【Excel・エクセル】行、列、セルを追加したい!増やし方を解説

2021/1/17

もりの

あ、表にひとつ入れ忘れちゃった!この行とこの行の間に入れたいんだけど、どうにかならない?

やまの

行の挿入で増やしてあげよう。

今回のポイント

  • 行・列・セルの追加は、追加したい位置を選んで「Ctrlキー」+「+キー」
  • 書式を右側のセルに合わせる場合、挿入後に出てくるハケのアイコンをクリック

スポンサーリンク

 挿入の練習ファイルダウンロード

もりの
 
 

一緒にやってみませんか?

【Excel・エクセル】行、列、セルは追加できる

ぎっしり書いた表の途中に、行や列を追加したい場合、行や列、セルの挿入をすればOKです。

挿入した場合、列なら左の列、行なら上の行の書式を引き継ぎます。
これも設定で、上下左右どの書式を引き継ぐかを選べるので、思い通りの表が作れますよ!

【Excel・エクセル】行、列、セルの増やし方

下図は、一週間の食事を記録したものです。

間に行を追加したい表
もりの

偏食が過ぎる……

しかし2月18日の次が2月20日となっていて、2月19日がなかったことになっています。

もりの

プチ断食?

行を追加する方法(右クリック編)

いいえ、あの人は2月19日、焼きそばを食べていました!!
では、すでに書いてしまった表の途中に行を追加したい場合、どうすればいいでしょうか?

やまの

行や列、セルは簡単に増やせるんよ。

ステップ1

まずは、新しく追加したい場所の行番号を選択します。
今回は2月18日の次、つまり5行目を選びます。左にある行番号5をクリックすれば、行選択できます。

追加したい位置の行を選択

ステップ2

この状態で「右クリック」→「挿入」を選んでください。

右クリック→挿入

完成!

選択した行に新しく追加されました。これで2月19日の焼きそばが書けますね!

行が追加された

列を追加する方法(リボン編)

列を増やす方法も、行と同じです。

やまの

挿入には別のやり方があるから、それをやってみよう。

D列の位置に「おやつ」という列を追加してみます。

ステップ1

まずは追加したい場所の列番号を選択します。上にある列番号Dをクリックすれば、列が選択できます。

追加したい位置の列を選択

ステップ2

選択で来たら、「ホームタブ」→セルのところにある「挿入」をクリックしてください。

挿入の場所

完成!

すると無事、新しい列が増えました!これでおやつの記録もできますね。

新しい列が追加された

セルを追加する方法(ショートカットキー編)

下図は、先ほど挿入した行と列に情報を追加した表です。
※練習ファイルをダウンロードされた場合、セルの挿入シートへ移動してください。

例題2
もりの

19日、朝から……ワンタンメン?

あ、間違えました。19日の朝食はスムージーです。
朝食を書かずに、昼食から書いてしまいました。こういう時はどうしましょう。

やまの

行や列と同じように、セルも追加できるんよ。

ステップ1

ではまず、追加したい位置のセルをクリックして選択します。
今回は19日の朝食部分を追加したいので、セルB5ですね。

追加したい位置のセルをクリック

ステップ2

今回は、ショートカットキーを使います。
個人的には、ぶっちゃけこれが一番楽でいいと思います^^

挿入のショートカットキーは「Ctrlキー」+「+キー」です。
これ、セルだけでなく、行や列を挿入するときにも使えます。

挿入のショートカットキー

テンキーがない場合は、「Ctrlキー」+「Shiftキー」+「+キー(ひらがなの「れ」)」を押します。

挿入のショートカットキー(テンキーがない場合)

するとセルの場合は、セルの挿入ダイアログボックスが表示されます。

セルの挿入ダイアログボックス
もりの

行や列のときはなかったのに?

ステップ3

セルを挿入したら、選択したセル、つまり今回でいうと「ワンタンメン」が押し出されますね。
その時、ワンタンメンは右に移動するのか、下に移動するのかを選べます

右方向にシフト選んだセル以降の行を一つ右へずらす
下方向にシフト選んだセル以降の列を一つ下へずらす
行全体行の挿入と同じ
列全体列の挿入と同じ

今回は、ワンタンメンは昼食の位置に行ってほしいので、一つ右へずらす「右方向にシフト」にチェックを入れて、「OK」をクリックしてください。

右方向にシフトを選ぶ

完成!

すると、ワンタンメン以降の行がそれぞれ一つずつ右に押し出され、セルB5に新しくセルを増やせました!

もともとのセルを右にどけてセルが増えた!
やまの

ちなみに、行を挿入すると上の行、列を挿入すると左の列の書式が引き継がれるんよ。

スポンサーリンク

【Excel・エクセル】挿入したときの書式を変えるには?

例えば、例題のA列の表示形式は「日付」になっています。
対するB列は「標準」ですね。

A列の表示形式は日付
B列の表示形式は標準

この表のB列に列を追加すると、どうなるでしょうか?
実際に入れてみると……表示形式が「日付」の列が挿入されました。

表示形式が日付の列が挿入された
もりの

左の列の表示形式が、引き継がれたんだね。

でも、ここは日付じゃなくて標準がいいな……と思ったら。

もりの

表示形式を標準に変える!

やまの

でもいいけど、例えばデータの入力規則とか条件付き書式とか使ってたら、結構面倒だよ。

そこで!
挿入したときに、塗装のハケのようなアイコンがいちいち出ているの、気になっていませんでしたか?

ハケのアイコン

これ、挿入オプションというのですが、クリックすると、挿入したセルの書式をどうするか選べるんです。

挿入オプションメニュー

例題の場合、挿入した列の右側が標準だったので、「右側と同じ書式を適応」を選べば、挿入した列の表示形式は標準になります。

書式のクリアは何の書式も選ばれていない状態にします。
状況に合わせて、挿入オプションも活用してみてください。

【Excel・エクセル】行や列が挿入できないときは

もりの

行を挿入しようと思ったら、エラーが出てできないよ!

やまの

あらら、エラーの内容を見てみよう。

空でないセルをワークシートの外に押し出してしまうため、新しいセルを挿入できません。空のように見えるセルであっても、空白の値、書式、または数式が含まれている場合があります。挿入するための領域を確保できるように十分な行または列を削除してから、もう一度やり直してください。

EXCEL
もりの

言ってることがわかりません!!

実は、無限に思えるエクセルさんの行数や列数ですが、行は「1,048,576行」、列は「XFD列(16,384列)」までが限界なんです。
世界の果てならぬ、エクセルの果てですね。

これがエクセルの果てだぁ!

そんでもって、この1,048,576行目のセルに何か値が入っていた場合。
行を挿入すると、1,048,576行目の値は1,048,577行目に押し出されることになります。

が、エクセルさんの行の果ては1,048,576行……これ以上押し出して下の行に移動なんてできません。
これが、「ワークシートの外に押し出してしまう」ってことですね!

もりの

つまり、行なら一番下、列なら一番右になんか書いてあるセルがあるから……

やまの

それを消してね!ってことだね。

最後の行を削除してみましょう。

ステップ1

一番下の行へは、ショートカットキー「Cntlキー」+「下矢印(↓)キー」を押しっぱなしにします。
気付けばそこは1,048,576行目。

ステップ2

1,048,576行目を行選択して、「行削除」をしてから、もう1度行の追加を試してみてください。

何もなくても、空白(スペース)があるかもなので、削除しておく

列が挿入できないとき

ステップ1

ショートカットキー「Cntlキー」+「右矢印(→)キー」を押しっぱなしにします。
あっという間にXFD列。

ステップ2

XFD列を列選択して、「列削除」をしてから、もう1度列の追加を試してみてください。

列も同じく、空白(スペース)のせいかもなので、削除しておく

これで、セルを追加したいときもバッチリですね!
それでは、お疲れさまでした!

今回のおさらい

  • 行・列・セルの追加は、追加したい位置を選んで「Ctrlキー」+「+キー」
  • 書式を右側のセルに合わせる場合、挿入後に出てくるハケのアイコンをクリック