【Excel・エクセル】エラーかどうか調べる、ISERROR関数とは?IF関数と組み合わせての使い方

2021/5/6

もりの

IF関数でエラーになった場合は、空白にしたいんだ。

やまの

ISERROR関数の出番だね!

今回のポイント
  • エラーかどうかを調べるなら、ISERROR関数
  • =ISERROR(テストの対象)
  • IF関数と組み合わせて使うことが多い

スポンサーリンク

 ISERROR関数の練習ファイルダウンロード

もりの
 
 

一緒にやってみませんか?

【Excel・エクセル】エラーを判定できる、ISERROR関数とは?

数式に文字列があり、エラーになった表
エラーだった場合に、エラー表示されるのは避けたい

例えば成約件数などの数値の前年比を計算していて、今期の数値がまだ出ていない場合、割り算できずにエラーになってしまいます。

もりの

でもデータの提出に間に合いそうにないから、とりあえずエラーは空白にしておきたいんだ。

エラーの時は空白……これはIF関数でできそうですが、肝心の「エラーの時」という条件は、どうすれば……?

やまの

そこで、エラーかどうかを調べるISERROR関数の出番ってわけなんよ。

ISERROR関数は、引数であるテストの対象がエラーならTRUE、エラーでなければFALSEを返してくれます。
ちなみに、読み方は「イズエラー」です。

まずは、このISERROR関数の使い方について、詳しく見てみましょう!

【Excel・エクセル】ISERROR関数の使い方

関数の書き方

=ISERROR(テストの対象)

ISERRORこの数式(セル)はエラーになりますか?
テストの対象この数式(セル)
もりの

なんか、簡単そうな予感!

やまの

ちなみに、ISERROR関数がエラーと判断するのは、以下のエラー値の場合だよ。

#DIV/0!0で割り算している
#NULL!指定したセル範囲が間違っている
#VALUE!関数の引数が間違っている
#N/A対象のデータが見つからない
#NUM!関数の数値が間違っている
#NAME?関数名が間違っている
#REF!参照していたセルが消された
#SPILL!スピル先にすでに値が入っている

ISERROR関数の使用例

冒頭の成約件数の表に、計算式がエラーかどうかの項目を作ってみました。ISERROR関数を使って、前年比の計算がエラーになるかどうかを調べてみたいと思います。

エラーかどうか調べたい表
ISERROR関数を知るため、エラーかどうか調べてみる
やまの

=ISERROR(C3/B3)で、求められるよ。説明するね。

ステップ1

セルE3に、「=(」と入力してください。

もりの

半角英数入力モードにしてから、入力するんだよね。

ステップ2

ISERROR関数の引数は、「テストの対象」だけでした。今回は、前年比の計算でエラーになるかを調べたいと思っています。
前年比の計算は、今年÷前年ですよね。

もりの

僕の前年比の計算だから、セルC3÷B3ってことだよね。

「=(」の続きに、「C3/B3)」と入力してください。下図のようになっていれば、OKです!

ISERROR関数を使った数式
ISERROR関数を使った数式

完成!

最後にエンターキーを押せば、無事エラーかどうかが分かりました!
今回はエラーにならないので、FALSEとなりました。

ISERROR関数の使用例
君はエラーじゃないから、FALSEだ!

では、オートフィルで下まで引っ張ってみましょう。
一番下の計算は、割り算の中に文字列が含まれているので、エラーになるようですね。

ISERROR関数でTRUEになった画像
エラーの場合、TRUEと言って教えてくれるISERRORさん
もりの

ISERROR関数で、エラーかどうかが分かるんだね!

【Excel・エクセル】ISERROR関数とIF関数を組み合わせる

数式に文字列があり、エラーになった表
エラーだった場合に、エラー表示されるのは避けたい

では、いよいよ本題です。計算式がエラーになる場合、空白にしたいと思います。
エラーになっているD列の計算は一度削除して、改めて数式を入力していきましょう!

やまの

IF関数を使って、理論式に「もしエラーだったら空白にする」って書けばいいんよ。

もりの

ISERROR関数で、エラーだったら、の部分ができるんだね。

IF関数については、下記ページをご参照ください。

ステップ1

ではまず、IF関数から書いていきます。セルD3に「=IF(」と入力してください。

IF関数の書き始めの画像
まずはIF関数を書いていく

ステップ2

次に、IF関数の理論式を書いていきます。
今回は「前年比がエラーだったら」という理論式にしたいので、「ISERROR(C3/B3),」となりますね。

ISERROR関数を使った、IF関数の理論式
ISERROR関数を使った、IF関数の理論式
もりの

最後のカンマ(,)を忘れないでね。

やまの

関数の中に関数を入れることを、ネストとか入れ子とか言うよ。

ステップ3

前年比の計算がエラーだった場合、空白にしたいので、続きに「“",」と入力します。

IF関数の真の場合を入力した画像
IF関数の真の場合を入力
やまの

「""」で、空白を表現できるんよ。

もりの

最後のカンマ(,)を忘れないでね。パート2。

ステップ4

最後に、エラーじゃなかったら、普通に前年比の計算をしてほしいので、もう一度前年比の計算式「C3/B3」を入力します。

IF関数の偽の場合で、もう一度計算式を入力した画像
IF関数の偽の場合で、もう一度計算式を入力
もりの

エラーかどうか調べた数式は、「ISERROR関数」と「偽の場合」、2回書くんだね。

完成!

これで式は完成です!最後に「」でIF関数を締めて、エンターキーを押してください。

IF関数とISERROR関数を使った式
IF関数とISERROR関数を使った式ができた!

オートフィルで下まで引っ張ってみると、エラーになる計算式では、ちゃんと空欄になっていますね!

エラーを空白にできた画像
エラーになるはずのところを、空白にできた
やまの

ただ、Excel2007で登場した「IFERROR関数」を使った方が、簡単にできたりできなかったり……。

もりの

えぇ!?

何はともあれ、これでエラーが出てきても対処できますね!
それでは、お疲れさまでした!

今回のおさらい
  • エラーかどうかを調べるなら、ISERROR関数
  • =ISERROR(テストの対象)
  • IF関数と組み合わせて使うことが多い