【Excel・エクセル】値の貼り付けで値だけコピー!ショートカットのやり方

もりの

コピペは便利だけど、罫線とか、いらないものまでコピーされちゃうんだよね。

やまの

そんな時は、値の貼り付けをするといいんよ。

今回のポイント
  • 値のみの貼り付けは「Ctrl」+「V」→「Ctrl」→「V」
  • 値と数値の書式の貼り付けは「Ctrl」+「V」→「Ctrl」→「A」
  • 値と元の書式の貼り付けは「Ctrl」+「V」→「Ctrl」→「E」

スポンサーリンク

 値の貼り付けの練習ファイルダウンロード

もりの
 
 

一緒にやってみませんか?

【Excel・エクセル】値の貼り付けとは?

いろいろな値の貼り付け
実は3種類ある「値の貼り付け」

コピーして貼り付けると文字や数値のほかに、書式や数式、罫線や入力規則までコピーされてしまいます。
いらない罫線や塗りつぶしもコピペされると、せっかくのデザインやレイアウトが崩れてしまいますよね。

値の貼り付けでは文字通り、セルに書いてある値(文字や数値)のみを貼り付けできます。

もりの

入力した文字だけコピペできるんだね!

例えば、下図のような数式や塗りつぶしなどモリモリのセルを普通にコピペすると……

数式、太字、塗りつぶし、フォントの色、通貨表示形式がついたセルをコピー
数式、太字、塗りつぶし、フォントの色、通貨表示形式がついたセルをコピー
そっくりそのまま貼り付けされた画像
そっくりそのまま貼り付けされた
もりの

まったく同じように貼り付けされたね。

やまの

次はセルC4をコピーして、値の貼り付けを試してみるね。

値の貼り付けだと、数式が値に変わり、ほかの書式もすべて消えた

数式やら色やら表示形式やら全部無視して、コピーしたセルC4に書いてあった1170だけが貼り付けされました!
これが、値のみ貼り付けの実力なのです。

【Excel・エクセル】値の貼り付けのやり方

値の貼り付けはショートカットキーを使うのがおすすめです!

2通りのやり方があるので、やりやすい方をお使いください。

下のシートのセルC1からC4を、セルC7からC10に値の貼り付けをしていきます。

値の貼り付けの練習問題
値の貼り付けの練習問題

すべて共通ですが、まず貼り付けるには、コピーをしないとですよね。
コピーはいつも通りの「Ctrlキー」+「Cキー」でOKです。

値のみ貼り付けのやり方(ショートカット)

貼り付けのオプションのショートカットを使う方法

やまの

1つ目のショートカットキーは、「Ctrl」+「V」→「Ctrl」→「V」だよ。

ステップ1

コピーしたら貼り付けたい場所で、いつも通り貼り付け(「Ctrlキー」+「Vキー」)します。

いつも通り貼り付けした画像
「Ctrlキー」+「Vキー」で貼り付け

ステップ2

続けてショートカットキー「Ctrlキー」→「Vキー」を押してください。

やまの

同時押しじゃなくて、順番に押してね。

完成!

はい、これで値のみ貼り付けができました!
計算式がただの数値に変わって、ほかの装飾もすべてなくなりましたね。

値のみ貼り付けできた画像
値の貼り付けだと、数式が値に変わり、ほかの書式もすべて消えた
貼り付けのオプションのショートカット
貼り付けのオプションが「Ctrl」
値の貼り付けのショートカット
値が「V」

形式を選択して貼り付けのショートカットキーを使う方法

やまの

2つ目のショートカットは、「Ctrl」+「Alt」+「V」→「V」→「エンターキー」だよ。

ステップ1

コピーしたら貼り付けたい場所で、「Ctrlキー」+「Altキー」+「Vキー」を押します。

もりの

いつもの貼り付けに「Altキー」を加えるんだね。

ステップ2

形式を選択して貼り付けダイアログボックスが出てきたら、ショートカットキー「Vキー」→「エンターキー」の順に押してください。

形式を選択して貼り付けダイアログボックス
形式を選択して貼り付けダイアログボックス

完了!

無事、値のみ貼り付けできましたね!

値のみ貼り付けできた画像
値の貼り付けだと、数式が値に変わり、ほかの書式もすべて消えた
形式を選択して貼り付けのショートカット
値が「V」、OKが「エンターキー」

値と数値の書式の貼り付けのやり方(ショートカット)

もりの

合計金額の「\」っていうのは消したくないんだけど。

やまの

それなら、値と数値の書式を貼り付けてみよう。

値と数値の書式では値だけでなく、数値の書式(表示形式)も一緒に貼り付けできます。
表示形式は、四捨五入や¥(通貨)、%(パーセント)といったものです。

こちらも2通りのやり方があるので、お好きな方で試してみてください。

貼り付けのオプションのショートカットを使う方法

やまの

1つ目のショートカットキーは「Ctrl」+「V」→「Ctrl」→「A」だよ。

ステップ1

コピーしたら貼り付けたい場所で、いつも通り貼り付け(「Ctrlキー」+「Vキー」)します。

いつも通り貼り付けする画像
「Ctrlキー」+「Vキー」で貼り付け

ステップ2

続けて「Ctrlキー」→「Aキー」を押してください。

はい、これで値と数値の書式を貼り付けができました!
計算式が数値になってほかの装飾もなくなりましたが、通貨表示形式(¥)は残りましたね。

値と数値の書式を貼り付けた画像
値と数値の書式では、数式などは消えたが、\は残った

形式を選択して貼り付けのショートカットキーを使う方法

やまの

2つ目のショートカットキーは「Ctrl」+「Alt」+「V」→「U」→「エンターキー」だよ。

ステップ1

コピーしたら貼り付けたい場所で、「Ctrlキー」+「Altキー」+「Vキー」を押します。

いつも通り貼り付けする画像
「Ctrlキー」+「Vキー」で貼り付け

ステップ2

形式を選択して貼り付けダイアログボックスが出たら、「Uキー」→「エンターキー」の順に押してください。

完了!

この方法でも、値と数値の書式を貼り付けができました!

値と数値の書式を貼り付けた画像
値と数値の書式では、数式などは消えたが、\は残った

値と元の書式の貼り付けのやり方(ショートカット)

もりの

数式は値にしたいけど、やっぱり色とか太字も残しておきたいなぁ。

やまの

それなら、値と元の書式を貼り付けてみよう。

値と元の書式では、数式・関数は値にしますが、そのほかは全部コピーしてくれます。

こちらも2通りあるので、やりやすい方でお試しくださいね。

貼り付けのオプションのショートカットを使う方法

やまの

1つ目のショートカットキーは「Ctrl」+「V」→「Ctrl」→「E」だよ。

ステップ1

コピーしたら貼り付けたい場所で、いつも通り貼り付け(「Ctrlキー」+「Vキー」)します。

いつも通り貼り付け
「Ctrlキー」+「Vキー」で貼り付け

ステップ2

続けて「Ctrlキー」→「Eキー」を押してください。

完了!

はい、これで値と元の書式を貼り付けができました!
計算式はただの数値に変りましたが、そのほかの装飾なんかは全部貼り付けされましたね。

値と元の書式を貼り付けをした画像
計算式は値になったが、そのほかは全部コピーされた

形式を選択して貼り付けのショートカットキーを使う方法

やまの

2つ目のショートカットキーは「Ctrl」+「Alt」+「V」→「U」→「エンターキー」→「Ctrl」+「Alt」+「V」→「T」→「エンターキー」だよ。

もりの

長ぇ……

値と元の書式の場合、形式を選択して貼り付けだとちょっと面倒です……

ステップ1

コピーしたら貼り付けたい場所で、「Ctrlキー」+「Altキー」+「Vキー」を押します。

ステップ2

形式を選択して貼り付けダイアログボックスが出たら、「Vキー」→「エンターキー」の順に押してください。

はい、これで値と数値の書式を貼り付けが……

ただの値の貼り付けになってしまった
ただの値の貼り付けになってしまった
もりの

これ、ただの値のみ貼り付けだよね?

やまの

もう一つ手順があるんよ。

ステップ3

ではもう一度「Ctrlキー」+「Altキー」+「Vキー」で形式を選択して貼り付けダイアログボックスを呼び出し、今度は「Tキー」→「エンターキー」と押してください。

完了!

はい、これで値と元の書式を貼り付けができました!

値と元の書式を貼り付けをした画像
計算式は値になったが、そのほかは全部コピーされた

形式を選択して貼り付けダイアログボックスでは「値と元の書式」の貼り付けはできません。
なので、最初に「値のみ貼り付け」をして、次に「書式のみ貼り付け」をしたのです。

クイックアクセスツールバーに値の貼り付けを追加する

クイックアクセスツールバーに追加したコマンドも、ショートカットキー(アクセスキー)が使えます。

ステップ1

まず「クイックアクセスツールバーのユーザー設定(Vのようなマーク)」をクリックします。

クイックアクセスツールバーのユーザー設定の場所
クイックアクセスツールバーのユーザー設定

ステップ2

出てきたメニューから「その他のコマンド」をクリックしてください。

その他のコマンドの場所
その他のコマンド

ステップ3

「コマンドの選択」から「すべてのコマンド」を選んで、下の方にある「値の貼り付け」→「追加」→「OK」とクリックしていきます。

値の貼り付けを追加する手順
値の貼り付けを探すのがちょっと大変

完了!

値の貼り付けが、クイックアクセスツールバーに追加されました!

クイックアクセスツールバーに値の貼り付けが追加された画像
値の貼り付けが仲間に加わった!

ショートカットキーで使うには「Alt + 該当する数字キー」です。

数字はクイックアクセスツールバーの並び順ですね。

Altキーを押したときのクイックアクセスツールバー
コマンドに数字が割り振られた

【Excel・エクセル】値の貼り付けはどんな時に使える?

3種類の「値の貼り付け」とそのショートカットキーをご紹介しましたが、「じゃあいつ使うの?」という疑問を持つ方もいらっしゃるかもしれません。

やまの

こんな時には、値の貼り付けを使ってね!

数式・関数はコピーしたくないとき

セルを参照している数式では、参照しているセルの値が変わると答えも変わっちゃいます。

例えば先月の売上データは残しておきたいけど、今月の売上データを計算しないといけないとき。
先月のデータを普通のコピペすると参照セルが同じなので、今月のデータに上書きされちゃいます。

セル参照された数式が書かれたセル
セル参照された数式を
いつものコピペ
いつものコピペで済ませちゃうと
セルの値を変更する画像
6月分はコピーしたし、7月の東京の商品Aは30っと……
6月と7月両方変わった画像
やや、コピーした6月分も変わってしまった!

これを防ぐために「値で貼り付け」をして、参照元セルの値が変わってもコピーしたセルの答えは変わらないようにしてあげてください。

重いエクセルファイルを軽くしたいとき

関数をたくさん使っているエクセルファイルって、なんだか重くないですか?
特にセル参照を使ってると、エンターキーを押すだけでカーソルがクルクル……

もりの

反応が遅い……これじゃ仕事になんないよ!

実は数式が入っていると、エクセルさんは何か操作するたびに計算をし直します。

計算式の入ったセルが何千個もあると一つずつ計算し直していくので、結果として重くなってしまうんです。

そこで数式を残す必要のないセルは、「値の貼り付け」をしてしまいましょう。
エクセルさんがいちいち計算しなくて済むので、データが軽くなりますよ!

貼り付け先の罫線や装飾を崩したくないとき

もりのもよくやってしまうのが、罫線を引いた表に普通に貼り付けしてしまい、罫線が消えてしまうヤツです。

装飾されたセルにそのまま貼り付けると
装飾されたセルにそのまま貼り付けると
塗りつぶしや罫線が消えてしまった
塗りつぶしや罫線が消えてしまった

罫線や塗りつぶしなど、貼り付け先の書式を残したいときにも、「値の貼り付け」を使います。

値の貼り付けをした画像
値の貼り付けなら、貼り付け先のレイアウトを残せる

コピーするときに値の貼り付けを知っていれば、効率アップ間違いなしですね!
それでは、お疲れさまでした!

今回のおさらい
  • 値のみの貼り付けは「Ctrl」+「V」→「Ctrl」→「V」
  • 値と数値の書式の貼り付けは「Ctrl」+「V」→「Ctrl」→「A」
  • 値と元の書式の貼り付けは「Ctrl」+「V」→「Ctrl」→「E」