【Excel・エクセル】セル・シートの保護で、編集できないようにするには?

もりの

このシートのこの部分は、うっかり消されたり変更されたりしたくないなぁ。

やまの

シートの保護をすれば、変更されないようにロックできるよ。

今回のポイント

  • シートの保護は「校閲タブ」→「シートの保護」
  • シート保護の解除は校閲タブ」→「シート保護の解除」
  • セルのロック解除は、編集させたいセルを右クリック→「セルの書式設定」→「保護」→「ロック」

スポンサーリンク

【Excel・エクセル】シートの保護で編集できないようにする

いろんな数式を書いて、やっと完成したエクセルシート。
そんなシートを他の人が、うっかり消したり変更してしまって、台無しになってしまったら……

もりの

僕の数時間が……!

やまの

そうならないために、シートを保護してあげよう。

エクセルの保護はシート全体だけでなく、保護はするけど一部のセルだけはロックを解除する、といった設定の仕方もできますよ!

シートの保護のやり方

まずは、シート全体を保護する方法をご紹介します。

ステップ1

保護したいシートを開いて、「校閲タブ」→保護のところにある「シートの保護」をクリックしてください。

シートの保護の場所

ステップ2

シートの保護ダイアログボックスが出てきました。

保護してもこれだけはやってもいいよ!という操作があれば、「このシートのすべてのユーザーに許可する操作」から選びます。

許可する操作を細かく選べる

パスワードを知る者のみ操作できるようにしたいなら、「シートの保護を解除するためのパスワード」にパスワードを入力します。

自分しか知らないパスワードにすれば、自分だけが保護を解除して編集できます。

パスワードを共有すれば、決められた数人だけ編集できますね。

保護解除のパスワードを設定

ステップ3

設定が終わったら、「OK」をクリックします。

もちろん設定の必要がなければ、そのままOKをクリックしてください。

シートの保護設定が終わったらOK

完成!

これで、シートの保護が設定できました!
先ほどの「校閲タブ」にある「シートの保護」が「シート保護の解除」になっていれば、保護の設定は成功です。

シート保護の解除になっていれば、シートの保護がされているってこと!

何か入力しようものなら、「変更しようとしているセルやグラフは保護されているシート上にあります。変更するには、シートの保護を解除してください。パスワードの入力が必要な場合もあります。」と、まーまーな勢いで怒られます(笑)

これならうっかり消されることもないので安心ですね!

一部のセルだけはロック解除して誰でも編集できるようにする

下図のように、複雑な数式を書いたセルは保護したいけど、注文する個数など、一部入力してほしいセルがある!
なんてことも多いと思います。

何を何個買うのか、だけは入力してほしい
やまの

そんな時は、一部のセルのロックを解除してあげればいいんよ。

この操作は、シートの保護をする前に行ってくださいね!

ステップ1

まず、ロックを解除したいセルを選択します。

保護しても入力や編集できるようにしたいセルですね。

離れたセルは「Ctrlキー」を押しながらクリックする

ステップ2

そのまま「右クリック」をしてください。

出てきたメニューの中から「セルの書式設定」をクリックします。

右クリックメニュー

ステップ3

すると、セルの書式設定ダイアログボックスが出てきました。

上のタグから「保護」をクリックしてください。

そのすぐ下にある「ロック」をクリックしてチェックを外したら、「OK」をクリックしてください。

保護→ロック→OK

ステップ4

ロック解除を設定したら、先ほどの方法でシートの保護を行います。
「校閲タブ」→保護のところにある「シートの保護」をクリックでしたね。

シートの保護の場所

ステップ5

必要に応じてパスワードの設定などをしてください。

「OK」をクリックすれば、一部のセルだけ編集できるシートの保護は完了です。

シートの保護設定が終わったらOK

完成!

「シートの保護」が「シート保護の解除」になっていれば、保護の設定は成功です。

シート保護の解除になっていれば、シートの保護がされているってこと!

何か入力しようもとすると、下図のようにエラーメッセージが出てきます。

これならうっかり消されることもないので安心ですね!

しかし、ロック解除をしたセルには、いつも通り入力や削除ができますね!

ロック解除したセルだけ入力できる!
もりの

これなら、いろんな人が使っても安心だ!

【Excel・エクセル】シートの保護を解除するには

シートを保護すると、自分も含めて保護を解除しないと編集ができません。
シート保護の解除方法も、しっかりおさえておきましょう。

ステップ1

シートの保護を解除するには、「校閲タブ」→保護のところにある「シート保護の解除」をクリックすればOKです。

シート保護の解除の場所
もりの

これだけで解除できるなら、保護する意味ってあんまりなくない?

やまの

だから、シートを保護するときは、パスワードを設定するのをオススメするよ。

ステップ2

パスワードを設定していると、解除するのにパスワードの入力を求められます。

もちろん、パスワードが合っていないと解除されません。

パスワードを答えよ!

本当に編集されたくないなら、パスワードを設定した方が安心ですね。

完了!

先ほど「シート保護の解除」だったのが「シートの保護」になっていれば、シートの保護は解除されています。

シートの保護になっていれば、解除成功

これで、いじられたくないエクセルファイルを共有するときも、安心ですね!
それでは、お疲れさまでした!

今回のおさらい

  • シートの保護は「校閲タブ」→「シートの保護」
  • シート保護の解除は校閲タブ」→「シート保護の解除」
  • セルのロック解除は、編集させたいセルを右クリック→「セルの書式設定」→「保護」→「ロック」