【Excel・エクセル】写真を加工できる?画像の編集方法

2020/10/1

もりの

この画像、もっと明るくできないかな?

やまの

明るさの調整とか、編集もばっちりできるよ!

今回のポイント

  • 画像の編集は「図ツール 書式タブ」→調整の「修正」or「色」or「アート効果」
  • 画像に影などの効果を付けるには「図ツール 書式タブ」→図のスタイルの「図の効果」or「その他」
  • 行った編集を解除するには「図ツール 書式タブ」→調整の「図のリセット」

【Excel・エクセル】写真加工の機能がある?

写真のイメージ

エクセルに画像を挿入したけど、もうちょっと明るくしたい、もうちょっとはっきりさせたいなど、写真を加工したいと思ったことはありませんか?

実はエクセルにも、写真を加工する機能はあるんです。

もちろん本格的な写真加工ソフトには劣りますが、ちょっとこうしたいな、という欲求は満たしてくれる、意外としっかりした性能です。

もりの

へぇ、知らなかった。使ってみたいな!

【Excel・エクセル】写真や画像を加工する方法

編集のイメージ

次の図はエクセルに添付した、幻想的な風景写真です。

この写真にさまざまな効果を付けて、加工していきたいと思います。

エクセルに挿入した写真
加工したい写真

写真や画像をトリミングする

画像のいらない部分を切り抜きして、すっきりさせられます。

やまの

トリミングはこっちで詳しくお話しするね!

画像の明るさ・コントラストを変える

画像の明るさを変えて、明るくしてみましょう。

ステップ1

まず、編集したい画像をクリックしてください。
するとタブの一番右に「図ツール 書式タブ」が現れました!

図ツール 書式タブ
図ツール 書式タブが現れた!

ステップ2

この「図ツール 書式タブ」→調整のところにある「修正」をクリックしてください。

修正の場所
修正の場所

ステップ3

すると、明るさやシャープさの一覧が出てきました。

明るさを調整するには「明るさ/コントラスト」の中から希望のものを選びます

明るさ/コントラストの一覧
明るさ/コントラストの一覧

ためしに、一番右下の「明るさ:+40%、コントラスト:+40%」を選んでみます。

明るさ:+40%、コントラスト:+40%
明るさ:+40%、コントラスト:+40%

完成!

写真がくっきり、明るくなりました!

元の画像
加工する前の写真
調整した画像
明るく加工した後の写真

写真や画像の色味を変える

写真の色合いを濃くしたり、モノクロにしたりだってできます。

ステップ1

まず、編集したい画像をクリックしてください。
するとタブの一番右に「図ツール 書式タブ」が現れました!

図ツール 書式タブ
図ツール 書式タブが現れた!

ステップ2

この「図ツール 書式タブ」→調整のところにある「色」をクリックしてください。

色の場所
色の場所

ステップ3

すると、どんな色味にするかの一覧が出てきました。

この中から好きなものを選んでください。

色の一覧
色の一覧

色の修正の注意点

色を変更した後にもう一度色をクリックすると、変更後の色味から彩度やトーンを変えることになります。
変更前の色から彩度やトーンなどを変えたい場合は、後述の「図のリセット」をしてください。

写真や画像にアート効果を付ける

写真を鉛筆で書いたようにしたり、ガラス越しに見たようにしたりと、アート風に加工もできます。

もりの

そんなことまで!

ステップ1

まず、編集したい画像をクリックしてください。
するとタブの一番右に「図ツール 書式タブ」が現れました!

図ツール 書式タブ
図ツール 書式タブが現れた!

ステップ2

この「図ツール 書式」→調整のところにある「アート効果」をクリックしてください。

アート効果の場所
アート効果の場所

ステップ3

すると、アート効果の一覧が出てきました。

この中から好きなものを選んでください。

アート効果の一覧
アート効果の一覧

ためしに、「鉛筆:モノクロ」を選んでみます。

鉛筆:モノクロ
鉛筆:モノクロを選ぶと

完成!

まるで、鉛筆で描いたようなタッチに早変わり!

加工前の写真
加工前の写真
鉛筆:モノクロの効果を付けた写真
加工後の写真、まるで鉛筆で描いたかのよう

写真や画像の背景を削除する

今回の例題には当てはまらないかもしれませんが、はっきりとした被写体がある画像では、背景を消して被写体だけにしたい!ということもあると思います。

白い花に黒い背景の画像
花だけ残して背景は消したい!

実はそれも、エクセルでできちゃうんです!

やまの

詳しくは、別のページでお話しするね!

写真や画像を圧縮する

写真の容量が重いと、エクセルの動きに影響することがあります。
特定のエクセルファイルだけ開くのに時間がかかったり、重いなと感じるときは、トリミングして完全に削除したり、画像を圧縮したりして容量を軽くしてみてください。

やまの

やり方は、下記ページでお話しするね!

【Excel・エクセル】写真や画像を図のスタイルで装飾する

デザインのイメージ

写真をインスタントカメラで撮ったように、周りに縁を付けたり、影を付けて立体的に見せたりもできます。

用意された図のスタイルを使う

自分で細かく設定もできますが、手っ取り早くデザインするには、あらかじめ用意された図のスタイルを使うのが簡単です。

ステップ1

まず、編集したい画像をクリックしてください。
するとタブの一番右に「図ツール 書式タブ」が現れました!

図ツール 書式タブ
図ツール 書式タブが現れた!

ステップ2

この「図ツール 書式」→図のスタイルのところにある「その他(アルファベットのVのようなマーク)」をクリックしてください。

図のスタイルその他の場所
図のスタイルその他の場所

すると、図のスタイルの一覧が出てきました。

この中から好きなスタイルを選べば、画像に適応されます。

図のスタイルの一覧
図のスタイルの一覧

ためしに、「回転、白」を選んでみます。

回転、白の場所
回転、白の場所

完成!

すると、まるで実際に写真を置いたかのようなデザインになりました!

回転、白を適応した画像
実際の写真のようなデザインに!

手動で図のスタイルを設定する

用意されたスタイルの中に気に入るものがなければ、自分で作っちゃいましょう!

写真や画像を縁取りする

ステップ1

まず、編集したい画像をクリックしてください。
するとタブの一番右に「図ツール 書式タブ」が現れました!

図ツール 書式タブ
図ツール 書式タブが現れた!

ステップ2

縁取りをしたいときは、「図ツール 書式タブ」→図のスタイルのところにある「図の枠線」をクリックしてください。

図の枠線の場所
図の枠線の場所

ステップ3

すると、図の枠線のメニューが出てきました。
ここから、縁(枠線)の色や太さなどを決められます

枠線を消したいときは「枠線なし」を選んでください。

図の枠線のメニュー
図の枠線のメニュー

写真や画像に影などの効果を付ける

ステップ1

まず、編集したい画像をクリックしてください。
するとタブの一番右に「図ツール 書式タブ」が現れました!

図ツール 書式タブ
図ツール 書式タブが現れた!

ステップ2

その他の影、反射、光彩、ぼかし、面取り、3D回転といった効果はすべて、「図ツール 書式タブ」→図のスタイルのところにある「図の効果」で設定できます。

図の効果の場所
図の効果の場所

ステップ3

すると、図の効果のメニューが出てきました。

それぞれをクリックすると、さらにその中のメニューが出てきますので、付けたい効果をクリックしてください。

影と3-D回転など、同時に複数の効果を付けられます。

図の効果のメニュー
図の効果のメニュー

【Excel・エクセル】画像の調整や図のスタイルをリセットする

消すイメージ

これまでに行った画像の編集や図のスタイルを解除するには、リセットしたい画像をクリックして「図ツール 書式タブ」→調整のところにある「図のリセット」をクリックしてください。

図のリセットの場所
図のリセットの場所

これで、画像に行った編集や図のスタイルは、きれいさっぱり削除されます。

【Excel・エクセル】画像が挿入・編集できない場合

できないイメージ

画像が挿入できなかったり、クリックしても選択できない場合は、以下を確認してみてください。

  • ブックの共有」されていないか
  • 「オブジェクトの非表示」されていないか
  • 「シートの保護」されていないか
  • 「メモリが不足」していないか
やまの

詳しくは、こちらでお話しするね。

これで、写真を目を引くデザインにできますね!
それでは、お疲れさまでした!

今回のおさらい

  • 画像の編集は「図ツール 書式タブ」→調整の「修正」or「色」or「アート効果」
  • 画像に影などの効果を付けるには「図ツール 書式タブ」→図のスタイルの「図の効果」or「その他」
  • 行った編集を解除するには「図ツール 書式タブ」→調整の「図のリセット」

写真・画像の加工を動画で見る