【Excel・エクセル】#DIV/0!エラーの意味と対処法!

もりの

あれ、#DIV/0!ってエラーになってる?ナニコレ?

やまの

割り算で出るエラーだね。

今回のポイント
  • #DIV/0!は、除数が0、または空欄のエラー
  • 除数に正しい値を入れるか、IFERROR関数で解決

スポンサーリンク

【Excel・エクセル】#DIV/0!エラーの意味は?

#DIV/0!は、割り算の除数(割る数)が0、または空欄の時に出るエラーです。

次の図を見ると、被除数(割られる数)が0や空欄なら答えは0、除数が0や空欄なら#DIV/0!エラーになっていますね。

#DIV/0!エラーが出た画像
#DIV/0!エラーが出てしまった
もりの

除数ってどっち?

やまの

A÷Bの、Bの方だね。

また、割り算系の関数「MOD関数」や「QUOTIENT関数」の除数に0や空白を使ったときも、#DIV/0!エラー。

MOD関数で#DIV/0!エラーになった画像
関数でも#DIV/0!エラー

SUM関数などで、#DIV/0!エラーのセルを参照したときも#DIV/0!エラーになります。

SUM関数で#DIV/0!エラーになった画像
#DIV/0!を参照すると#DIV/0!に

【Excel・エクセル】#DIV/0!エラーの解決方法

除数の0や空白の数値を変える

#DIV/0!エラーは除数(割る数)が0、または空欄の時に出るエラーなので、除数を確認して正しい数値にすれば、エラーは解消します。

#DIV/0!が解消された画像
#DIV/0!が解消された

#DIV/0!が解消されれば、#DIV/0!を参照していた関数の#DIV/0!も、自動的に解消します。

SUM関数の#DIV/0!も解消された画像
SUM関数の#DIV/0!も解消された

IFERROR関数を使う

ただ新しい店舗で前年がないなど、どうしてもエラーを避けられないときもありますよね。

やまの

そんな時は、IFERROR関数でエラーを空白にしちゃおう!

IFERROR関数の書き方

=IFERROR(値,エラーの場合の値)

この計算式(セル)が
エラーの場合の値エラーだったらこうしてね

例えば先ほどの表の、セルC3の#DIV/0!エラーを空白にしたい場合。

#DIV/0!を空白にしたいセル
#DIV/0!を空白にしたい

「=IFERROR(A3/B3,"")」とすればOKです。

IFERROR関数で#DIV/0!を空白にした画像
IFERROR関数で空白にした
もりの

「""」で空白って意味なんだね。

やまの

IFERROR関数は、こっちのページで詳しく解説するね!

これで、#DIV/0!とかいうエラーが出ても、焦らず対処ができますね!
それでは、お疲れさまでした!

今回のおさらい
  • #DIV/0!は、除数が0、または空欄のエラー
  • 除数に正しい値を入れるか、IFERROR関数で解決