【Word・ワード】同じ脚注番号を複数回使いたい!繰り返し参照するには

もりの

この脚注1を、他のところでも使いたいんだ。

そらの

脚注番号は使いまわせますよ。もちろん文末脚注もです。

今回のポイント
  • 同じ脚注番号を参照するには「参考資料タブ」→「相互参照」
  • 元の脚注番号を変更した場合、右クリック→「フィールドの更新」

スポンサーリンク

【Word・ワード】同じ脚注番号を参照する、とは?

脚注は、文書内の言葉を補足する注釈を入れる機能。

スモモはバラ科の植物だったんですね、みたいなやつです。

脚注が挿入された文書
ここに脚注があります

しかし、モモもスモモと同じくバラ科の植物。

同じように注釈を入れたいのですが、普通にやると、こんな残念な結果に……

おなじ注釈を別々に挿入した画像
同じことを2回言ってる

同じ内容なら、脚注番号を再利用して、すっきり1つにまとめたいですよね。

同じ脚注番号を繰り返し使った画像
内容が一緒なら、こうしたいよね
そらの

スモモはバラ科サクラ属、モモはバラ科モモ属なので、厳密には違うらしいですが。

では、やり方を見ていきましょう!

【Word・ワード】同じ脚注番号を参照する方法

ステップ1

まず、脚注番号入れたいところでクリックして、カーソルを移動させます。

単語をドラッグではないので、ご注意ください。

脚注番号入れたいところでクリックした画像
脚注番号入れたいところでクリック

ステップ2

「参考資料タブ」→図表のところにある「相互参照」をクリックしてください。

相互参照の場所
相互参照の場所

ステップ3

相互参照ダイアログボックスが出てきました。

参照する項目の下のボックスから、「脚注(文末脚注の場合は文末脚注)」を選びます。

脚注(または文末脚注)を選んでいる画像
脚注(または文末脚注)を選ぶ

ステップ4

次に相互参照の文字列の下のボックスから「脚注番号(書式あり)」を選んでください。

脚注番号(書式あり)を選ぶ画像
書式あり、を選ぶのがポイント

ステップ5

脚注が複数ある場合は、脚注の参照先から、どの脚注を使うかを選びます。

繰り返し使う脚注の参照先を決める画面
繰り返し使う脚注の参照先を決める

ステップ6

ちなみに、ハイパーリンクやら“上”または“下”やら書かれていますが、どちらもチェック外しておいていいと思います。

設定できたら「挿入」をクリックしてください。

OKをクリックする画像
“上”または“下”だと、avobeなど言葉が追加される

ステップ7

もりの

挿入押したけど、何もならないような?

そらの

いえ、ちゃんと脚注番号は挿入されているので、何度も押さないでくださいね。

1度挿入をクリックしたら、隣の「キャンセル」をクリックします。

キャンセルをクリックする画像
挿入はされていると信じて、キャンセルする

完了!

無事、同じ脚注番号を参照できました!

同じ脚注番号を繰り返し使った画像
同じ脚注番号で、同じ注釈になった

元の脚注番号の修正を反映させるには

この相互参照、元の脚注番号の記号を変えても、見た目は変わりません。

元の脚注番号の書式を変えた画像
見た目には変わらない

ちなみに印刷プレビューで見ると、相互参照もちゃんと記号が変わっていました。
もう一度ワードに戻ると、脚注番号は更新されます。

もりの

いちいち印刷プレビュー見なきゃいけないの?

そらの

フィールドの更新をすれば、反映されますよ。

ステップ1

相互参照した方の脚注番号を「右クリック」→「フィールド更新」を選んでください。

フィールド更新の場所
右クリックから、フィールド更新

完了!

無事、同じ脚注番号を参照した方も、記号が更新されました!

脚注番号が更新された画像
脚注番号が更新された

これで、同じ脚注番号を参照して、見やすい脚注にできますね!
それでは、お疲れさまでした!

今回のおさらい
  • 同じ脚注番号を参照するには「参考資料タブ」→「相互参照」
  • 元の脚注番号を変更した場合、右クリック→「フィールドの更新」