳しくは、こっちのページでお話しするね。

これで、条件によって結果を分岐できますね!
それでは、お疲れさまでした!

今回のポイント
  • もしAだったらB、違ったらCと条件で結果を変えたいなら、IF関数
  • =IF(もしこの式が,合っていればこれ,違ったらこれを表示してね)
  • 他の関数と組み合わせて、さまざまな条件を指定できる

数式・関数,Excelif

Posted by morino