【Word・ワード】表紙をデザインされたテンプレートで飾る方法

2020/11/5

もりの

文章はできたけど、表紙のデザインってどうすれば……

そらの

表紙のテンプレートを活用してください。

今回のポイント

  • 表紙は挿入タブ→ページのところにある「表紙」をクリック
  • 表紙の削除は挿入タブ→表紙→現在の表紙を削除
  • 自作のデザインの追加もできる

【Word・ワード】文書を表紙でデザインする

表紙の例

文書はできたけど……もっとそれらしくしたいな、と思うことはありませんか?

そんな時は、文書の先頭のページに、表紙を挿入してみてはいかがでしょうか!

ワードには、あらかじめデザインされた表紙テンプレートがあります。
デザイン力に自信がない方や表紙に時間をかけられない場合でも、用意されたテンプレートから選ぶだけでサクッとつけられるので、便利ですよ♪

表紙を挿入する予定がなかったとしても、設定してみたら意外とそれっぽくなるので、一度見てみてはいかがでしょうか?
冊子やレポートなど、いろんな文書に使えます!

【Word・ワード】デザインされた表紙の作り方

ではさっそく、ワードに表紙を挿入してみましょう!

ステップ1

表紙の追加は「挿入タブ」→ページのところにある「表紙」をクリックします。

表紙の場所
表紙の場所

ステップ2

クリックすると、表の挿入のメニューが出てきます。

組み込みと書かれた部分が、表紙のテンプレートです。

表の挿入のメニュー
表の挿入のメニュー

シンプルなものが多く、使いやすそうですね。

ちなみに画像では青を基調とした表紙が多いですが、これは文書のテーマによって変わります

別のテーマにすると、テーマにあった色に変ります。

テーマを「ギャラリー」にした場合の表紙テンプレート
テーマを「ギャラリー」にした場合の表紙テンプレート

テーマと色味を合わせることで、統一感が生まれますね!

もりの

テーマ??

そらの

詳しくは、下記ページでお話ししますね。

ステップ3

組み込みの中からはお好きなものを選んでかまいませんが、今回は、「金線細工」という表紙を追加したいと思います。

右のスクロールバーから下に移動し、金線細工をクリックしてください。

金線細工をクリックする画像
追加したいテンプレートをクリック

完成!

表紙が挿入されました!

表紙が追加された画像
表紙が追加された

【Word・ワード】表紙のタイトルなどの設定

もりの

文書のタイトルってタイトルじゃないんだけど。

そらの

タイトルや日付などは、もちろん変えられますよ。

表紙のタイトルの設定・編集

タイトルなどの各項目は、その場所をクリックすれば入力、編集できるようになります。

クリックして編集できる
タイトルなどの項目クリックして編集できる

文書のプロパティと連動している

何も設定していないと「文書のタイトル」と表示されますが、文章のプロパティをあらかじめ設定しておくと、設定したタイトルやサブタイトル、作成者などが自動で表示されます。

また、表紙からタイトルなどを決めた場合、自動で文書のプロパティにも反映されます。

表紙の日付の設定

日付は直接入力してもいいですが、日付の右にある下向き三角をクリックするとカレンダ―が出てきます。

カレンダーが出てきた
カレンダーが出てきた

このカレンダーの日付をクリックすると、その日にちが入力されます。

必要な箇所を記入すれば、完成です!

必要箇所を記入した画像
必要箇所を記入
もりの

超大作の予感!

そらの

逃げた方がいいですか?

表紙の不要な項目を削除するには

挿入した表紙にいらない情報がある場合、デリートキーで項目ごと削除できます。

例えば日付が不要な場合、日付をクリック→その上に小さく表示される日付をクリックしてデリートキーを押せば、削除されます。

項目を削除する画像
小さく上に出る項目をクリックしてDeleteキー

表紙にページ番号を入れないようにするには

ページ番号とは、今見ているのが何ページ目か分かるように、ヘッダーやフッターに入れる番号です。

ページ番号の例
ページ番号の例

普通、本の表紙は1ページ目にはなりませんが、ワードの表紙は設定をしないと1ページ目にカウントされてしまいます

もりの

万事休す?

そらの

回避するための方法を、こちらのページでご紹介しています。

【Word・ワード】自分でデザインした表紙をテンプレートに追加する

デザインの画像

自分でデザインした渾身の表紙を、テンプレートとして追加もできちゃいます。

ステップ1

まず、テンプレートに登録したい部分を選択します。

文書内のすべてを選択するには「Ctrlキー」+「Aキー」で、すべてを選択のショートカットキーを使うと早いです。

すべてドラッグした画像
すべてドラッグ

ステップ2

選択したら、「挿入タブ」→ページのところにある「表紙」をクリックしてください。

表紙の場所
表紙の場所

ステップ3

出てきたメニューの一番下にある、「選択範囲を表紙ギャラリーに保存」をクリックします。

選択範囲を表紙ギャラリーに保存の場所
選択範囲を表紙ギャラリーに保存の場所

ステップ4

新しい文書パーツの作成ダイアログボックスが表示されるので、新しいテンプレートの名前を入力します。
その他の項目は、特に理由がなければそのままでOKです。

名前を入力したら、「OK」をクリックしてください。今回は、報告書としておきます。

新しい文書パーツの作成ダイアログボックスの画像
新しい文書パーツの作成ダイアログボックス

完了!

これで、登録が完了しました!
作成した表紙がテンプレートが追加されているか、確認してみましょう。

「挿入タブ」→ページのところにある「表紙」をクリックしてください。

表紙の場所
表紙の場所

全般と書かれた中に、さきほど作成した報告書がありました!

クリックすると、テンプレートを挿入した時と同じように、表紙が作れます。

自分で作成した表紙がテンプレートになった画像
自分で作成した表紙が、テンプレートに追加された

【Word・ワード】無料で表紙のテンプレートをダウンロードする

ダウンロードのイメージ

下記のマイクロソフトのホームページでも、テンプレートがダウンロードできます。
しかもフリー!無料なので、懐も痛みません!

※下記サイトは、外部サイトです。

気に入ったテンプレートが見つかったらクリックして、ダウンロードをクリックすれば、ワード文書がダウンロードできます。

ダウンロードの場所
ダウンロードをクリック

本の表紙や学生向けのレポート論文、ビジネスで使える契約書など、いろんな種類のテンプレートがそろっていますよ。
特にレポートは表紙が必要なことが多いので、こういった無料のテンプレートをぜひ活用してみてください!

また、レポートや契約書などはワードのテンプレートにも収録されています。
そちらも見てみると、いいかもしれません。

よく使いそうなものは、「自分で作った表紙をテンプレートに追加する」でご紹介した方法でギャラリーに追加すると便利ですね。

【Word・ワード】挿入した表紙を削除する

消すイメージ

挿入した表紙は、同じ場所から削除できます。

ステップ1

「挿入タブ」→ページのところにある「表紙」をクリックしてください。

表紙の場所
表紙の場所

ステップ2

表示された表の追加のメニューの下の方にある「現在の表紙を削除」をクリックします。

現在の表紙を削除の場所
現在の表紙を削除の場所

追加した表紙が削除されました!

これで、表紙を使った洗練された文書が作れますね!
それでは、お疲れさまでした!

今回のおさらい

  • 表紙は挿入タブ→ページのところにある「表紙」をクリック
  • 表紙の削除は挿入タブ→表紙→現在の表紙を削除
  • 自作のデザインの追加もできる

表紙を動画で見る