【Word・ワード】セクション区切りとは?使い方や削除の方法

もりの

文書のこのページだけ、印刷の向きを横向きにしたいんだ。

そらの

そんな時は、セクション区切りを設定すればいいですよ。

今回のポイント

  • セクションを区切れば、セクションごとにレイアウトが可能
  • セクション区切りは「レイアウトタブ」→「区切り」
  • セクション区切りの表示は「ホームタブ」→「編集記号の表示/非表示」
  • セクション区切りはデリートキーで削除できる

スポンサーリンク

 セクション区切りの練習ファイルダウンロード

もりの

一緒にやってみませんか?

【Word・ワード】セクションとは

ワードのセクションって、聞きなれないかもしれません。セクションは、文書の一区分のこと。
セクションを区切ると、「いったんここで、話区切りまーす」と、話が一段落するイメージですね。

もりの

見出しを変えたり、改ページしたりするのとは違うの?

見出し改ページ(ページ区切り)は、読む人向けに分かりやすくする区切りですが、セクション区切りは、読む人ではなくワードさん向けに区切れていることを教えます。

もりの

えー、何のために?

そらの

セクションを区切ると、セクションごとでレイアウトを変えられるんです。

もりの

セクションごとで、レイアウトを変える?

セクション区切りの使用例

たとえば、下図のような3ページの文書があったとき。

表が窮屈そうなので、印刷の向きを横向きにしてあげたい

2ページ目の表が窮屈そうにしています。
印刷の向きを横向きにすれば、見やすくなりそうですが、このまま印刷の向きを横向きにしてしまうと……

すべてのページが横向きになり、目も当てられない……
もりの

ムキーっ!表のページだけ横向きにしたいのに!

そらの

そんな時に使えるのが、セクション区切りなんです。

セクション区切りを使えば、

などなどを、セクションごとに設定できるんです!

もりの

そんなこともできるんだ、さっそくやってみたい!

【Word・ワード】セクション区切りの挿入方法

では実際に、セクションを区切っていきましょう。

ステップ1

まず、セクションを区切りたいところでクリックして、カーソルを移動させます。

セクション区切りしたいところをクリック

ステップ2

クリックしたら「レイアウトタブ」→ページ設定のところにある「区切り」をクリックします。

ページ/セクション区切りの挿入の場所

ステップ3

出てきたメニューの真ん中あたりに「セクション区切り」とありますね。

その下の4つで、セクション区切りが挿入できます。
4つの違いは、どこから新しいセクションを開始するかです。

そらの

詳しく説明しますね。


次のページから開始
カーソルがある位置から改ページして、次のページから、新しいセクションが始まります。
印刷の向きやヘッダー・フッター、用紙サイズなどを変えるときに使います。

現在の位置から開始
改ページせず、カーソルがある位置から新しいセクションが始まります。
ページ内の段組みや余白を一部だけ変えたいときなどに使います。

偶数ページから開始
カーソルがある位置の次の偶数ページから、新しいセクションが始まります。
あまり使う機会はないでしょう。

奇数ページから開始
カーソルがある位置の次の奇数ページから、新しいセクションが始まります。
あまり使う機会はないでしょう。

今回は印刷の向きを変えたいので、「次のページから開始」を選んでみます。

完成!

これで、セクション区切りできました!

「次のページから開始」を選んだので、自動で改ページされましたね。

セクション区切りが挿入できた

セクション区切りのショートカットキー

そらの

セクション区切りには、便利なショートカットキーもありますよ。


次のページから開始
「Alt」→「I」→「B」→「N」→「Enter」

現在の位置から開始
「Alt」→「I」→「B」→「O」→「Enter」

偶数ページから開始
「Alt」→「I」→「B」→「E」→「Enter」

奇数ページから開始
「Alt」→「I」→「B」→「D」→「Enter」

セクション区切りを表示する

もりの

どこでセクション区切りされてるかって、分かりにくいね。

そんな時のために、ページ区切りを表示して見えるようにしましょう。
表示の仕方はとっても簡単!

ステップ1

「ホームタブ」→段落のところにある「編集記号の表示/非表示」をクリックしてみてください。

編集記号の表示/非表示の場所

完了!

すると、「セクション区切り(次のページから新しいセクション)」と書かれた線がでてきました。
これが「ここでセクションが区切られてますよ」という、セクション区切りの目印です。

セクション区切りの目印

ちなみにカッコの中の文字は、選んだセクション区切りの開始方法によって変わります。

また、セクション区切りの挿入場所によっては、線だけが表示されることもあります。

線だけのセクション区切りの目印

【Word・ワード】セクション区切りの使い方

セクションを区切ったところで、さっそく印刷の向きを変えてみましょう。

印刷の向きを変えたいセクション内をクリックして、「レイアウトタブ」→ページ設定のところにある「印刷の向き」をクリックしてください。

印刷の向きの場所

出てきたメニューから、「横」を選べば……

横を選ぶ
セクション区切り以降のページの向きが、すべて変わった
もりの

2ページ目以降が全部横向きになったよ?ぴえん。

そらの

もう一度セクション区切りをしないといけないのです。

今はセクション区切りは1つしかないので、セクションは2つに分かれていますよね。

1ページ目と2ページ目以降の、2つのセクションに分かれている状態

セクション2は2ページ目と3ページ目のことなので、3ページ目も一緒に印刷の向きが横向きになったのです。

もりの

2ページ目と3ページ目の間にも、セクション区切りを挿入すればいいんだね!ぱおん。

そらの

使い方、間違ってますよ。

2ページ目の一番下には、ページ区切りがありますね。

これを「セクション区切り(次のページから開始)」に変えるか、ページ区切りの前で「セクション区切り(現在の位置から開始)」を挿入します。

ページ区切りをセクション区切りに変える

今回は、改ページをセクション区切りに変えてみましょう。

改ページをデリートキーで消して、「セクション区切り(次のページから開始)」を挿入してください。

改ページをセクション区切りに変更

これで、セクションが3つに区切られました。

セクションが3つに区切られた

改めて、2ページ目の印刷の向きを変えてみると……
無事、2ページ目だけ印刷の向きを変えられました!

2ページ目だけ印刷の向きを変えらた!

セクション区切りを削除するには

セクション区切りは改ページと同じで、デリートキーで削除できます。

セクション区切りの前でデリートキーを押す

これで、同じ文書内で異なるレイアウトができますね!
それでは、お疲れさまでした!

今回のおさらい

  • セクションを区切れば、セクションごとにレイアウトが可能
  • セクション区切りは「レイアウトタブ」→「区切り」
  • セクション区切りの表示は「ホームタブ」→「編集記号の表示/非表示」
  • セクション区切りはデリートキーで削除できる