【Excel・エクセル】足し算・引き算・掛け算・割り算、四則演算をしよう!

2020/9/15

もりの

Excelなら、足し算や割り算が簡単にできるって聞いたけど?

やまの

Excelなら、四則演算くらいすぐできるんよ!

今回のポイント

  • 計算式を入力するときは半角英数で
  • はじめに「=」を入力して、計算式を書く
  • 足し算「+」、引き算「-」、掛け算「*」、割り算「/」

【Excel・エクセル】四則演算(四則計算)とは

計算のイメージ

四則演算とは、足し算、引き算、掛け算、割り算の四つの計算のことです。
四則計算とも言います。

ちなみに読み方は「しそくえんざん」です。

エクセルは「表計算」ソフト。こういった計算が大得意なんです!

やまの

先にまとめるとこんな感じかな。

足し算=1+1
引き算=1-1
掛け算=1*1
割り算=1/1

【Excel・エクセル】四則演算の計算方法

ではさっそく、足し算、引き算、掛け算、割り算の計算のやり方を見てみましょう!

やまの

でもその前に、エクセルで計算するときの注意点についてお話しするね。

エクセルで計算式や関数を書く時のルール

足し算や引き算などをExcelで計算をする場合、覚えておいてほしい2つのルールがあります。
このルールはエクセルのメインどころ「関数」を入力するときも同じなので、忘れないようにしてくださいね。

エクセルで計算式を書くルール1.入力モードを半角英数にする

まず一つ目は、「入力モードが半角英数」になっていることです。

画面右下の日付や時間の左隣にある通知領域が、アルファベットの「A」になっているか、確認してください。

ひらがなの「あ」やカタカナの「カ」になっている場合は、そのマークをクリックして、アルファベットの「A」に切り替えてください。

入力モードに気を付けてください
入力モードに気を付ける
やまの

入力モードの切り替えは、別のページで詳しくお話しするね。

エクセルで計算式を書くルール2.最初に「=」を入力する

二つ目は、必ず最初にイコール(=)を入力することです。

イコールはキーボードの右上の方、ひらがなの「ほ」と書いてあるキーをShiftキーと一緒にキーを押してあげると、入力できます。
イコールは、これから数式を書きますよ!という合図なんです。

イコールの入力の仕方
イコールの入力方法

エクセルでの足し算のやり方

足し算のイメージ

ではいよいよ、エクセルでの足し算をのやり方を見ていきましょう。
ためしに、「17+25」を計算したいと思います。

ステップ1

まずはエクセルで計算式を書く時のルール、画面右下の日付や時間の左隣にある通知領域が、アルファベットの「A」になっているか、確認しましょう。

入力モードに気を付けてください
入力モードに気を付ける

そしてもう一つのルール、「イコール(=)」を入力します。
イコールは、「Shiftキー」を押しながら、「=(ひらがなの「ほ」)」を押せば入力できます。

イコールの入力の仕方
イコールの入力方法

ステップ2

イコールが入力できたら、数字の「17」と入力し、足し算の記号を入力します。
足し算の記号は「+」です。

やまの

いつもの算数で足し算するときと、一緒だね!

プラス(+)は、テンキーがあると入力が楽です。

もりの

テンキーって?

テンキーとは計算がしやすい作りになったキーのことです。
お使いのキーボードの一番右に下図のようなキーはありませんか?

テンキーの図
テンキーの図

プラス(+)は一番右の真ん中のキーです。

プラス(+)の位置
プラス(+)の位置
やまの

ノートパソコンには、ないことが多いかな。

テンキーがない場合、キーボード右側の、ひらがなの「れ」を、Shiftキーを押しながら押してください。

プラス(+)の入力方法
プラス(+)の入力方法

プラス(+)が、入力され、「=17+」となりましたでしょうか?

ステップ3

次に「25」と入力します。これで、「=17+25」と入力できました。

17+25の式
こうなっていたらOK

「=」の位置こそ違いますが、いつも算数で見る「17+25=」と同じ意味になっています。
違うのは、この式を解くのは私たちではなく、エクセルさんということ。

ステップ4

では、式が完成したので、エクセルさんに計算してもらいましょう。
エクセルさんに計算してもらうには、「エンターキー」を押せばOKです。

エンターキーで計算開始
足し算が実行された
もりの

17+25で42、正解だね!

やまの

足し算はSUMっていう関数でも出せるよ!

エクセルでの引き算、掛け算、割り算のやり方

ほかの引き算、掛け算、割り算も、足し算の時に入力した「+」の記号を変えることで、計算できます。

エクセルでの引き算のやり方

引き算は「マイナス(-)」のマーク。テンキーだと一番右上のキーです。

テンキーのマイナスの場所
テンキーのマイナス(-)の入力方法

テンキーがない場合は、「イコール(ひらがなの「ほ」)と同じキー」だけを押すと、入力できます。

マイナスは「Shiftキー」は押さないので、気を付けてくださいね。

マイナス(ー)の入力方法

エクセルでの掛け算のやり方

掛け算は「アスタリスク(*)」という、花びらのようなマークのキーを押します。
テンキーでは、マイナス(-)の左隣にあります。

テンキーの掛ける(×)の入力方法
テンキーの掛ける(×)の入力方法

テンキーがない場合は+の一つ右隣りにある、ひらがなの「け」を、「Shiftキー」と一緒に押します。

掛ける(×)の入力方法
掛ける(×)の入力方法

割り算の計算方法

割り算は「スラッシュ(/)」です。テンキーでは、アスタリスク(*)の左隣にあります。

テンキーの割る(÷)の入力方法
テンキーの割る(÷)の入力方法

テンキーがない場合は、プラス(+)とアスタリスク(*)の一つ下の、ひらがなの「め」です。
スラッシュはShiftキーは押さずに、スラッシュのキーのみを押してください。

割る(÷)の入力方法
割る(÷)の入力方法

四則演算の練習問題

チャレンジとして、

  • 15+5
  • 12-7
  • 6×3
  • 18÷3
  • 5+6-11
  • 21÷3+2×3

をエクセルで計算してみてください!

次のようになれば、正解です!

練習問題の答え
練習問題の答え

関数を使っての計算もできますが、今回ご紹介した方法もよく使うので、ぜひマスターしてください!
それでは、お疲れさまでした!

今回のおさらい

  • 計算式を入力するときは半角英数で
  • はじめに「=」を入力して、計算式を書く
  • 足し算「+」、引き算「-」、掛け算「*」、割り算「/」

初心者でもできる!エクセルの始め方