【Excel・エクセル】プルダウン(ドロップダウン)メニューを作成して、リストから選ぶ方法

2020/11/9

もりの

アンケートを作って、リストの中から選べるようにしたいんだ。

やまの

それなら、プルダウンメニューを作っちゃおう。

今回のポイント

  • プルダウンメニューとドロップダウンリストは同じ
  • プルダウンメニューの設定は、データタブ→データツールの「データの入力規則」→データの入力規則
  • 入力値の種類を「リスト」にする
  • 元の値に項目を手入力、またはセル範囲を指定する

 プルダウンメニューの練習ファイルダウンロード

もりの
 
 

一緒にやってみませんか?

【Excel・エクセル】プルダウンメニュー(ドロップダウンリスト)とは?

プルダウンメニューとは、下図のようにリストを表示させ、その中から選んでもらうメニューのことです。

ドロップダウンリストなんて言われたりもしますね。

プルダウンメニューの例
プルダウンメニューの例

プルダウンメニューを使えば、選ぶ側はなんて入力してらいいの?というストレスがなくなりますし、集計する側も答えがバラバラで集計できない!というストレスがなくなり、みんなハッピー(笑)

そんなプルダウンメニューの作り方を見ていきましょう!

【Excel・エクセル】プルダウンメニュー(ドロップダウンリスト)の作成方法

ここにに、アンケートなどでよく聞かれる年齢、性別、職業の項目のひょうがあります。

プルダウンメニューを入れたい表
プルダウンメニューを入れたい表

項目を直接入力する方法

セルB2の性別を「男性、女性、回答しない」の3つの中から選べるように、プルダウンメニューを設定したいと思います。

ステップ1

まず、設定したいセルをクリックして「データタブ」→データツールのところにある「データの入力規則」をクリックしてください。

データの入力規則の場所
データの入力規則の場所

ステップ2

すると、メニューが表示されるので、「データの入力規則」をクリックしてください。

データの入力規則
データの入力規則

ステップ3

「データの入力規則ダイアログボックス」が出てきました。

入力の種類の「すべて」と書かれているボックスをクリックして、「リスト」を選んでください。

データの入力規則ダイアログボックス
データの入力規則ダイアログボックス

ステップ4

リストの画面に切り替わりました。

元の値と書かれたボックスをクリックしてください。ここに、プルダウンメニューに表示される項目を入力していきます。

データの入力規則ダイアログボックスのリストの画面
元の値のところに項目を書いていく

今回は「男性、女性、回答しない」の三択にしたいので、「男性,女性,回答しない」と入力してみてください。

やまの

項目と項目は「,(カンマ)」で区切るんよ。

ステップ5

これでプルダウンメニューの設定は完了です!

「OK」をクリックしてください。

入力できたらOKをクリック
入力できたらOKをクリック

完成!

設定したセルB2をクリックすると、下向きの三角マークが出るようになりました。

プルダウンメニューの合図
プルダウンメニューの合図

下向きの三角マークをクリックするとプルダウンメニューが表示され、設定した項目が選べるようになりました!

設定した項目が出てきた
設定した項目が出てきた
やまの

ちなみに、設定した項目以外の言葉を入力しても、エラーが出て入力できないよ。

エラーが出た画面
リストの文字以外はエラーになる
もりの

これなら、予期しない答えがないから安心だ。

項目をセル範囲から指定する方法

セルB3の職業を「会社員、自営業、公務員、専業主婦、学生、無職」の6つの中から選べるように、プルダウンメニューを設定したいと思います。

ステップ1

まず、設定したいセルをクリックして「データタブ」→データツールのところにある「データの入力規則」をクリックしてください。

データの入力規則の場所
データの入力規則の場所

ステップ2

すると、メニューが表示されるので、「データの入力規則」をクリックしてください。

データの入力規則
データの入力規則

ステップ3

「データの入力規則ダイアログボックス」が出てきました。

入力の種類の「すべて」と書かれているボックスをクリックして、「リスト」を選んでください。

データの入力規則ダイアログボックス
データの入力規則ダイアログボックス

ステップ4

リストの画面に切り替わりました。

元の値と書かれたボックスをクリックしてください。

データの入力規則ダイアログボックスのリストの画面
元の値をクリック
もりの

ここに6つの項目を書いていくんだよね?

やまの

6つも書いていくのは正直しんどいから、別の方法を紹介するね。

この元の値ですが、実はセル範囲からも指定できます。
あらかじめ項目名をセルに書いておけば、あとはそのセルを参照してあげればいいんです!

ちょうどF列に職業リストがありますので、このセル範囲を指定してみましょう。

項目をあらかじめセルに書いておいた画像
職業リストがあった

ステップ5

セルF2からF7までをドラッグしてみてください。すると、元の値のボックスに「$F$2:$F$7」と自動で入りました。

確認できたら、OKをクリックします。

該当のセルをドラッグした画像
該当のセルをドラッグしてOK
もりの

この「$」はなに?

やまの

絶対参照だよ。プルダウンメニューのリストを作るときは、基本的にこのままで大丈夫。

完成!

設定したセルB3をクリックすると、下向きの三角マークが出るようになりました。

プルダウンメニューの合図
プルダウンメニューの合図

下向きの三角マークをクリックするとプルダウンメニューが表示され、設定した項目が選べるようになりました!

設定した項目が出てきた
設定した項目が出てきた
やまの

ちなみにこれも、設定した項目以外の言葉を入力しても、エラーが出て入力できないよ。

入力規則ができないときは

残念ながら入力規則は、共有されたブックではできません
ブックのタイトルに[共有]と書かれていないか、確認してみてください。

タイトルに[共有]と書かれた画像
タイトルに[共有]と書かれていないか確認

[共有]と書かれていた場合、ブックの共有を解除しないと入力規則はできません。

もりの

ブックの共有を解除したいです!

やまの

詳しくは、下記で紹介するね。

【Excel・エクセル】プルダウンメニューの項目を追加する

もりの

あ、職業にアルバイトを入れるのを忘れてた!

もちろん一度設定したプルダウンメニューの項目は、追加で増やせます。
追加方法は、手入力したときとセル範囲選択したときで、ちょっと違います。

項目を直接入力した場合の項目の追加

ステップ1

プルダウンメニューを設定したセルをクリックして、「データタブ」→データツールのところにある「データの入力規則」をクリックしてください。

データの入力規則の場所
データの入力規則の場所

ステップ2

設定したリストが表示されるので、「,(カンマ)新しい項目」と続けて入力すればOKです。

項目を追加した画像
新規の時のように項目を増やせる

項目をセル範囲から指定した場合の項目の追加

ステップ1

セル範囲で指定した場合は、まずセルに追加したい項目を入力します。

セルE8に、アルバイトと入力してください。

新しい項目をセルに追加
新しい項目をセルに追加

ステップ2

入力したら、プルダウンメニューを設定したいセルをクリックして「データタブ」→データツールのところにある「データの入力規則」をクリックしてください。

今回だとセルB3ですね。

データの入力規則の場所
データの入力規則の場所

ステップ3

設定したリストが表示されるので、先ほど追加したセルE8も範囲に加えてあげましょう

「=$E$2:$E$7」になっている範囲の7を8に変更して、「OK」をクリックしてください。

セル範囲を変更する
範囲を広げてOK
やまの

セルE2からE8を、あたらめてドラッグして選んでもOKだよ。

完成!

ちゃんとアルバイトが追加されていますね。

アルバイトが追加された
アルバイトが追加された

【Excel・エクセル】プルダウンメニューの解除方法

もりの

やっぱりプルダウンメニューを消したいときはどうするの?

もちろん、設定したプルダウンメニューは解除だってできます。

ステップ1

プルダウンメニューを解除したいセルをクリックして、データの入力規則ダイアログボックスを表示させます。

もりの

データタブ→データツールの「データの入力規則」→データの入力規則だったよね。

データの入力規則の場所
データの入力規則の場所

ステップ2

データの入力規則ダイアログボックスの左下に、「すべてクリア」というボタンがあります。それっぽいですね。

そう、すべてクリアをクリックすれば、設定したプルダウンメニューは解除されます。試しに押してみてください。

すべてクリア
すべてクリア

ステップ3

なんと、何も設定していない状態に元通り!

このまま「OK」を押せば、完全に消されます。

初期状態に戻った
初期状態に戻った

完了!

セルをクリックしても、下向き矢印は出てこなくなりました。

プルダウンメニューが削除された
プルダウンはもういない……

プルダウンで選ぶようにすれば、入力ミスもなくなって便利ですね!
それでは、お疲れさまでした!

今回のおさらい

  • プルダウンメニューとドロップダウンリストは同じ
  • プルダウンメニューの設定は、データタブ→データツールの「データの入力規則」→データの入力規則
  • 入力値の種類を「リスト」にする
  • 元の値に項目を手入力、またはセル範囲を指定する