【Word・ワード】文字を強調する!太字、傍点、フォントの色などなど

2020/10/8

もりの

この言葉は重要だから、目につくように強調したいんだ。

そらの

強調の方法はたくさんありますよ。

今回のポイント

  • 太字「Ctrl+B」、斜体「Ctrl+I」、斜線「Ctrl+U」
  • 傍点は「フォントダイアログボックス」→傍点
  • フォントの色は「ホームタブ」→フォントのところにある「フォントの色」
  • 蛍光ペンは「ホームタブ」→フォントのところにある「蛍光ペンの色」

【Word・ワード】強調の基本、太字・斜体・下線

一番オーソドックスで簡単にできる強調が、太字斜体下線です。
ワンクリックでできるほか、ショートカットキーでも設定できるので、とても手軽に強調できます。

付けたい文字列をドラッグして選択して、「ホームタブ」→フォントのところにある「B」「I」「U」と書かれたアイコンから設定できます。

太字・斜体・下線の場所
太字・斜体・下線の場所
名前アイコンショートカット結果
太字太字のアイコン「Ctrlキー」+「Bキー」太字の結果
斜体斜体のアイコン「Ctrlキー」+「Iキー」斜体のイメージ
下線下線のアイコン「Ctrlキー」+「Uキー」下線の結果
そらの

それぞれ英語にすると、太字はBold、斜体はItalic、下線はUnderlineなんですよ。

もりの

ショートカットキーは、英語にしたときの頭文字なんだね!

【Word・ワード】文字の上に点を打つ、傍点

文字の上に点をつけて傍点の結果といった具合に強調する方法もあります。
この点を、傍点(ぼうてん)といいます。

ステップ1

傍点の付け方はまず、付けたい文字列をドラッグして選択して、「ホームタブ」→フォントのところにある「フォント(右下を向いた矢印)」をクリックしてください。

右下を向いた矢印の場所
右下を向いた矢印の場所

ステップ2

すると、「フォントダイアログボックス」が出てきました。

傍点は、真ん中の右側にあります。

傍点の下にあるボックスをクリックしてみてください。

フォントダイアログボックス
フォントダイアログボックス

ステップ3

はじめは「(傍点なし)」と書かれていますが、ここをクリックすれば「・」か「、」かを選べます。

傍点をクリック
傍点をクリック

ステップ4

フォントダイアログボックスの下の方にあるプレビューを見てみると、ちゃんと点がついていますね。

これでよければ、「OK」をクリックしてください。

プレビューに傍点がついている画像
プレビューに傍点がついていたらOK

完成!

これで、文字の上に傍点が付きました!

【Word・ワード】フォントサイズや色を変える

フォントの大きさや色をこんな感じで変えるのも、強調には有効です。

フォントの種類やサイズを変える

フォントの種類やサイズは、「ホームタブ」→フォントところにある「フォント(右上にあるボックス)」から変更できます。

フォントの右上にあるボックス
フォントの右上にあるボックス
そらの

詳しくはこちらで解説しています。

フォントの色を変える

重要な単語が赤字で書かれているのって、よく見かけませんか?
色を変えるのは、それだけ有効なんですね。

ステップ1

色をつけたい文字列をドラッグして選択して、「ホームタブ」→フォントのところにある「フォントの色」をクリックしてください。

フォントの色の場所
フォントの色の場所

完成!

文字の色が赤くなりましたね!

色が赤になった
色が赤になった
もりの

赤以外にはできないの?

ステップ1

フォントの色を赤以外にしたい場合は、色を付けたい文字をドラッグしてから、「ホームタブ」→フォントのところにある「フォントの色の右の下向き三角」をクリックします。

「フォントの色」の右の「下向き三角」
「フォントの色」の右の「下向き三角」

すると、色の一覧が出てきました。

色の一覧
色の一覧

ステップ2

気に入った色をクリックすれば、その色に変わります。

それと同時に、先ほどまでのアイコンはアルファベットのAの下に赤いラインが入っていましたが、色を変えるとラインの色が選んだ色に変りました

色が変わった
色が変わった
もりの

あのラインの色は、ここをクリックするとこの色になりますよ!ってことだったんだね。

【Word・ワード】蛍光ペンで強調する

学校などの勉強で、教科書の重要な部分にこんな感じでマーカーを引いたことはありませんか?
これ、ワードできるんです。

ステップ1

マーカーを引きたい文字列をドラッグして選択して、「ホームタブ」→フォントのところにある「蛍光ペンの色」をクリックしてください。

蛍光ペンの色の場所
蛍光ペンの色の場所

完成!

これで、黄色いマーカーが引けました!

黄色いマーカーが引けた
黄色いマーカーが引けた
もりの

色は……

そらの

色も、もちろん変えられますよ。

ステップ1

マーカーを引きたい文字列をドラッグして選択して、「ホームタブ」→フォントのところにある「蛍光ペンの色の右にある下向き三角」をクリックしてください。

「蛍光ペンの色」の右の「下向き三角」
「蛍光ペンの色」の右の「下向き三角」

すると、色の一覧が出てきました。

色の一覧
色の一覧

完成!

好きな色をクリックすれば、その色のマーカーが引けます。

それと同時に、先ほどまでのアイコンはアルファベットのabの下に黄色いラインが入っていましたが、色を変えるとラインの色が選んだ色に変りました

色が変わった
色が変わった
そらの

蛍光ペンのアイコンをクリックすると、ラインの色が引かれるということですね。

これで、文字を強調してメリハリのある文書が書けますね!
それでは、お疲れさまでした!

今回のおさらい

  • 太字「Ctrl+B」、斜体「Ctrl+I」、斜線「Ctrl+U」
  • 傍点は「フォントダイアログボックス」→傍点
  • フォントの色は「ホームタブ」→フォントのところにある「フォントの色」
  • 蛍光ペンは「ホームタブ」→フォントのところにある「蛍光ペンの色」

文字の強調を動画で見る