【Excel・エクセル】文字や値を検索する方法!検索機能の使い方

2020/9/25

もりの

この表のどこかに、山田さんのデータがあるはずなんだけど……

やまの

検索機能を使って、検索する方法を見てみよう。

今回のポイント

  • 検索のショートカットキーは「Ctrlキー」+「Fキー」
  • 範囲選択して検索すれば、範囲内検索ができる
  • 「オプション」を押せば、検索の条件が指定できる

 検索の練習ファイルダウンロード

もりの
 
 

一緒にやってみませんか?

【Excel・エクセル】検索機能の使い方、ショートカットキー

探すイメージ

エクセルは大量のデータを処理します。

例題
エクセルで大量のデータ管理していると、データを探すのも大変

そんなエクセル内で、「あれが書いてあるセルってどこだっけ?」と、特定の文字などが書かれたセルを検索したいときってありませんか?

もりの

この中にいる、山田さんを探したいんだ。

そんな時は、検索機能を使っちまいましょう!

ステップ1

検索機能のショートカットキー、「Ctrlキー」+「Fキー」を押してみてください。

もりの

ポチっとな……

すると、なにやら出てきましたね。

検索と置換ダイアログボックス
検索と置換ダイアログボックス

彼の名は「検索と置換ダイアログボックス」。
名前の通り、検索機能と置換機能を使うためにやってきました。

もりの

置換機能?

やまの

ある文字を、別の文字に置き換える機能だよ。
詳しくは、下記のページでご紹介するね!

文字列の検索方法

では、この検索機能を使って、表の中にいる山田さんを検索したいと思います。

ステップ2

検索と置換ダイアログボックスにある「検索する文字列」に、検索したい文字を入力します。

今回は山田さんのデータを検索したいので、「山田」と入力してみます。

検索したい文字を入力した画像
検索する文字列に、検索したい文字を入力
もりの

「すべて検索」と「次を検索」ってあるけど、どっちで検索できるの?

やまの

どっちでもできるけど、検索の仕方が違うんよ。

文字列の検索ーすべて検索

ステップ3-1

「すべて検索」では、そのシートにある検索した文字列のセルが、一覧で表示されます。

試しに「すべて検索」を選んでみます。

すべて検索をクリックした場合
すべて検索をクリックした場合

「山田」と書かれたセルの一覧が表示されました。
このシートには、「山田」と書かれたセルが3つあるのが分かります。

ステップ4-1

検索結果にマウスを当てると、マウスポインタが指の形になりました。

この状態でクリックすれば、そのセルにジャンプできます。

マウスポインタの形が指のアイコンになった画像
リンクのように、マウスポインタの形が指のアイコンに

完了!

試しに、「山田 隆」さんをクリックしてみると……そのセルに移動できました!

検索したセルに移動した画像
検索したセルに移動できた

該当のセルがたくさんあるときには、便利な機能ですね。

文字列の検索ー次を検索

ステップ3-2

「次を検索」では検索結果の一覧は出ず、直接該当のセルへジャンプします。

「次を検索」をクリックしてみると……山田さんのセルに移動できました!

山田さんのセルに移動した画像
山田さんのセルに移動できた!
もりの

あれ、山田さんって3人いたよね?他の2人のセルには移動できないの?

やまの

もう一度「次を検索」を押してみて。

ステップ4-2

もう一度「次を検索」をクリックすると、別の山田さんのセルに移動しました。

次を検索をもう一度押した画像
「次を検索」で次々セルを移動する

「次を検索」をクリックすれば、該当のセルを次々と移動できます。
今回山田さんのセルは3つありますが、4回、5回とクリックすると、この3つのセルをローテーションします。

やまの

ちなみに検索される順番は、アクティブなセルより下にあるセルから、どんどん下へ潜っていくよ。

検索される順番
検索される順番

データの上の方に探したいセルがある場合、一番上のセルをクリックしてアクティブにしてから検索するといいですよ!

もりの

アクティブなセルとな?

やまの

最後にクリックしたセルだよ。

範囲を指定して文字列を検索する方法

もりの

名前に「男」がついてる人がいたんだよな。「男」で検索してみれば分かるかも!

と思い、検索する文字列に「男」と入れて検索した結果……

思ったより検索結果が多い画像
思ったより検索結果が多い……?
もりの

よよよ、46!?坂?坂道なの!?

やまの

確認のために、クリックして移動してみよう。

移動してみると、46セルの原因は「氏名」ではなく「性別」の男のようですね。

性別の男が検索された画像
検索はシート内すべてに反応する

そう、検索では、シート内すべての文字列を検索します。
そのため、ほしい情報になかなかたどり着かないことも……

もりの

何とかなりませんかねぇ?

やまの

検索する範囲を指定できるんよ。

ステップ1

やり方は簡単で、検索したい範囲をドラッグなどして選択するだけ!
行や列で指定してもOKです。

やまの

じゃあ改めて、氏名のB列を選択して、もう一度検索してみて。

先に検索したい範囲を選択した画像
先に検索したい範囲を選択して、検索してみる

完了!

すると、選択した範囲の中で検索されました!

目的のセルが、より探しやすくなりますね。

範囲内で検索された画像
範囲内で検索できた

あいまい検索、ワイルドカードは使える?

この検索機能では、あいまい検索でおなじみのワイルドカードが使えます。

もりの

ボクにはなじみがないですねぇ。

やまの

詳しくは、別のページでご紹介するね。

早い話、「あの人、ほら、高なんとかさん!名前は何とか子さん。高なんとか子さん!」の、「なんとか」の部分をカバーしてくれるのが、ワイルドカードです。

ワイルドカードには「?(クエスチョンマーク)」と「*(アスタリスク)」がありますが、ここでは「*」を使ってみます。

ステップ1

「*」をそのまま「なんとか」と読んで、「高*子」で検索してみてください。

ワイルドカードを使った検索
ワイルドカードを使った検索

完了!

無事、「高田 啓子」さんが検索されました!

【Excel・エクセル】検索条件を変える、検索のオプション

オプションのイメージ

検索機能には、「検索のオプション」があります。
検索のオプションでは、どういう風に検索するか、その方法や条件を指定できます。

ステップ1

検索と置換ダイアログボックスの右下にありる「オプション」をクリックしてみてください。

検索と置換ダイアログボックスのオプションボタン
オプションをクリックすると……

完了!

検索のオプションの部分が出てきました!

検索のオプション
検索のオプションが突如現れた!

ちなみに、もう一度「オプション」をクリックすると、元に戻ります。

やまの

検索のオプションは、「置換機能」でも使えるよ!

検索する文字列を部分一致ではなく完全一致にする

通常の検索機能は部分一致での検索ですが、検索のオプションで指定すれば、完全一致での検索に変更できます。

もりの

完全一致?

やまの

検索する文字列と全く同じセルを検索するってことだよ。

部分一致と完全一致

先ほどの検索では、「山田」と検索すると、「山田真奈美」さんも「山田隆」さんも「山田清」さんも検索できました。山田という文字が一部に入っていれば、検索されたわけです。
これが部分一致ですね。

対して完全一致は、「山田」と検索すると、「山田」と書かれたセルだけが検索されます。
検索する文字列に完全に一致するものだけ、検索されるのです。

では実際に検索してみましょう。

ここに「中川久美」さんと「中川久美子」さんがいます。

部分一致したセル
部分一致したセルがある

部分一致(今まで通り)の検索で「中川久美」を検索すると、「中川久美」さんと「中川久美子」さんのどちらも検索結果に出てきます。

二つのセルが検索結果に表示された画像
部分一致だと、二つのセルが検索結果に表示される

では、完全一致にして試してみましょう。

ステップ1

検索と置換ダイアログボックスの右下にありる「オプション」をクリックしてください。

検索と置換ダイアログボックスのオプションボタン
検索のオプションを呼び出す

ステップ2

完全一致にするには、検索のオプションにある「セル内容が完全に同一であるものを検索する」をクリックしてチェックを入れます。

チェックを入れたら、「すべて検索」をクリックしてみてください。

セル内容が完全に同一であるものを検索するにチェックを入れた画像
「セル内容が完全に同一であるものを検索する」にチェックを入れる

完了!

すると、部分一致の「中川久美子」さんは検索結果から外れて、完全一致の「中川久美」さんだけが検索結果に表示されました!

検索結果の画面
完全一致したセルだけ、検索結果に表示される

全く同じ文字のセルを探したいときは、ぜひ使ってみてください!

検索する文字列の大文字と小文字を区別する

通常の検索は、大文字と小文字は区別されません

「Excel」と、頭文字だけ大文字、そのほかは小文字で検索しても、「EXCEL」も「excel」も同じものとみなして、検索結果に表示します。

検索結果の画面
大文字小文字関係なく、検索結果に表示される

これを、大文字と小文字まで一致したときにだけ検索されるように、変更してみたいと思います。

ステップ1

検索と置換ダイアログボックスの右下にありる「オプション」をクリックしてください。

検索と置換ダイアログボックスのオプションボタン
検索のオプションを呼び出す

ステップ2

検索のオプションの「大文字と小文字を区別する」をクリックしてチェックを入れます。

チェックを入れたら、「すべて検索」をクリックしてみてください。

大文字と小文字を区別するにチェックを入れた画像
「大文字と小文字を区別する」にチェックを入れる

完了!

すると、大文字と小文字が区別され、頭文字だけ大文字の「Excel」だけが、検索結果に出てきました!

検索結果画面
検索する文字列の大文字と小文字が区別されるようになった

検索する文字列の半角と全角を区別する

通常の検索は、半角と全角は区別されません

「EXCEL」と、すべて半角英字で検索しても、すべて全角英字で書かれた「EXCEL」は同じものとみなして、検索結果に表示します。

半角と全角は同じものとして表示された検索結果
半角と全角は同じものとして、検索結果に表示される

これを、半角と全角まで一致したときにだけ検索されるように、変更してみたいと思います。

ステップ1

検索と置換ダイアログボックスの右下にありる「オプション」をクリックしてください。

検索と置換ダイアログボックスのオプションボタン
検索のオプションを呼び出す

ステップ2

検索のオプションの「半角と全角を区別する」をクリックしてチェックを入れます。

チェックを入れたら、「すべて検索」をクリックしてみてください。

半角と全角を区別するにチェックを入れた画像
「半角と全角を区別する」にチェックを入れる

完了!

すると、半角と全角が区別され、半角の「EXCEL」だけが、検索結果に出てきました!

検索結果の表示画面
検索する文字列の半角と全角が、区別されるようになった

【Excel・エクセル】検索して抽出する、VLOOKUP関数

検索機能は、検索した文字のセルにジャンプしますが、関数を使えば、検索したい文字列を抽出できます。
その代表的な関数が、「VLOOKUP関数」です。

やまの

エクセルの登竜門的な関数だね。

もりの

難しそう……

詳しくは、下記ページをご参照ください。

検索機能を使えば、もうシート内で迷子にはなりませんね!
それでは、お疲れさまでした!

今回のおさらい

  • 検索のショートカットキーは「Ctrlキー」+「Fキー」
  • 範囲選択して検索すれば、範囲内検索ができる
  • 「オプション」を押せば、検索の条件が指定できる