【Excel・エクセル】AND(アンド)関数の使い方!IF(イフ)関数にも使える

2020/10/5

もりの

二つの点数がどっちも70点以上のときに、合格にしたいんだ。

やまの

それなら、AND関数の出番だね。

今回のポイント

  • ~かつ~という指定をしたいときは、AND関数
  • 主にIF関数などと併用して使うことが多い

AND関数の使い方の練習ファイルダウンロード

もりの

一緒にやってみませんか?

【Excel・エクセル】AなおかつB、を指定する、AND関数

「Aで、なおかつBのもの」のように、複数の条件を同時に満たす、という指定ができるのがAND関数です。

たとえば、「国語の点数が70点以上で、なおかつ、英語の点数も70点以上」なんて条件に合うセルを探したい!ってとき使えます。

30歳以上でO型の女性、のように、条件が複数あっても大丈夫です。

【Excel・エクセル】AND関数の使い方

関数の書き方

=AND(理論式1,理論式2,理論式3……)

やまの

理論式は255個まで指定できるんよ。

ANDこの条件を全部満たしてる?
理論式条件

条件をすべて満たしている場合、「TURE」、一つでも違っていれば「FALSE」になります。

AND関数の使用例
AND関数の使用例
もりの

TRUEとかFALSEだと分かりにくいなぁ。「合格」「不合格」では出せないの?

やまの

AND関数とIF関数を、組み合わせて使えばいいんよ。

それぞれの点数が書かれた表があります。

もし国語の点数が70点以上で、なおかつ、英語の点数も70点以上なら「合格」それ以外は「不合格」と、セルD2に出したいと思います。

D列に国語も英語も70点以上なら合格と表示したい
D列に国語も英語も70点以上なら合格と表示したい

AND関数とIF関数を使って、もりのが合格か不合格かを求めてみましょう。

やまの

=IF(AND(B2>=70,C2>=70),"合格","不合格")
で、求められるよ。

もりの

IF関数は「=もし(この式が,合っていればこれ,違ったらこれを表示してね)」だったよね。

IF関数について詳しくは、下記ページをご参照ください。

ステップ1

関数の組み立て方は、IF関数の中にAND関数を入れるようにします。
D2のセルに、「=IF(」と入力してください。

もりの

半角英数入力モードにしてから、入力するんだよね。

ステップ2

IF関数の最初の引数は、「もしこの式が」という、条件を指定するものでした。
今回の条件は、「もし国語が70点以上で、なおかつ英語が70点以上だったら」、ですね。

もりの

引数は関数の括弧の中に入れる式だよね。

「なおかつ」、つまりここで、AND関数の出番です!

AND(」と入力してください。

ステップ3

AND関数に一つ目の条件を書いていきます。

一つ目の条件は「国語の点数が70点以上」でした。
国語の点数が書いてあるのはC列、もりのの国語の点数はC2に書いてあるので、C2が70以上だったらという式を書いていきます。

以上、以下はどう書く?

AがBより大きいときは「A>B」、AよりBが大きいときは「A<B」と書きますよね。
では、AがB以上のときは、どう書くでしょうか?

以上の時は「>=」、以下の時は「<=」と書きます。

今回だと、「C2>=70,」ですね。

やまの

もう一つの条件とつなげるから、カンマ(,)を入れるのを忘れないでね。

ステップ4

もう一つの条件、英語の点数も見てみましょう。

英語の点数が書いてあるのはD列、もりのの英語の点数はD2に書いてあるので、D2が70以上だったらという式を書いていきます。

式は「D2>=70),」ですね。

もりの

IF関数は続くけど、AND関数はこれで終わるからカッコ「)」で閉じるんだね。

これで、条件部分は完成しました!

やまの

IF関数の次の引数に続くから、カンマ(,)を入れるのを忘れないでね。

ステップ5

IF関数の次の引数は、「合っていればこれ、違ったらこれを表示してね」でした。

国語の点数が70点以上かつ英語の点数が70点以上が合っていれば「合格」、違ったら「不合格」と表示させます。

やまの

文字を引数に使う場合は、必ずダブルクォーテーション(”)で囲んでね。

もりの

つまり、”合格”,”不合格”だね!

式に「“合格","不合格")」と続けてください。

完成!

というわけで、「=IF(AND(B2>=70,C2>=70),"合格","不合格") 」という関数ができました。

どちらかが70点未満なら不合格になっていますね。

それぞれ70点以上の人のみ合格になった
それぞれ70点以上の人のみ合格になった

Aで、なおかつB、という条件は、AND関数で解決ですね!
それでは、お疲れさまでした!

今回のおさらい

  • ~かつ~という指定をしたいときは、AND関数
  • 主にIF関数などと併用して使うことが多い