【Word・ワード】ほかの人へのコメントの入れ方!削除や非表示の方法も

もりの

文書の確認を頼まれたんだけど、どうやって伝えればいいかな?

そらの

コメント機能を使って、文書にコメントを挿入しましょう。

今回のポイント

  • コメントの挿入は「文字列を選択」→「校閲タブ」→「新しいコメント」
  • コメントの削除は「校閲タブ」→「削除」
  • コメントを非表示にするには「校閲タブ」→「変更履歴とコメントの表示」→「コメント」
  • コメントを印刷しない設定は、印刷設定から

 コメントの練習ファイルダウンロード

もりの
 
 

一緒にやってみませんか?

【Word・ワード】コメント機能とは?

複数人で編集している文書を変更したときや、文書のチェックをお願い、または依頼されることってありませんか?
そんな時、「ここをこう変えました」とか、「ここはこうした方がいいですか?」という報告や確認をどうやろうか、困りますよね。

もりの

文書にその旨、書くわけにもいかないしねぇ。

そこで使えるのがコメント機能です!
コメント機能は、文書の外側に残すメモのようなもので、ほかにその文書を開く人への書き置きとして使えます。

コメントの例
コメントを残したい部分に印が付くので、分かりやすい

これなら、一つの文書をみんなで共有できますね!
さっそく、コメント機能の使い方を見ていきましょう。

【Word・ワード】コメントの挿入方法

コメントの入れ方は、とっても簡単!

コメントを入れたい文字列を、ドラッグして選択します。
今回は、「場所 森の中」にコメントを入れたいので、「場所 森の中」をドラッグしてみてください。

選択できたら「校閲タブ」→コメントのところにある「新しいコメント」をクリックしてください。

新しいコメントの場所
新しいコメントの場所

すると、選択した文字列が赤く塗られ、画面の右側にコメントを書く枠が出てきました!

コメントを挿入した画像
コメントが挿入された!
もりの

文字列とコメントが、赤い糸で結ばれてる……!

そらの

ワー、ロマンチックデスネー(棒読み)。

ここにコメントを入力します。
今回は「アバウトすぎませんか?」とコメントを入れておきます。

コメントを入力した画像
挿入したら、そのまま入力できる

これで、コメントが挿入できました!

【Word・ワード】コメントの対応方法

この文書には、すでにいくつかコメントが挿入されていましたね。
内容を確認して、修正していきましょう。

コメントを確認する画像
すでに入っていたコメントを確認

さて、コメントの個所を修正したら、このコメントは何かしらしておかないと、「あれ、確認してないのかな?」と思われちゃいますね。
コメントの処理には、主に3つの方法があります。

コメントを削除する方法

いらないコメントは、削除しちゃいましょう。コメントの消し方には、2通りの方法があります。

「コメントの削除」からコメントを削除する

まず、削除したいコメントをクリックしてください。

消したいコメントをクリックした画像
消したいコメントをクリック!

クリックしたら、「校閲タブ」→コメントのところにある「削除」をクリックします。

削除の場所
削除の場所

これでコメントは、きれいさっぱりなくなりました。

コメントを消した画像
コメントが削除された

もし下図のようなメニューが出たら、「削除」をクリックしてください。

削除のメニュー
選んだコメントだけ消すには「削除」
そらの

文書内すべてのコメントを削除したい場合は、「ドキュメント内のすべてのコメントを削除」をクリックしてください。

コメントが挿入された文字列を削除する

コメントが挿入された文字列をすべて削除する方法もあります。
「するんだけど、来まか?」をドラッグして選択してください。

コメントが挿入された文字列を選択した画像
コメントが挿入されている、赤い背景色の部分をすべて選択
そらの

もりのさん、誤字。

そのままデリートキーを押すと、選んだ文字列を同時に、コメントも削除されました。

文字列と一緒にコメントも消えた画像
文字列と一緒に、コメントも消えた

文字列を選択してそのまま文字を入力しても、ドラッグした部分が消えコメントも消えるので、コメントを残したいときはご注意くださいね。

コメントを消さずに解決する方法

コメントを削除すると、跡形もなく消えてしまいます。
コメントがあったことを残したいなら、「解決」するといいですよ。

対応が終わり、解決したコメントをクリックして、右下に出る「解決」をクリックしてください。

解決の場所
解決したら解決を押す、単純明快!

すると、コメントがグレーアウトになります。

コメントがグレーアウトになった画像
コメントがグレーアウトになった
もりの

間違って解決を押しちゃった、テヘペロ。

そらの

かわいいから許しましょう。

間違えて解決してしまったら、「解決」が「もう一度開く」に変っているので、「もう一度開く」をクリックすれば、元に戻ります。

もう一度開くの場所
「解決」が「もう一度開く」に変っている

コメントに返信する方法

コメントに、さらにコメントを重ねられます。

返信したいコメントをクリックして、「返信」をクリックします。
今回は「おやつ(300円まで)」に挿入されたコメントを、クリックしてください。

返信の場所
返信したいコメントの返信をクリック

そのまま文字を入力すれば、返信完了です!
今回は「どちらでもいいです。」と入力してみました。

返信できた画像
バナナをなんだと思っているんだ!

【Word・ワード】コメントを非表示にする方法

とりあえず煩わしいから、コメントを非表示にしたい!
そんなあなたに、コメントの非表示の仕方をお伝えします。

「校閲タブ」→変更履歴のところにある「変更履歴とコメントの表示」をクリックします。

変更履歴とコメントの表示の場所
変更履歴とコメントの表示の場所

出てきたメニューから「コメント」をクリックして、コメントの左側のチェックマークを外してください。

コメントの場所
コメントの場所

コメントが非表示になり、コメントを挿入する前の見た目に戻りました。

コメントを非表示にした画像
非表示にすると、コメントがあったかどうかも分からない

非表示にしたコメントを再び表示するには

コメントを表示するには、「校閲タブ」→変更履歴のところにある「変更履歴とコメントの表示」をクリックします。

変更履歴とコメントの表示の場所
変更履歴とコメントの表示の場所

出てきたメニューから「コメント」をクリックして、コメントの左側のチェックマークを入れてください。

コメントの場所
コメントの場所

【Word・ワード】コメントを印刷しない

実はこのコメント、そのままだと印刷されてしまいます……

コメントを印刷しないようにするには、印刷設定から設定が必要です。

そらの

詳しくは、こちらのページで解説しますね。

コメントを使って、文書作成のための円滑なコミュニケーションをとりたいですね!
それでは、お疲れさまでした!

今回のおさらい

  • コメントの挿入は「文字列を選択」→「校閲タブ」→「新しいコメント」
  • コメントの削除は「校閲タブ」→「削除」
  • コメントを非表示にするには「校閲タブ」→「変更履歴とコメントの表示」→「コメント」
  • コメントを印刷しない設定は、印刷設定から