【Excel・エクセル】掛け算のやり方!PRODUCT関数の使い方

もりの

掛け算って、「*」でつなげないとダメ?関数はないの?

やまの

掛け算なら、PRODUCT関数でできるんよ。

今回のポイント
  • 掛け算の記号は「*(アスタリスク)」
  • 掛け算の関数はPRODUCT関数
  • =PRODUCT(掛け算したい範囲)

スポンサーリンク

 PRODUCT関数の練習ファイルダウンロード

もりの

一緒にやってみませんか?

【Excel・エクセル】掛け算できるPRODUCT関数

掛け算は記号の「*(アスタリスク)」を使います。5×3なら「=5*3」といった具合ですね。

数値をセルで指定することもできます。

=セル*セル、と、セルをクリックしていきます。

*を使ったかけ算のやり方
*を使ったかけ算のやり方

ただこれだと、一気に複数セルをかけ算したいとき面倒ですよね。

これをSUM関数みたいに、セル範囲をドラッグするだけで掛け算できたら……

複数のセルを*でつなげた画像
何回*でつなげれば…
やまの

それができるんが、PRODUCT関数なのさぁ!

ちなみに読み方は、「プロダクト関数」です。

【Excel・エクセル】PRODUCT関数の使い方

PRODUCT関数の書き方

=PRODUCT(数値1,数値2……)

PRODUCTこの中の数値を掛け算してね
数値1数値その1(かけ算したい範囲)
数値2数値その2( かけ算したい範囲 )
もりの

数値1だけでも使えるよ!

PRODUCT関数の使用例

この表の価格と個数をPRODUCT関数でかけ算して、セルC3に答えを出してみましょう。

まぁ使い方はSUM関数と同じなので、SUM関数がお分かりの方はすぐ使いこなせそうですね!

PRODUCT関数の練習問題
PRODUCT関数の練習問題
やまの

=PRODUCT(A1:A5)で、求められるよ。説明するね。

ステップ1

セルA7に、「=PRODUCT(」と入力してください。

PRODUCT関数の書き方
PRODUCT関数の始まり始まり~

ステップ2

次に掛け算したい範囲を選びます。今回は、セルB2とB3ですね。

セルB2からB3までをドラッグしてください。

これでPRODUCT関数は完成です!

掛けたいセルをドラッグした画像
掛けたいセルをドラッグ

ステップ3

最後にカッコを閉じて、エンターキーを押せば、無事かけ算できましたね!

PRODUCT関数で掛け算した画像
関数で掛け算できた!

完成!

オートフィルで下まで引っ張ると、他の合計も出てきました!

掛け算をオートフィルした画像
オートフィルですぐに計算
もりの

うは、簡単!

掛けるセルを固定してかけ算するには?

先ほどの合計に消費税を掛けて、税込みにしたいと思います。

消費税のセルを固定してかけ算したい
税込みにするんだった!
もりの

掛けたいセルを固定するときは、どうすればいいの?

やまの

絶対参照にしてあげるといいんよ。

早い話、固定したいセルをクリック(またはドラッグ)して、F4キーを押せばいいのです!

ステップ1

答えを出したいセルに「=PRODUCT(」まで入力します。

「=PRODUCT(」まで入力した画像
まずは普通にPRODUCT♪

ステップ2

掛け算したいセルを選択します。

合計×消費税にしたいので、合計のセルD2をクリックします。

掛け算したいセルをクリックした画像
掛け算したいセルをクリック

ステップ3

離れたセルをかけ算したいときは、セルとセルを「,(カンマ)」でつなげます。

離れたセルをかけ算する画像
離れたセルはカンマでつなげる

ステップ4

消費税のセルG2をクリックします。

掛け算したいセルをクリックした画像
掛け算したいセルをクリック

ステップ5

ここで「F4キー」を押します。

数字とアルファベットの前に$が付きましたね。

これが、固定してますよって意味なんです!

F4キーで絶対参照にした画像
F4キーで絶対参照

完成!

エンターキーで確定して、オートフィルすれば、すべての税込み価格が出ましたね!

セルG2はちゃんと固定されていますね。

セルを固定してかけ算できた画像
セルを固定してかけ算できた

掛け算の積を合計するには

かけ算の答えを合計したいときって、ありますよね。

先ほどの税込み金額の合計を出したい、とか。

掛け算の積を合計したい場面
掛け算の積を合計したいときー

そんな時には、SUMPRODUCT関数を使うといいですよ!

SUMPRODUCT関数の書き方

=SUMPRODUCT(配列1,[配列2],[配列3]……)

SUMPRODUCT配列1と配列2と……をかけ算して、出た答えを合計してね
配列1かけられる数の範囲
配列2かける数の範囲
もりの

この溢れ出る難しそう感!!

やまの

詳しくは、こっちのページを見てね。

掛け算の積を四捨五入・切り捨て・切り上げしたい

例えば先ほどの消費税の掛け算で、答えが小数点以下まで出るのは嫌ですよね。

こんな時は四捨五入や切り捨て、切り上げして整数にしたい!

四捨五入したいかけ算
小数点以下は出したくない!
やまの

そんな時は、ROUND一族の力を借りるのだ。

これで、連続で掛け算するときも簡単にできますね!
それでは、お疲れさまでした!

今回のおさらい
  • 掛け算の記号は「*(アスタリスク)」
  • 掛け算の関数はPRODUCT関数
  • =PRODUCT(掛け算したい範囲)

PRODUCT関数の使い方を動画で見る

数式・関数,Excel計算

Posted by morino