【Excel・エクセル】起動方法、パソコンで開いてみよう!

2021/1/9

もりの

よーし、エクセルを始めるぞ!よ、よーし……

やまの

起動の仕方が分からんの?

今回のポイント

  • Windowsボタン→Eの中にあるExcelをクリック
  • 「ここに入力して検索」からエクセルと検索
  • デスクトップなどに移動すれば、それをダブルクリック

スポンサーリンク

【Excel・エクセル】開き方・起動の仕方

Excelを起動するには、いくつか方法があります。
ご自身のやりやすい方法で起動してみてください。

Excelをアプリ一覧から探す

ステップ1

画面左下を見てください。四角が四つ並んだ、窓のようなマークがありますね。
Windowsボタンといいますが、これをクリックしてください。

画面右下のWindowsマークをクリック

パソコンに入っているアプリケーションの一覧が出てきました。

左側に「A」「B」「C」とアルファベットが並んでいて、AにはAから始まるアプリ、BにはBから始まるアプリが入っています。

アプリケーションの一覧
もりの

アプリの名前で整理整頓されてるんだね!

ステップ2

やまの

エクセルは「Excel」だから、「E」のところを探すんよ。

右側のスライダーを下にドラッグして、「E」のところまで移動してみてください。

「E」の中に、エクセルがありましたね!

これをクリックしてください。

これで、エクセルが開きます。

Eのエクセルを発見
やまの

「E」へは、下にスクロールしてもいいけど、一気に「E」のところに行く方法もあるんよ。

ステップ1

アルファベット部分をどこでもいいのでクリックしてみてください。

どれでもいいのでアルファベットをクリック

ステップ2

ABC、と続くアルファベットと、あかさたなと続く、ひらがなが出てきました。
これはアプリの頭文字からアプリを探す機能です。

エクセルはアルファベットでEXCELなので、「E」をクリックしてください。

Eから始まるアプリの場所まで移動できるので、そのまま「Excel」をクリックすればOKです。

アプリケーションの頭文字から探せる

エクセルを名前を検索して探す

やまの

違う方法もあるんよ。

先ほどのWindowsボタンの一つ右に、虫眼鏡のマークと、「ここに入力して検索」と書かれた検索ボックスがありますよね?

検索ボックス
検索ボックスがない場合

もりの

僕の画面にはないよ?

もし検索ボックスがない場合、タスクバーで右クリックして、「検索」→「検索ボックスを表示」をクリックしてください。

検索ボックスがない場合

この検索ボックスにアプリの名前を直接入力しても、アプリが探せます。

検索ボックスの中をクリックして、「エクセル」と入力してみましょう。

最も一致する検索結果に「Excel」が出てくるので、クリックすればエクセルが開きます。

検索ボックスにエクセルと入力

エクセルが見当たらなかったら?

もし探してもエクセルがない場合、パソコンにエクセルがインストールされていないかもしれません。

その場合、新しくエクセルを購入する必要があります。

もりの

Excelって買うやつなんだ。

やまの

まぁ、プリインストールされてることも多いけどね。

無料で使えるエクセルもありますよ!
詳しくは、下記ページをご覧ください。

【Excel・エクセル】デスクトップに貼り付ける方法

もりの

でも、毎回こうやって探さないといけないの?

やまの

エクセルをデスクトップに置いておけば楽々だよ。

ステップ1

先ほどご紹介した、「エクセルを名前から探す」の方法で、エクセルを見つけてください。
あ、まだクリックはしないでくださいね。

見つけたら、そのエクセルをデスクトップへドラッグアンドドロップしてください。

Wordをデスクトップにドラッグ&ドロップ
やまの

クリックしたままデスクトップに移動させて、クリックを離してね。

ステップ2

デスクトップにエクセルをコピーできました!

エクセルを始めたいときは、デスクトップに作ったWordのアイコンをダブルクリックしてください。

ダブルクリックですぐに始められる

これで、エクセルが簡単に起動できるようになりましたね。
それでは、お疲れさまでした!

今回のおさらい

  • Windowsボタン→Eの中にあるExcelをクリック
  • 「ここに入力して検索」からエクセルと検索
  • デスクトップなどに移動すれば、それをダブルクリック

初心者でもできる!エクセルの始め方