【Word・ワード】データを復元する方法!保存せずに消してもまだセーフ!

もりの

ぎゃー!保存しないでワード文書消しちゃった!

そらの

慌てないで、まだ復元できるかもしれません。

今回のポイント
  • 文書の復元はできる
  • 「開く」→「保存されていない文書の回復」
  • ない場合、復元ファイルを保存しない設定になっているか、保存場所が違うか

スポンサーリンク

【Word・ワード】文書データの復元方法

保存せずに閉じてしまった場合

せっかく書いた文書を保存せずに閉じてしまった!

そんな時は、次の操作を試してみてください。

ステップ1

まずはワードを立ち上げ、「開く」をクリックします。

ワードを立ち上げた画像
どうせあいつは、もういないんだ……

ステップ2

右下の方に「保存されていない文書の回復」があるので、クリックしてください。

「保存されていない文書の回復」の場所
こ、これはもしや!?

ステップ3

開いたフォルダの中に、先ほど保存せずに閉じたワードがあれば、選んで「開く」をクリックします。

そらの

拡張子は.docではなく.asdになっています。

もりの

いくつかあるときは、消した時間あたりのを開くといいよ。

保存せずに閉じてしまった文書がある画像
あぁ、さっき消してしまった文書!

ステップ4

無事、保存せずに閉じてしまった文書が開けました!

ただこれは一時的に保存されているファイルで、文書ファイルではないので「名前を付けて保存」から保存しておきましょう。

復元できた文書データ
ち、違うんだリセットさん!

完了!

名前を付けて保存したら、ファイル名が.docxになりました。

無事、ワード文書として復元できました!

文書ファイルにした復元ファイル
もう次からはワシ、出てけぇへんよ

上書き保存せずに閉じてしまった場合

一度保存した文書に手を加えて、上書き保存せずに閉じてしまった場合。

さっきのやり方でもいいですが、もうちょい簡単な復元方法があります。

ステップ1

まずは上書き保存し忘れた文書を開きます

保存せず閉じた文書
あー、また保存せず閉じてしまった

ステップ2

「ファイルタブ」

ファイルタブの場所
ファイルタブの場所

ステップ3

「情報」→文書の管理のところにある「日にち 時間 (保存しないで終了)」をクリックします。

保存しないで終了の場所
日付と時間はみんな違うはず
そらの

日にちと時間は、保存せずに閉じた時のものになります。

ステップ4

保存し忘れた部分が復元されました!

ただこれも.asdファイルのなので、「名前を付けて保存」からワード文書として保存してあげましょう。

文書データを復元できた画像
だから違うんだって、リセットさん!

完了!

無事、いつも通りワード文書として保存できました!

文書を復元できた画像
もう完ぺきに復元できた

【Word・ワード】文書の復元ができない場合

もりのは最初この方法を試したとき、「保存されていない文書の回復」にasdファイルがない!という事態に陥りました。

原因は2つ考えられます。

復元ファイルを残す設定にしていない

まず確認したいのが、保存せずに閉じてしまった場合に復元するasdファイルを残さない設定になっていないか。

ステップ1

まず、「ファイルタブ」

ファイルタブの場所
ファイルタブの場所

ステップ2

左側の青い帯の一番下にある「オプション」と進みます。

※「その他」の中にある場合もあります。

オプションの場所
オプションの場所

ステップ3

Wordのオプションダイアログボックスが開きました。

  1. 左側のメニューから「保存」
  2. 「保存しないで終了する場合、最後に自動回復されたバージョンを残す」にチェックを入れる
  3. 「OK」

と進めていってください。

復元ファイルを残すかどうか選べる画面
チェックがなければ、入れておく

完了!

これで保存せずに閉じてしまった場合でも、復元ファイルが残ります。

保存せずに閉じてしようとすると、メッセージに一時的に保存される旨が記載されていますね。

保存せずに閉じた時のメッセージ
一時的に保存しとくね!

復元ファイルの保存先が違う

ステップ1

まず、「ファイルタブ」

ファイルタブの場所
ファイルタブの場所

ステップ2

左側の青い帯の一番下にある「オプション」と進みます。

※「その他」の中にある場合もあります。

オプションの場所
オプションの場所

ステップ3

左側のメニューから「保存」をクリックしてください。

「自動回復用ファイルの場所」に書かれているのが、復元ファイルが保存される場所です。

自動回復用ファイルの場所を確認している画像
僕はここにいるよ!
そらの

「保存されていない文書の回復」からこの場所を探せば、あるかもしれません。

ステップ4

ちなみに保存先を変えるなら、「参照」を選びます。

参照の場所
転職は計画的に!

ステップ5

あとは保存場所を決めて「OK」をクリックです。

保存場所を変更する画像
ここが新しい家だよ

完了!

これで、保存先が違って復元できない!を防げます!

これで、保存し忘れたりエラーで消えたりしても、データを復元できますね!
それでは、お疲れさまでした!

今回のおさらい
  • 文書の復元はできる
  • 「開く」→「保存されていない文書の回復」
  • ない場合、復元ファイルを保存しない設定になっているか、保存場所が違うか