【Word・ワード】隠し文字とは?印刷、表示されない文字?

もりの

ここ、データとしては残しておきたいけど、印刷はしたくないんだ。

そらの

隠し文字にすれば、印刷されないし表示非表示も切り替えられますよ。

今回のポイント

  • 隠し文字の設定は「ホームタブ」→「フォント」→「隠し文字」
  • 隠し文字の表示・非表示の切り替えは「ホームタブ」→「編集記号の表示/非表示」
  • 隠し文字の解除は「ホームタブ」→「フォント」→「隠し文字」

【Word・ワード】隠し文字とは

隠し文字はその名の通り、隠した文字のことです。
たとえば顧客の個人情報など、消したくはないけど印刷もしてほしくない文字。

そんな時に隠し文字を設定すると、Word上では表示されているが、印刷はしない文字にできます。

隠し文字を設定した文字
隠し文字を設定した文字は
印刷プレビューでは表示されない
印刷プレビューでは表示されない、つまり印刷されない
そらの

さっそく、隠し文字の使い方を見てみましょう。

【Word・ワード】隠し文字の使い方

隠し文字の設定は、とっても簡単3ステップです。

隠し文字の設定、ステップ1

隠し文字にしたい文字列をドラッグして選択してください。

隠し文字にしたい文字をドラッグして選択
隠し文字にしたい文字をドラッグして選択

隠し文字の設定、ステップ2

選択したら「ホームタブ」→フォントのところにある「フォント(右下の斜め右下矢印)」をクリックしてください。

斜め右下を向いた矢印の場所
斜め右下を向いた矢印の場所

すると、「フォントダイアログボックス」が出てきました。

フォントダイアログボックス
フォントダイアログボックス

隠し文字の設定、ステップ3

フォントダイアログボックスの真ん中あたり、文字飾りのところにある「隠し文字」をクリックしてチェックを入れたら、「OK」をクリックします。

隠し文字をクリック
隠し文字をクリックしてチェックを入れる

無事、隠し文字に設定できました!
隠し文字には、文字列の下に点線が引かれます。

隠し文字になった
隠し文字になった

これで、隠し文字を設定したこの文字列は、印刷しないようになりました。

隠し文字の表示・非表示を切り替える

もりの

点線というか、隠し文字にした文字が消えたよ?

そらの

隠し文字が非表示になっているんです。隠し文字は表示・非表示を切り替えられます。

「ホームタブ」→段落のところにある「編集記号の表示/非表示」をクリックしてみてください。

編集記号の表示/非表示の場所
編集記号の表示/非表示の場所

すると、隠し文字が表示されていた方は非表示に、隠し文字が消えていた方は表示されたと思います。
この「編集記号の表示/非表示」で、隠し文字の表示・非表示を切り替えられるのです。

ちなみに画像のように、「編集記号の表示/非表示」が薄いグレーになってれば表示、色がついていなければ非表示です。

隠し文字が印刷されないか確認する

隠し文字に設定した文字が、本当に印刷されないか確認するには、印刷プレビューを開きます。

もりの

印刷プレビュー?

そらの

印刷したときにどう表示されるか、確認できる機能です。

詳しくは、下記ページを参考にしてみてください!

【Word・ワード】隠し文字を解除するには

もりの

やっぱり印刷したいってときは、隠し文字は解除できるの?

隠し文字を解除するには、隠し文字を設定したときと同じ操作でOKです。

隠し文字の設定、ステップ1

隠し文字を解除したい文字列をドラッグして選択してください。

隠し文字にしたい文字をドラッグして選択
隠し文字にしたい文字をドラッグして選択

隠し文字の設定、ステップ2

選択したら「ホームタブ」→フォントのところにある「フォント(右下の斜め右下矢印)」をクリックしてください。

斜め右下を向いた矢印の場所
斜め右下を向いた矢印の場所

隠し文字の設定、ステップ3

出てきた「フォントダイアログボックス」の文字飾りのところにある「隠し文字」をクリックしてチェックを外して、「OK」をクリックします。

隠し文字をクリックしてチェックを外す
隠し文字をクリックしてチェックを外す

これで隠し文字が解除され、印刷されるようになりました。

隠し文字に設定すると、文字を消さずに印刷しないので便利ですね。
それでは、お疲れさまでした!

今回のおさらい

  • 隠し文字の設定は「ホームタブ」→「フォント」→「隠し文字」
  • 隠し文字の表示・非表示の切り替えは「ホームタブ」→「編集記号の表示/非表示」
  • 隠し文字の解除は「ホームタブ」→「フォント」→「隠し文字」