【Word・ワード】図形を挿入!中に文字を入れる方法も

2020/7/29

もりの

吹き出しとか矢印とか入れられないかな?

そらの

図形を使えば簡単にできますよ。

今回のポイント

  • 図形は挿入タブ→図の「図形」
  • 色やスタイルを変えるには、画像をクリック→「描画ツール 書式」の図形のスタイルから
  • 図形の削除はクリックしてデリートキー

【Word・ワード】図形とは

図形のイメージ

図形とは、太陽や矢印、星といった簡単な図を簡単に挿入できる機能です。
画像と違って簡単な線で書かれたもので、組み合わせることで簡単な地図なんかも書けちゃいます

図形の例
図形の例

ちなみにオートシェイプという人もいますが、つまりはこの図形のことです。

もりの

おー、使い勝手はよさそう。

そらの

さっそく、使い方を見てみましょう。

【Word・ワード】図形の挿入方法

積み木の画像

ワードで図形は、たったの3ステップで挿入できます。

ステップ1

「挿入タブ」→図のところにある「図形」をクリックしてみてください。

図形の場所
図形の場所

すると、図形のメニューが表示されました。

図形のメニュー
図形のメニュー

ステップ2

入れたい図形をクリックしてください。
今回は基本図形のスマイルを選んでみます。ニコニコした人の顔の図形です。

スマイルの場所
スマイルの場所

ステップ3

マウスポインタの形が、大きなプラス(+)のマークに変わりました。

ポインタの形が変わった
ポインタの形が変わった

このままドラッグすれば、ドラッグした大きさの図形が挿入されます。

ドラッグして挿入
ドラッグした大きさになる

完成!

無事、図形が挿入できました!

図形が挿入できた
図形が挿入できた
もりの

顔が真っ青でヤバめだよぉ。

そらの

色を変更してみましょう。

【Word・ワード】図形を編集する

積み木を編集する画像

色や枠線を変更したり、立体的にしたり影を付けたりといった、いろいろな効果を付けられます

図形の修正1.図形の塗りつぶし

たったの2ステップで、スマイルの顔色をよくしてあげましょう。

ステップ1

まずは色を変えたい図形をクリックします。
すると、タブの一番右に「描画ツール 書式」タブが現れました!

「描画ツール 書式タブ」→図形のスタイルのところにある「図形の塗りつぶし」をクリックしてください。

図形の塗りつぶしの場所
図形の塗りつぶしの場所

ステップ2

どの色にするか選ぶメニューが出ますので、お好きな色をクリックしてみてください。今回はオレンジを選んでみます。

色の選択画面
色の選択

完成!

図形が選んだ色で塗りつぶされ、色が変わりました!顔色がよくなりましたね。

図形を塗りつぶしできた
元気を取り戻した!
もりの

ほっ……

図形の色のひみつ

多くの人は、図形を挿入すると青色で塗りつぶされているかと思います。
しかし中には、青以外の色で塗りつぶされている方もいるかもしれません。

実は挿入した図形の色は、文書の「テーマ」、正確には「テーマの配色」によって変わるのです。

ためしに図形を挿入して、「デザインタブ」→「テーマ」から、何でもいいので別のテーマに変更してみてください。

テーマはここから変更できる

すると、テーマに合わせて図形の塗りつぶしの色が変わりますよね?
図形の色が青なのは、ワードを起動したときに設定されているテーマ「Office」の配色が青だからだったんです。

ちなみにテーマを変えなくても、配色を変えるだけで図形の塗りつぶしの色は変わります。
良ければ、いろいろ試してみてください。

配色を変える場合は、こちらからどうぞ

図形の修正2.図形の枠線を消す

図形を縁取っている枠線の色を変えたり、消したりもできます。
スマイルの周りには枠線が引いてありますね。これを2ステップで消してみましょう。

ステップ1

枠線を消したい図形をクリックして、「描画ツール 書式タブ」→図形のスタイルのところにある「図形の枠線」をクリックしてください。

図形の枠線の場所
図形の枠線の場所

ステップ2

色を選ぶメニューが表示されました。

ここで色をクリックすると枠線の色を変えられますが、今回は枠線自体を消したいので、ここでは「枠線なし」をクリックしてください。

枠線なしの場所
枠線なしの場所

完成!

無事、枠線が消えました!

枠線が消えた
枠線が消えて、おすまし顔に

図形の修正3.図形に影などの効果を付ける

図形には色や枠線のほかに、特殊な効果を付けられます。付けられる効果は以下の6つです。

  • 反射
  • 光彩
  • ぼかし
  • 面取り
  • 3-D 回転

では、3ステップで図形に影を付けて、リアルっぽくしてみたいと思います。

ステップ1

効果を付けたい図形をクリックして、「描画ツール 書式タブ」→図形のスタイルのところにある「図形の効果」をクリックしてください。

図形の効果の場所
図形の効果の場所

図形の効果のメニューが表示されました。

図形の効果のメニュー
図形の効果のメニュー
もりの

いろいろできそうな予感。

ステップ2

今回は影を付けたいので、「影」をクリックしてください。ポインタを当てるだけでも大丈夫です。

影をクリック
影をクリック

ステップ3

すると、どんな影を付けたいか聞かれますので、お好きなものをクリックして選んでください。

今回は「外側」の一番上の真ん中にある「オフセット:下」を選んでみます。

影の種類一覧
影の種類を選べる

完成!

スマイルに影がついて、よりリアルな感じになりました!

図形に影が付いた画像
図形に影が付き、浮き出た感じ

そのほかの効果も、色々試してみると面白いですよ!

図形の修正4.そのほかの図形の効果

そらの

選ぶ種類によって変わりますが、他の効果はこんな感じになります。

反射
光彩
ぼかし
面取り
3-D回転
もりの

組み合わせでいろいろできるね!

たとえば影・面取り・3-D回転を組み合わせると、立体感を演出できます。

影・面取り・3-D回転の合わせ技
影・面取り・3-D回転の合わせ技

【Word・ワード】図形の中に文字を入れるには

吹き出しのイメージ

図形をテキストボックスのようにして、中に文字を入力できます。
吹き出しの図形を使って、4ステップでスマイルがしゃべってる風の図形を作ってみましょう。

もりの

テキストボックス……?

そらの

テキストボックスについては、こちらをどうぞ。

ステップ1

「挿入タブ」→図のところにある「図形」をクリックしてみてください。

図形の場所
図形の場所

ステップ2

下の方にある「吹き出し」から、好きな吹き出しをクリックして選んでください。
今回は「吹き出し:円形」を選んでみます。

吹き出しを選ぶ
吹き出しを選ぶ

ステップ3

挿入方法は同じなので、ドラッグして適当な大きさで挿入してください。

吹き出しを挿入
吹き出しを挿入

ステップ4

吹き出しの中をクリックすれば、文字が入力できます。

クリックで文字入力モードに

完成!

文字を入力すれば、完成です。

文字が入力できた
もりの

ポルターガイスト?

そらの

古典的なギャグかと……

吹き出し以外の図形の中に文字を入れる

ちなみに、吹き出しとテキストボックス以外の図形では、クリックしても文字を入れられません

文字が入れられない図形
いかにも入れられそうなのに
もりの

えー、丸とかの図形の中には文字は入れられないの?

そらの

1ステップで文字を入れる方法があるので、ご安心を。

ステップ1

図形を「右クリック」→「テキストの追加」をクリックします。

テキストの追加をクリック
テキストの追加をクリック

完成!

これで、吹き出しと同じように、文字を入れられるようになりました!

文字が入力できるようになった画像
文字が入力できるようになった

図形の中の文字を編集する

すでに書いた文字を再び編集したいときは、文字の部分をクリックすればOKです。
文字を入力したときと同じように、文字の編集ができるようになります。

【Word・ワード】スタイルのテンプレートを使う

テンプレートのイメージ

吹き出しの色が青いのはちょっと微妙な感じなので、こちらも色を変えてみたいと思います。
先ほどのように塗りつぶしや罫線から変更してもいいですが、今回は2ステップで手っ取り早くスタイルを変更してみましょう。

ステップ1

スタイルを変えたい図形をクリックして、「描画ツール 書式タブ」→図形のスタイルの「その他」をクリックします。
アルファベットのVのようなマークですね。

その他の場所
その他の場所

ステップ2

スタイルの一覧が表示されるので、好きなスタイルをクリックして選択してください。
今回は、一番左上の「枠線のみ-黒、濃色1」を選んでみます。

スタイル一覧
好きなスタイルを選ぶ

完成!

サクッとスタイルを変えられ、より吹き出しっぽくなりましたね!

図形のスタイルが変わった
図形のスタイルが変わった

【Word・ワード】図形を削除するには

もりの

いらない図形は消せないの?

そらの

デリートキーで簡単に消せますよ。

消したい図形をクリックして、デリートキーを押してください。
これで図形が削除できます。

吹き出しや文字を入れた図形は、文字の部分ではなく、外側をクリックする必要があります
具体的に言うと、マウスポインタの形が「I」ではなく「+」の時にクリックしてください。

この状態では文字が消えるだけ
この状態では文字が消えるだけ
この状態で図形を消せる
この状態で図形を消せる

図形はいろんな使い方ができるので、ぜひいろいろと試してみてください!
それでは、お疲れさまでした!

今回のおさらい

  • 図形は挿入タブ→図の「図形」
  • 色やスタイルを変えるには、画像をクリック→「描画ツール 書式」の図形のスタイルから
  • 図形の削除はクリックしてデリートキー