【Word・ワード】フォントやサイズを変更したい!設定方法

2020/5/21

もりの

ここの文字は大きくして、目立たせたいなぁ。

そらの

それならフォントや種類とサイズを変更してみましょう。

今回のポイント

  • フォントは文字のデザインのこと
  • フォントの種類もフォントのサイズも、ホームタブのフォントから変更する

スポンサーリンク

【Word・ワード】フォントとは

もりの

さっそくだけど、フォントってなに?

明朝体とか、ゴシック体とかをフォントと言ったり、文字の大きさのことをフォントサイズと言ったり。
はたまたOfficeでは文字の色や太字なんかも、全部フォントというくくりになっていますよね。

フォントにはたくさんのアイコンが
もりの

じゃあフォントってなんやねん……

そらの

簡単に言うと、文字のデザインのことです。

文字のデザインであるため、色や大きさ、形など、文字をデザインするための操作は、すべてフォントの中に入っているのです。
ホームタブにある「フォント」から、文字のデザインに関する操作を行います。

フォントの場所

ここではその中でよく使う、フォントの種類とフォントサイズの変更について、見ていきましょう。

もりの

文字の見た目を変えたいときは、フォントの中を探せばいいんだね!

【Word・ワード】フォントの種類を変更する

フォントの種類は、フォントの中の左上にある四角いボックスから変更します。

フォントの種類を変える場所
もりの

何かもう書いてあるよ?

そらの

今文字を入力したら、ここに書かれたフォントの種類で表示されますよ、というお知らせですね。

ボックスの右端にある、アルファベットのVのようなマークをクリックしてください。

Vのようなマーク

たくさんの種類の文字のフォントが出てきましたね!
この中からお好きなフォントをクリックすれば、先ほどの四角いボックスが、選んだフォントに変わります。

この中からフォントを選ぶ

試しに、ポップ体を選んでみます。

好きなフォントをクリック

先ほどの四角いボックスが、選んだフォントに変わります。

ボックスの中が選んだフォントに変わった

そのまま文字を入力すると、選択したフォントの文字が入力されました。

選んだフォントで入力された
そらの

ちなみに、ここの一覧に気に入るフォントがなかった場合、インターネットからフォントを探してインストールできます。

【Word・ワード】フォントの大きさを変える

次に文字の大きさです。
先ほどのフォントの種類のボックスの一つ右に、数字が書かれた別のボックスがありますね。

フォントサイズが書かれたボックス

ここに書いてある数字が、文字の大きさ、フォントサイズです。
この数字が大きいほど文字は大きくなり、小さいほど文字は小さくなります。

フォントの種類を変更するときと同じように、フォントサイズの右側のVのマークをクリックしてみてください。
今度はいくつかの数字が出てきました。

Vのようなマークから数字の一覧が出てきた

出てきた数字をクリックすれば、文字の大きさが変えられます。
例えば20に変更してみますね。すると先ほどと同じように、ボックスの中が選んだ数値に変わりました。

このまま文字を入力すると、先ほどより大きい文字が入力できました!

選んだ大きさの文字が入力された
そらの

段落の一文字目だけ大きくすることもできますよ。

【Word・ワード】すでに入力した文字に適応させる

フォントの種類やサイズを変えると、これから入力する文字に対して適応されます。

もりの

書いた後の文字は変更できないの?

すでに入力した文字のフォントの種類やサイズを変えたい場合、文字をドラッグして選択した後に変更します。

文字を選んでからフォントを変える

選択した部分だけ、フォントが変わりました!

選択した部分だけ変更

ちなみに文字の大きさは、一覧から選ぶだけでなく、ボックスに直接入力もできます
サイズが書かれたボックスをクリックして、入力します。

例えば一覧には13はないですが、直接入力すれば一覧にない数値も指定できるんですね。

サイズを直接入力

これで、大きい音をあらわすときだけ文字を大きくしたり、大人向けには明朝体、子ども向けにはポップ体といったような使い分けができますね!

それでは、お疲れさまでした!

今回のおさらい

  • フォントは文字のデザインのこと
  • フォントの種類もフォントのサイズも、ホームタブのフォントから変更する

初心者でもできる!ワードの始め方